一兵士では終わらない異世界ライフ

矢追 参

流離いの風来坊

 ☆☆☆


 宿屋にて朝食を食べるために一階へ全員集合していた。

 俺とルルちゃ――ゲフンゲフン……セルルカが降りた頃には既にベルリガウス達がムシャムシャとパンやら魚やらを齧っていた。

 おっと、ルルちゃ――ゲフンゲフン……セルルカが魚を見て羨ましそうな目をしている。後で俺の奢りでお魚を注文しておこう。

「おはよう」

 俺が声を掛けるとベルリガウス、ベールちゃん、ディーナが俺に目を向けて同じような挨拶を返してくれた。

「おうよぉ」
「うむ。おはよう!」
「おはようございます!お先に失礼していますわ」

 目を伏せながら言うディーナに、俺はいいよいいとよと手振りで伝えておく。ベルリガウス辺りが、周りに合わせるなんてできるわけないんだし……飯なんて自分が食べたい時に食べるのが良いと思う。

 俺とルル……もうルルちゃんでいいや――も席に着いてパンやら魚を食べる。そういえば、ディーナって魚人族だから共食いじゃね?とか思ったが、この国は漁業が盛んだ。食べられてないわけがない。同族だとか、そういう意識は特にないのだろう。

 まあ、見た目人族に近いっちゃ近いもんな……。

 俺は一人で妙に納得しながら朝飯を食らっていく。各々の食事風景を見てみると、ベルリガウスは意外にもテーブルマナーを守って食べていた。ディーナちゃんは勿論、王族という立場であったからか上品だ。

 ベールちゃんは豪快な食べ方で、そこらにパン屑が散乱している。セルルカは言わずもがな、その場の雰囲気とかに合わせた食べ方――ベルリガウスと似たような普通の食べ方をしていた。

「ベール?口の周りが汚れてますわ……。綺麗にしますから、ジッとしてくださいまし」
「む?おぉ!ご苦労!」

 ディーナはベールちゃんの口元をハンカチで拭き拭きする。その光景は姉と妹だ。とても微笑ましい。

 ベルリガウスはベールのテーブルマナーに関して、どこか思うところでもあるようで……ベールが再びパンに齧り付こうとした辺りでそれを手で制した。

「待て、ベール。パンは千切って食うのがマナーだが……まあ、俺様はそんな細けぇことは言わねぇ。だが、パン屑は落とさないように気ぃ付けるんだぞぉ?」
「……?うん!」

 ベールは元気よく頷き、さっきよりも気を遣いながらパンに齧り付いた。ベルリガウスと話す時、ペールちゃんの対応は素面になる。いつもの厨二病ではなく、素面のベールちゃんだ。それがとても可愛く、俺はニヘラーとペンタギュラス親子(違うけど)を見つめる。

「……?どうかなさいましたか?気持ちの悪い顔をしてらっしゃいますが……」
「酷い……」

 まさか温厚なディーナにそんなこと言われるとは思わなかった俺は、ショックを隠し切れずに消沈する。ホンワカした気分は一転、そんなに気持ち悪い顔をしていたのかと心が凍て付く。

 俺の心中を察したディーナが、慌てて俺のフォローに入る。

「ち、違いますのよ!?ただ、今のニヤニヤした顔は気持ち悪いと思いましたので」

 フォローになってなかった。

「ディーナは正直ものだから……な!主よ、そういう顔は愼むがよい!」

 ベールちゃんにまで言われたら、死んじゃおっかなぁとか考えてしまう。が、さすがにそれはダメだろと頭を振って気を取り直す。

 それから俺たち別行動となる。元々、セルルカを探すためにエーテルバレーへやってきているのだ。目的自体は達成していると言っても過言ではない。

 セルルカは完全に離脱し、どこかへ行った。ベルリガウスとベールちゃんは二人でエーテルバレーの観光をするようだ。これを先に言い出したのがベールちゃんだったために、俺もディーナも面食らってしまった。

 ベールちゃんはてっきり、ベルリガウスが苦手だと思っていたからだ。

 で、残ったオレとディーナは手持ち無沙汰のようになり……折角だからとディーナにエーテルバレーを案内してもらうことにした。

「エーテルバレーのお魚は美味しいんですのよ」

 うん。知ってる。食べたし。美味しいよね。「ニャ」って言ってしまうくらい、美味しいよね。

「中でも一番は、大海帝闘技祭にも出されるキルミンナというお魚が美味ですわ。肝が一番美味でして、身もぷりっとしていて、それでいて舌に触れた瞬間溶けて旨味成分が口いっぱいに広がりますわ」

 ゴクリ……な、なんかそう言われると物凄く食べたくなってきたぞ……?

