一兵士では終わらない異世界ライフ

矢追 参

トーラ学舎に入りまして

 この世界に生を受けてついに六年が経過した。俺の身体はすくすくと育っていって、背はずっと伸びたけど、前世でいう幼稚園児くらいの大きさなのには変わりなかった。
 さてさて、六歳になったってことはどうなるかお分かりではないでしょうか?そう!学校に通うことになりましたのよ!おほほほほほっげほ!?
 俺がこれから通うのは、ソニア姉と同じトーラ学舎という学校だ。トーラ学舎は我が家の付近に立つ町、トーラにある学びの場だ。
 ここでトーラの町について説明しておこう。この町はまず、イガーラ王国に属する町で、貴族の領主が治めている。地方支配は分権的なもののようだ。
 トーラの町は俺の最初に感じた印象と同じで、やはりかなり大きい町だ。たくさんの貴族がいて、商人がいて平民がいて……と、そんなトーラの町に一つだけあるトーラ学舎には様々な子供が入学してくる。
 それは貴族であったり商人であったり平民であったりと多岐に渡る……が、平民にしろ商人にしろ裕福層に限られるけど。
 俺は平民の子供だ。父さんは軍人だから普通の平民よりも権力はあるが、普通の平民となんら変わらない。まあ、何事も普通が一番だ。トーラの町は大体そんな感じだ。学舎もとくに言うことはない。
 俺は今日からトーラ学舎へ通うこととなる。まず、制服である学校指定の黒を貴重としたローブを着て、俺は身支度を整えた。緊張するなぁ……前世じゃあ高校中退だったからな。この気分を味合うのは本当に久しぶりだ。
 俺は朝ごはんを食べ終えると、ソニア姉と送りに来た母さんと一緒に学舎に向かった。そのとき、俺たちは並んで歩いた。
「学舎って楽しい?」
 俺が聞くとソニア姉は鼻を鳴らし、笑顔でいった。
「うん、きっと楽しいよ」

 得意気である。
 ソニア姉は十二歳だ。小学校六年生……そうとは思えないくらい、ソニア姉は女らしい魅力を持っていた。家族の俺が言うんだ、間違いなくソニア姉は可愛い。やっぱり学舎とかじゃモテモテなんだろうか?
 もしかしてもしかして、変な虫とかがソニアに変なことしてないよね?そんな変な虫は変なことする前に俺が処分しよう……。
 俺が暗いことを考えているソニア姉が不思議そうに首をかしげたので俺は誤魔化すように咳払いした。
 まったく……俺はとんだシスコンだな。悪い気はしないけど。
「大丈夫だよ。グレイならいっぱい友達ができるからさ!」
 ソニア姉はニカっと笑っていった。母さんもその隣でニッコリ笑って頷いている。盛大な誤解をしているようです。ちょっと、良心が痛むなぁ……まる。
 それにしても、友達ねぇ……。
 ふと、前世での友達というのを思い浮かべてみた。世間一般でいうところの友達というのと俺にとっての友達というのは違ったな。
 それはネトゲ友達という存在だ。ネッ友ネッ友ぉ〜。ほら、友達ってついてるし、友達ってカウントしても、俺はいいと思う。
 もちろん、現実の友達なんていませんでしたよ。えぇ、だって私はニートだからっ!!ドヤァっ!
 しかし、友達が……そうだな。友達沢山作ったら、きっと母さんも父さんも安心できるだろう。うむ、そうしよう。
 そういうわけで、俺の当面の目標は友達百人つくることです。そして富士山の頂上で、みんなでおにぎり食べよっと。
「そういえばグレイはなんの科目とるの?」
 母さんが首を傾げてきいてきた。そう聞かれても困る。まだ、どんな科目があるのか詳しく知らないからだ。
「まだどんな科目があるか分かんないと思うよ?お母さん」
 ソニア姉が言うと母さんは、「あ、そうだった」といって笑い、ソニア姉もクスクス笑った、いいなぁーこういうのいいなぁー。
 町に入って学舎の前まで来て、母さんとはそこで別れたふのまま、母さんはお仕事に行くのだろう。確か、軍人の父さんと違って、治療魔術師という……前世で云う医者?みたいなものだった気がする。治療魔術って呼ぶくらいだから回復魔法的な……?まあ、詳しくは知らない。
 母さんと別れて、残った俺とソニア姉の目の前には学舎の門があった。
「ほら、いくよ」
「あ、うん」
 言われるがままについていき、門を潜る。そして俺は中の光景を見て思わず感嘆の息を漏らした。
 さすがに貴族の子供が通うところだけあって綺麗で、そして大きな造りだ。ぶっちゃけ学校っていうか、お屋敷のような外観をしていた。
 俺がほけーっと眺めているとソニア姉が微笑みながら頭に手を乗せてきた。ソニア姉の方を見てみるとどこか誇らしげだった。
「すごいでしょ?」
「うん」
 確かにすごいけどお姉ちゃんがすごいわけじゃあないよ?でも、それを言うと不機嫌になってしまうかもしれないのでのどのおくに飲み込んで、黙って笑った。
 入学式は学舎の大きな庭で行われた。庭で整列……はせず入学生達はおのおの自由なところに立っている。そういう概念が無いのだろう。
 俺は適当に目立たないところに立った。すると壇上の方に誰かが歩いていくのをみて、くっちゃべっていた入学生達は、一瞬でシンっと黙り込んだ。
 学舎長と名乗る老齢の人物が壇上に上がると入学生からザワザワとした声が広がった。
 はて?どうしたんだろうか。
 壇上に上がった老齢の人物は男だ。白髪で顔には老斑点と皺があっていかにも年寄りといった風だ。しかし、人とは違ったところがある。耳だ。耳が尖っている上に長い。

