異世界で、英雄譚をはじめましょう。

巫夏希

第三百十九話 アンドロイドは電気羊の夢を見るか


 マザーコンピューター『イヴ』の部屋にある壁がゆっくりと上がっていく。

「これが……『楽園』の末路であり、現在だよ。君たちには特別に見てもらおうと思う。何せ、今君たちは歴史の大見出しに立ち会えているのだからね」

 そして、中から出てきたのは、巨大な試験管のような容器だった。容器には緑色の液体が満たされており――そこに入っているのは、

「人間の身体……」
「そう。正確には、これから人間の身体となるただの肉の器だ。魂の入っていないこの器に、魂さえ入れてしまえば人間のできあがりだ。……もっと言ってしまえば、単調な命令をプログラムしてしまえば機械生命体ロボットの代わりを担うことだって出来る。まあ、コスト面を考えるとどちらが良いのかは分からないがね」
「でも、それって……」
「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」
「……何ですって?」

 ヤルダハオトの突然の発言に、メアリーは聞き返すことしか出来なかった。
 ヤルダハオトはメアリーたちが話を理解していようがしていまいがそんなことは関係なかった。
 もしかしたら、ただ話を聞いて欲しいだけだったのかもしれない。
 良き理解者を――得たかったのかもしれない。

「かつて、SF作家が書いた本のタイトルだよ。人間と、人工知能の違いとは何か? 人が人を作るということ、それは神の所業と同じだ。だから人間は自ずと神の御座に近づこうとしている……或いはそんな警鐘を鳴らしたかったのかもしれないな」
「ちょっと、あなたいったい何を言って……」
「賭けをしようじゃないか、メアリー・ホープキン。そして、この世界の『かりそめの人間』によって作られた人造人間であるロマ・イルファ」

 両手を広げ、顔を上げる。

「その内容を話す前に、登場人物をこの場に集めておかねばならないね。……隠れていないで出ておいで、ガラムド、いや……イヴ」

 そして。
 パチン、とヤルダハオトは指を鳴らした。
 ブウン、と空気が揺れたような音がしたと同時に、ヤルダハオトの目の前に穴が出現した。
 穴。その単語としか形容しようがない、穴がぽっかりとそこに浮かんでいる。
 次元と次元を繋いだ、ホール。
 きっとそれはメアリーたちに説明しても、分からないことだろう。
 ヤルダハオトは躊躇無く、その穴に手を突っ込む。
 そして、暫く物色した後何かを引っ張り出した。
 それは人間の腕だった。腕、脇、首――そして顔が見えると、それが何者であるか漸くメアリーたちにも理解できた。

「ガラムド……様!」

 メアリーは思わず目を丸くしてしまった。

「待て、ヤルダハオト!」

 そしてガラムドを追いかけるように、そこからフルの姿が出てきた。
 その衝撃は、穴からガラムドが出てきたとき以上に、メアリーに届く。
 生きているはずのない、彼の姿を目の当たりにして――彼女は無意識のうちに目から一筋の涙を零していた。

「嘘……。どうして、フルがそこから……」
「話は後だ。メアリー。ところで、こいつがその、ヤルダハオトだね」

 フルはある程度の情報を仕入れているようだ。メアリーはその言葉を聞いてしっかりと頷く。

「まさか、ホールを開けられるとは思わなかったかな? けれど、それくらいは僕にだって出来ることなんだよ。多次元世界の研究を行ったのは君だけじゃない。僕と君の共同研究なのだから」
「や、ヤルダハオト……!」
「嫌だなあ。それは『この世界』の名前だ。確かに僕はそう名乗ったけれど、君と僕の仲じゃないか」

 笑みを浮かべながら、ヤルダハオトは呟く。

「いいえ。あなたは佐久間来喜であって佐久間来喜ではない。もう、欲望に身を窶したヤルダハオトという神を騙った人間よ」

 ガラムドは手を振りほどき、フルとともにメアリーの傍に向かう。
 しかし、ヤルダハオトはその行動すらも予想通りだったのか、表情を崩すことはなく、

「ふん。……まあ、いいさ。君の勝ち気な性格も昔から変わっていないようで何よりだよ。……そうそう、メアリー・ホープキンには話をしていたのだけれど、賭けをしないか。ガラムド。これは僕たち人類と、かりそめの人間の賭けだよ。きっと君はメアリー・ホープキンの側につくのだろうから、僕はたった一人でこの賭けに挑むわけだけれど」
「……賭け、ですって?」

 そうさ。ヤルダハオトは嗤って、

「もし君たちが負けたら、このマザーコンピューターを使って『再生プログラム』を起動する。それと共に君たちかりそめの人間は消失する。イヴ、君なら知っているだろうけれど、」

 ヤルダハオトは上を指差し、

「このマザーコンピューターには気候操作もできる。『破壊』に地球の気候は慣れてしまったようだけれど、君たちかりそめの存在には『破壊前』の気候に耐えきることは出来ないだろう?」
「あなた……それをすることで、文化の断絶が起きる! 継承されない歴史があるというのは、たとえ人間出身とはいえ神のすることではないでしょう!」
「そんなこと、関係ないだろう」

 ガラムドの発言を一言で黙殺させるヤルダハオト。

「僕たちの世界を復活させるかどうか、それを考えるだけで良い。あの老人達はそう言っていたじゃないか。自らの利権のためだけに動いていた。そんな存在を、嫌っていたのはほかでもない君じゃないか」
「……分かったわ。賭けっていったい何をするつもり? まさかコイントスみたいな簡単なものとは言わないわよね」
「そんなことは無い。もっと簡単で、単純で、僕たちの意志が入らないことだ」

 ヤルダハオトは、フル・ヤタクミを見つめる。
 そして、彼に手をかざした。

「フル・ヤタクミ。君は予言の勇者とこの世界で信じられてきた、崇拝されてきた、崇敬されてきた存在だ。或いは醜く、或いは美しいこの世界を見てきたことだろう。人々の生き方は、かくも面白く、かくもつまらない。そうして人は神が作りたもうた箱庭にて生き続ける。……それを前提として、問う」

 一息。
「フル・ヤタクミ。お前はこの世界を、お前が住んでいた世界を救うと望むか? それとも、滅ぶと望むか? それを、お前の深層心理に語りかけようではないか」


 ――そこを最後に、彼の意識は途絶えた。


「異世界で、英雄譚をはじめましょう。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く