 そういう話をしていたからか、俺のお腹がグゥーと音を鳴らす。ディーナはクスリと笑うと、では食事にしましょうと言って、ディーナお勧めの店を紹介してくれた。

 ディーナのお勧めのお店へ向かう途中……テレテレと賑わう通りを歩いていた俺たちは、不意に鼻孔を擽る香ばしい香りに足を止められた。

「あら……いい匂い……」
「うん……あそこかな?」

 俺は匂いの元を辿り、場所を特定する。

 通りの隅の方……お店とお店の間にある路地に小ぢんまりとした小さなお店が開かれていた。俺たちと同じように、匂いに釣られた何人かの客が串に刺された肉を握って去っていく。

 俺とディーナはゴクリと唾を飲み込み、顔を見合わせてその店へと向かう。

「ど、どうも……」
「ん?おぉ〜いらっしゃい!注文かい?」

 お店の主は、驚きたことに見た目が年若い姿をした魅惑的な女性だった。烈火の如く燃える紅蓮の髪で、それを後ろで一つに束ねてアップにしている。前髪は片方だけ長く、顔の半分が見え隠れしていた。

 その瞳もまた赤。しかし、紅というには鮮やかさが無い。表現は悪いが、何となくドス黒い血のような瞳をしていた。

 屋台用の服とエプロンを着たその女性は、とても快活的で自然と俺の心が軽くなると同時に、警戒する。

 その佇まい、立ち居振る舞い、声や視線、息遣いから何までが卓越した武人のものだ。ただ者ではないことが、一目で分かった。

 達人マスター級……いや、なんだろう。それ以上?クルナトシュとか、伝説とか……何となくそのレベルまでにいる人だと判断できた。

 俺も魔王や伝説、最強の全員の名前は知っていても顔までは知らないのだ。その内の誰かだろうかと思った。が……俺の直感が何となくそうじゃないと訴えかけていた。

 彼女は、そういう次元の存在じゃないと……そう言っている気がした。霊峰に住まう現代を生きる神話――ミスタッチ・ヴェスパを知っている俺だからこそ分かる。多分だが、恐らくだが、確証はないが、きっと……そうきっと、ミスタッチ氏よりも強い・・

「……?どうかされました?」
「…………い、いや」

 ディーナに不審がられ、俺はハッと我に返る。赤髪の店主も不思議そうに首を傾げていたので、俺は先に注文するべきだと思い立ち、いくつか肉の串焼きを頼んだ。

「はいよ!じゃあ、これでいいね」

 そう言って、店主は俺に串焼きを二本渡してきた。俺は一先ず二本ともディーナに預けて、ディーナに一言断りを入れてから、店主へ改めて向き直る。

「お仕事中失礼とは思いますが……ほんの少しだけ、お時間いただけませんか?」
「んー?まあ、いいよ。どうせ個人経営のしがない串焼き屋台だからね〜。じゃあ、奥でお話ししましょうか!」
「……ディーナはここで待ってて」
「あ、はいですわ!」

 店主は思いの外快く俺の言葉に乗り、屋台裏の路地奥まで二人で引っ込む。

 賑やかな通りと違って暗く、物静かな路地裏で……俺は謎の串焼き屋台の店主と対面する。

「それで?話って何かな?まさか……お姉さんに一目惚れとか!?それは……嬉しいけど困っちゃうなぁ〜お姉さん、忙しいし〜」
「あ、いえ……違います」
「あ、そうなんだ……」

 と、どこか気落ちした様子の店主に俺は何だか調子を狂わされながらも……しっかりと尋ねる。

「僕は、グレーシュ・エフォンスと申します。貴女の名前をお聞きしたい」

 他人の名前を聞くならまずは自分から……その例に則って名乗ると、彼女は面白いものを見る目で俺を凝視し、そして名乗った。

「私?私は……クシャナリーゼ。フルだと、クシャナリーゼ・アイゼンベルク・ヴェイパーテイス・タカトリス・イルミナージュ・サラマンドラね。でも、長いからクシャナリーゼ……。クシャナでいいわ」

 な、ながっ……こんなに長い名前の人は初めてだ。俺はすこし頬をヒクヒクさせつつも、本題へ入る。この名前を聞いた時点で、俺にはこの女性が誰かは分からない。つまり、魔王でも伝説でも、最強でもない。

 俺の知らない神話か?それとも……伝説等に匹敵する何者か?

 飽くまでこれは俺の興味本位。ここで答えが返ってこなくても問題はない……。

「率直に伺います。貴女は……何者でしょうか。漠然とした問いですが、僕の聞きたいことは……分かるはずです」

 俺がそう言うと、店主は面食らった顔をし……何か俺を賞賛するような笑みを浮かべて答えた。

「おぉ〜そっかそっか〜。君は私の正体を看破し、私という存在を警戒した……素晴らしい心掛けです。感服致しました」
「いえ……そんな」
「えぇ……では、私が何者かという問いに答えましょう。私は、夢幻ファンタジーに生きる流離いの風来坊よ!」




「一兵士では終わらない異世界ライフ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー346007

    Twitter見てまふ
    続きみたいでふ

    0
  • ノベルバユーザー312603

    続きないのですか?

    0
  • ノベルバユーザー130678

    次回早くお願いします

    0
コメントを書く