 これは異世界特有のあれですね?エルフっ!

 つまりこの世界にはエルフがいるわけか〜いいねぇ。やっぱりエルフっていうと可愛いんだろうなぁ……ウヒョぉぉぉ!
 とまあ、それはとりあえず置いておいてだ。学舎長は壇上に上がってから暫く、入学生を見渡した後に咳払いを一つ……それだけでザワザワしていた入学生達は皆んな黙った。
「私はトーラ学舎で学舎長をしているエドワード・ネバースです。まずは入学おめでとう…それから–––––––––」
 やっぱり、どこの世界でも校長の話というのは長い。やっと終わったかと思ったところで俺達は移動させられた。
 移動先は学舎内のだだっ広いところだ。円形の……そう屋根付き闘技場のようなところだ。そこに百人近くの入学生達が集められた。
 これから入学試験なるものをするらしい。入学の合否を決めるものではなく本人の力を見るものらしい。
 この入学試験は実技と筆記があり、筆記はこの後にやるそうだ。まずはここで実技。なんの実技かというと、ここで自分の選択科目を選んでその科目ごとの実技だそうだ。
 俺は選択科目一覧から何があるのかをまず確認した。ちなみに、既に決まっている奴らは実技試験に入っている。
 俺はノンビリとやるかね……お、まずは剣術だな当然のことだけど。あとは……野営?なんか面白そうだな。ん、弓術?俺は選択科目が記載されたリストの一番下にあった科目に目が止まった。弓術っていうと弓か……。
 ふと、俺は前世でやっていたモンスターをハンティングするゲームを連想した。よくやってたなぁ……オンラインプレイとかあったし。
 思えば、あれでネトゲ友達も増えたな。
 俺はそのゲームでは弓を使っていた。何故かっていうと何となくとしか答えられないけど……。
 うむ、弓術をとってみるのもいいかもしれないな。あとは魔術だな。
 そんなこんなで俺は野営、魔術、弓術、剣術の四つの科目をとった。それぞれの入学試験の内容はこうである。
 まず剣術だが、これは剣術の先生達と簡単な模擬全をするというものだった。俺は剣術の稽古をパパンにやってもらっていたこともあり最初は善戦していた。まあ、手加減してもらっていたってのもあるけどな。後半はら体力がなくなって力尽きてしまった。結果はよかったし、先生には褒められたからよしとしよう。
 野営は実に面白かった。この科目は、つまりサバイバルの知識を身につける科目だった。というか、野営の先生がとっても美人さんなうえにボンキュッボンな女性だったので、この科目に入ろうと思います。
 え?下心なんてないですよ?全然ないですよ?
 野営の試験は火おこしだ。魔術を使わずに火をおこせって言われた。材料は用意されており、俺は木と木をこすり合わせる古代技術をつかって試験をクリアした。
 ちなみにここでも先生に褒められた。美人の先生に褒められてホクホクしました。ホックホック!
 その先生というのが、ギシリス・エーデルバイカ……ギシリス先生というのだが、この方は俺たち人族とは違って獣耳や獣尻尾などを生やした、所謂獣人族の先生だ。
 ギシリス先生は褐色肌で、少し撥ねた長い銀髪、スラリと長い手足で、身長も高い。何よりも、頭頂部から生えたフサフサな犬耳と、お尻から生えているフサフサな尻尾が可愛いのだ。
 そう、可愛いのだ。大事なことなので二回言いました。まる。
 ギシリス先生はどちらかという格好良い。褐色肌の女戦士、アマゾネス……そんな印象を受ける方だ。筋肉もあって、それでいて女性的な肉体美の彼女は、その犬耳と尻尾によってギャップ萌えが発生しているわけだ。
 しかも、この犬耳と尻尾……時折、ピクピクと動くのだ。この格好良さで、この愛らしさ……これで萌えない奴はケモナーじゃないから帰れ。まあ、小さいもの好きのケモナーなら仕方ないでしょう。

