一兵士では終わらない異世界ライフ

矢追 参

戦争の兆し

 昨日は色々あったが、今日は朝から午後まで特に何もなかった。変わったことはノーラちゃんと仲良くなったことだ。今じゃ気軽にノーラと呼んだりするし、ノーラも俺のことをグレイと呼ぶようになった。
 そういえば、アルフォードパパンにソーマについて聞こうと思ったのに、昨夜は珍しく帰ってこなかったんだよな。まあいっか。
 さて、今日の選択科目は野営だぜっ!ギシリスさぁん!!
 俺はギシリス先生のいる、学舎裏にあるちょっとした森へやってきた。小さいが川も流れていたりして自然豊かだ。まじトーラ学舎ってぼっちゃん校だな。
 いつもの場所にくるとギシリス先生が仁王立ちでたっていた。あぁ……その褐色肌に逞しい筋肉と大きなパイの実が素晴らしいですねぇ……。
 他にも一緒に野営の授業を受けている女の子が既にいた。名前はエリリー。
 エリリー・スカラベジュムという女の子だ。ノーラと比べてしまうと普通の子に見えるが十分可愛い子だ。
 そんなこんなで、本日はこの二人の生徒と一人の先生によって野営の授業は構成されています。
 すくねぇ……。あ、いや……いつもこれだけしか居ない訳じゃないよ?他の授業とのスケジュール合わせの結果、こうなっちゃったんだよ〜?本当だよ?
「揃ったな。始めるぞ」
 ギシリス先生が、俺とエリリーが揃ったのを確認してから、そう言った。
 どうでもいいことを考えていた俺は、一拍遅れてから返事をする。
「あ、はい」
 野営の授業は自然で生き残るための術を知る授業だ。野宿するはめになったときなんか非常に役立つ知識だと思う。
 俺の場合は単純にギシリス先生目当てだったが、エリリーはどうしてこの授業を受けているんだろう?
 エリリーとは一ヶ月も一緒にこの授業を受けていたので多少なりとも仲良くなっていたりする。
 そんなわけで聞いてみることにした。
「どうしてエリリーは野営の授業を受けたの?」
「えぇ?ちょっと気なって受けてみただけだよ?」
「そうなんだ。てっきり自分から選んで受けたのかと」
「さすがにこの授業を自分から受けるのはないんじゃないかな……。人によると思うけどね。兵士を目指して人なんかだと受けるんじゃない?」
「そうだよね〜さすがにマイナーだもんね」
「確かにマイナーだ」
「「ふぁ!?」」
 二人で話していたら、いつのまにかギシリス先生が俺たちの後ろに回っていて、そんなことを言った。
 怖い……でもあのギシリス先生がこんなに近くにいやがるぜ!えぇ匂いやのぉ〜。
 いかんいかん私は紳士なのだから努めて冷静に……。
 それからギシリス先生は俺たちに諭すように言った。
「野営はマイナーではあるが、戦場では非常に役立つ知識だ。もし自軍に帰ることができず野宿することになれば自分で糧を得なければならない。そんなときにこの授業で培った知識が役に立つ」
 戦場って……ギシリス先生は一体何者なんですか?その疑問を俺の代わりにエリリーが聞いた。
「戦場って……ギシリス先生って先生じゃないんですか?」
 その疑問に対して、ギシリス先生は何か逡巡するように顎に手をやり、それから暫くして口を開く。
「いい機会だから教えておこう。今日の授業はそれだ」
 そういってギシリス先生は座った。ちなみに俺たちは今、川辺にある大きな岩に並んで座っていて、その向かい側にある岩の上にギシリス先生は座った。
「私は十年くらい前まではイガーラ王国の兵士として戦場に出ていたんだ」
 まじですか……ギシリス先生ってなんか普通の先生と違うところがあるなぁって思ってたけど元が兵士だったのか。確かにこう……物腰というか雰囲気が戦う女性だよね。見た目もアマゾネスだし……そう、言うなれば戦乙女とでも言っておこうか。きゃーっ!ギシリス先生かっこいい!
「とある戦では小師長率いる私の所属部隊は敵の陽動作戦に引っかかってしまってな。敵に囲まれて動けなくなって野宿することになったんだ。そのときは野営の心得があったものがいたため何とかなったがあのときの私の役立たずさが悔しくてな。以来こうして野営の勉強をしているんだ。」
 そっか。そんな理由で……しかし、
「……なんで兵士やめちゃったんですか?」
 俺は恐る恐るそう聞いた。戦場で生き残るために学んだことを生かさず、今は教師をしているギシリス先生に俺は疑問を持った。ギシリスは薄く笑って答えた。
「私のように戦場に出るかもしれない子供たちが同じ目に遭わないように教えたいと思ってな。そのときに声をかけてきたのは、このトーラ学舎の学舎長のエドワードだった。今じゃこの職につけてよかったと思っているよ」
 ギシリス先生はそう言って笑った。その後もギシリス先生から野営の有用性について色々聞いた。でも、俺の中では最後にギシリス先生が言った言葉ずっと引っかかっていた。
『この職につけてよかった』
 ………俺は将来どんな仕事に就こうか。間違わないと決めた、この新たな人生。俺はもちろん家族を養うために真っ当な仕事に就きたいと思っている。でも、俺はまだこんなにも小さい。早いかもしれないけれど……俺は将来について考えずにはいられなかった。
 野営の授業が終わった後、その言葉は俺の中に残っている。


