異世界で、英雄譚をはじめましょう。

巫夏希

第二百二十七話 偉大なる戦い㉘

「……話が見えてこないのですけれど」

 それはずっと僕が考えていたことだった。キガクレノミコトが言っていることはずっと主観的考えであり、他人に伝えるために噛み砕いて話をしているものではない。なので当然思考はぐちゃぐちゃになってしまう。それこそ、プリンをスプーンでカラメルソースとプディングの層を混ぜたかのような感じだ。
 有益な情報と無益な情報が判別することが出来ない。それは僕が知識を仕入れていないだけ。そう言われてしまえばもう何も言い返すことは出来ないのだけれど、それでも、知識を仕入れる暇も無かった今の状態を鑑みれば、多少は発言を噛み砕いてもらっても問題は無いはずだ。
 けれど、きっとそれは受け入れてくれるようには思えない。
 それはキガクレノミコトが自分と違う存在だから? 人間じゃ無いから?
 それも確かにあるけれど、それ以上に彼女の存在が未だにミステリアスであるということ、そして、僕が未だにキガクレノミコトを信用していないこと――この二点を挙げることが出来る。
 キガクレノミコトは優しい人――この場合は神とでも言えばいいだろうか――だ。だから彼女の発言をそのまま鵜呑みにしてもいいように思えるかもしれない。だが、それでもやはり彼女と出会った期間がそれほど長くないということ、あとはあまり接点が無いのに急に呼び出されたということ――それを考えると、不安が生まれても何ら不思議では無い。

「不安なのは、分かる。だが、少しは我々の気持ちも汲んではくれないだろうか」

 言ったのは、キガクレノミコトでも欠番でも無かった。
 口のあたりをスカーフで覆った少女だった。黒い髪は頭の後ろあたりで束ねており、ポニーテールのようにしている。この場所に居るのが異質なように見えるけれど、彼女はその場に馴染んでいた。
 そうして僕が反応に困っていると、少女もそれを察したのかスカーフを外して僕のほうを見た。

「ごめんね。別に私たちも、あなたに気苦労を押しつけたくてそんなことを言っているわけじゃないんだ。だけれど、こうするしか無いってことはみんな気づいている。そして、きっとこの世界の人たちもそう気づかざるを得なくなる。それまでにリーダーを決めておかないといけない。それが私たちの役目」
「リーダー……?」
「そう。戦争の話はさっきキガクレノミコトがしたから置いといて……、簡単に言ってしまえば、戦争の代表者が必要なの。それは分かるでしょう? だって、戦争だって元を正せばグループワークみたいなものだからね。リーダーが居ないと何も始まらない。そのためにもリーダーを決めておかないといけない」
「つまり……、戦争を始めるに当たってこの国の代表者になれ、と……?」
「別に国単位の代表まで務めなくていいよ。……まあ、でも、この国は数年前に実権を失ったから、確かにそうなってしまうのかもしれないけれど」
「実権を失った?」

 僕の問いに首をかしげる少女。

「あれ? 知っていると思ったけれど、あまり一般人には公表されていない事実だったのかな。だったら、教えてあげましょうか。それでも、時間に限りがあるから簡単に。この世界はもう少ししたら、戦争が起こります。それはあなたも知っていることでしょう。ですが、これからが本題。この世界にはもともとある宗教が流布されていました。その名前は『神殿協会』。創造神は一柱しか居ないのに、彼らも創造神を立てていて、それを信奉している。何というか、罰当たりな連中ですよ。まあ、彼らにも彼らなりの考えがあるのでしょうけれど、そんなことは関係ありません。我々の考えが正しく、彼らの考えが間違っている。それは、この世界の仕組みをよりよく知っているのが私たちだからです」
「ストライガー、話がズレているぞ」
「ああ、そうでした。ごめんなさいね、風間修一さん。どうも、話をしているとこんな風に脇道にそれてしまうのですよ。ああ、私の悪い癖ですね。直したいけど、なかなか直せない。……ええと、何の話でしたっけ?」
「戦争の話だったかと、思いますけれど。あと、神殿協会? という人たちの話だったかと」
「ああ!」

 ストライガーは僕の話を聞いて、ぽんと手を叩いた。

「そうです。そうでした。……ええと、神殿協会はある計画を立てています。それは言ったかもしれませんが、世界をリセットする行為と同じです。そこはなぜか私たちが言っていたことと同じことになるのですよね。そこはどうしてそうなってしまうのか、まだ分からないのですけれど。そこはいつかはっきりさせないといけませんね。もしかしたら、彼らも名前は違うだけで、ほんとうに創造神ムーンリットを信仰しているのかも?」

「異世界で、英雄譚をはじめましょう。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く