白雪姫の継母に転生しました。【連載版】

天音 神珀 @mihaku_21

36.apple

「全員、用意は整っただろうか」

 ルーヴァスの問いに、六人の妖精たちはそれぞれの表情で首肯を返した。

 七人は皆、各々の武器を手に物々しい雰囲気でリビングに整列している。ルーヴァスは他の六人に対し、

「ではこれより、任務遂行に当たる。各自、互いの行動を念頭に置き、対象を速やかに捕縛、または追討せよ。今回の対象は特に凶暴で知られている。傷を負った場合は、軽傷でも一度退却を心がけろ」

 ルーヴァスの言葉に全員が敬礼のような仕草を返す。

 兵隊みたいだな、と少しだけ思う。
 まぁ服装がそれぞれかなり適当なので、軍人らしくはないのだけれど。

「では、行くぞ」

 ルーヴァスが家を出ていく。それと同時に、他の六人も家を出ていってしまった。

「……。狩人、か」

 なんだかかなり狩人のイメージとかけ離れていた感じがするけれど、彼らはこれから狩りをしに行くのだろう。対象は凶暴だと言っていた。無事に帰ってきてくれるだろうか。

 というか。

「……軽傷でも、一度退却……?」

 その言葉に少し引っかかりを覚えたが、深く考えようとしたところで「おはよ、お姫サマ☆」と声をかけられて集中が途切れた。

「スジェルク」
「昨夜ぶり☆ 元気してた? ボクに逢いたくて逢いたくて泣いたり、」
「ぐっすり寝れた。心配ありがとう」

 にっこり笑いかけると、スジェルクは真顔で少し黙り込んだものの、「またまた照れちゃってー☆」と笑って手を振った。
 どこまでもおめでたい人だ。こういう鬱陶しくて周りがもれなく胃痛になりそうな奴ほど長生きするんだろうなぁ……

 ちょっと遠い目をした私を他所に、彼は例によって例のごとく胡散臭い笑顔を浮かべて、

「さてさて。ではボクたちもこの時間を有効活用しなくちゃネ☆ お勉強を始めましょうカ☆」

 そう言って一冊の本を取り出したのだった。

「白雪姫の継母に転生しました。【連載版】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く