 –––アルフォード・エフォンス–––


 イガーラ王国トーラの町の領主館に俺は……アルフォード・エフォンスは昨日から続いている会議に頭痛がするように頭が痛い。
 領主館の一部屋を使って行われている会議に参列しているのは、この町の有力者達だ。俺はその中でもこの会議の一連の出来事を決定づけることができる権力を有している。
 俺はイガーラ王国の兵士で、階級は大師長という。この階級は将軍の次に偉い階級だということを知ってもらえればいい。
 この階級は、戦で功績を順当に納めていったものが辿り着ける極地であり、ここまで来ると爵位も与えられる。俺の爵位は伯爵……そして、このトーラ伯領を牛耳っている。そういうわけで、この会議において俺以上の決定力や発言力を持っているものはいない。
 そんな俺が参加している、この会議の内容は近々起きるであろう隣国との戦争についての話し合いだった。
「およそ三年以内に確実に戦争が始まります。そのとき、この町の防備はどうなさるのですか?」
 という一人の有力者。俺は簡潔に答えた。
「現在会議中だとしかいえん。将軍としては各地に防衛軍を分散させておきたいと仰っている。だが、どうにも軍の中で反対意見が多くてな」
 そう、明らかに軍内部での反対派の意見が多い。中には故郷すら捨てて他に防備を回せという輩も出ている。
 俺としては裏があるとしか思えない。
「なぜ軍はこちらに防衛軍を配備なさりたがらないのでしょうか?」
「反対派の主張では重要拠点の防衛が最優先だと言っている。理にかなってはいるが、そもそも重要拠点の攻略には三倍の兵力が必要だと知っているだろうに。隣国と我らでは兵力に差はない。そう考えれば無駄なことだというのに、何を考えているか全く分からん。とにかく今将軍が説得を試みている。もう暫く待ってほしい」
 大体、俺にもこの町に家族がいるんだ。娘のソニアは十二歳だがまだ子供だ。息子のグレーシュに関しては六歳だ。愛する妻もいる。家族を戦争巻き込むわけにはいかないのだ。
「ふぅ……これ以上はとくにないと見て本日は解散とする」
 こうして本日の会議は終わったが今日も帰れそうにない。家族が心配していないといいが……。
 俺は会議室に使っていた部屋を出て、自分の執務室へと足を運ぶ。普段は家に帰ってしまうために、殆ど立ち入らないが、こういう時に来ると一番落ち着いて寛げる場所である。
 執務室の中は、あまり使わないために特に何も置いていない。掃除などは侍女がやってしまうので、汚れらしい汚れや埃といったものは、特に目には付かない。
 仕事用のデスクと椅子、いくらかの書物……奥の方にはイガーラ王国では高価なガラス張りの窓が閉じており、窓辺に夕日が差し込んでいる。もう、こんな時間なのかと俺は苦い顔をした。
 椅子の方へと歩み寄った俺は、深く座り込むと一度、深く溜息を吐いた。
「…………疲れた」
 あまり弱音は吐きたくないが、こう家族に会えない時間が多いとどうしても気が沈む。早く、会いたいものだ。


「一兵士では終わらない異世界ライフ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く