(閑話休題)

 続いて魔術の試験だ。魔術の試験は的を破壊するというものだった。的を破壊する魔術は指定されており、初級の基礎四元素……地水火風の四属性の内の攻撃魔術だ。指定魔術は一覧で、紙に張り出されており、詠唱するために用いるルーンも載っていた。とても良心的ですね!
 いつかの日に話した得意属性……俺は地属性であり、相反する属性は火属性だ。そういうわけで、俺は初級地属性魔術【ロックボール】を選択した。多分、岩の弾丸とかそんなところじゃねぇかなぁ……。
 順番が俺に回ってきて、的から数メートルほど離れたところに立った。先生や、他の受験者達が見ている中で、俺は【ロックボール】の詠唱を始めた。
「〈我がかいなより・放たれよ〉【ロックボール】」
 詠唱の開始とともに、俺の手のひらにソフトボールくらいの岩の球が生成される。イメージ通りな、硬質そうなそれは、俺の手のひらで溜めを作ってから、宙を直進した。
 直進した岩の弾丸は、確かな質量と速度を以って、的に向かっていく。そして、的の中心から少し右側を直撃して、的を破壊した。
 周囲から、少しのどよめきが聞こえた。別に凄いことをしたわけではないんだが……初級魔術なら初めてでも、詠唱さえ出来れば誰でも簡単に発動できるんじゃないかな。実際、今やったし。初級って言ってるし。知らんけども……。
 ここでも何だか先生達に褒められたので、とりあえず良いかな。
 最後は弓術。弓をつかってどれだけ正確に的を射ることができるかの試験だ。現実に弓を持ったの初めてだ。練習したが、弦を引くのにかなり力が必要なのと、狙いが定まらないのに結構苦労した。
 ゲームのキャラクターってすごいねっ!とか思いながらいよいよ本番……と、そんな折に、ふと不思議な感覚が俺に訪れた。
 襲ったという表現を使うにはあまりにもしずしずとその感覚が現れたので、訪れたという表現がぴったりだと思う。どんな感覚かというと、まるで視点が一人称から三人称に移り変わって自分を自分で見ているかのような感覚だ。ゲームみたいだ。
 すっと身体は機械のように動き弓が引く。研ぎ澄まされた感覚……照準はまったくブレず、ただ的の中心に向けて矢を放った。
 シュンという風切り音とともに矢は飛び、的の中心を射抜いた。それと同時に俺の感覚は一人称視点に戻った。なんだったんだ?今の……。
 これまた弓術の先生もビックリして、それから俺を褒めてくれた。今日はなんだか褒めてもらってばかりだ。

 ま、悪い気はしないけどな。

「一兵士では終わらない異世界ライフ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く