一兵士では終わらない異世界ライフ

矢追 参

芽生える自覚

 学舎に入ってついに半年が経過しました。皆様はいかがお過ごしでしょうか。私は死にそうなくらい勉強してます。
 俺は現在、学舎の図書館を使って勉強会なるものをしている。参加者はこの半年で仲良くなったノーラやエリリーを始めとする同学年の友達だ。この二人以外には俺とよくつるんでいる三人だ。そして、ソニア姉とそのお友達の方々も今回の勉強会に参加している。俺たちの先輩ってわけだ。分からないところは先輩に聞きに行くってことになったんだけど……ねぇ?なんでノーラとエリリーとお前ら三人は俺に聞きに来るの?
「えー?だってねぇ?」
「うん。グレイは頭いいし。それにやっぱりタメの方が聞きやすいよ」
 ノーラとエリリーは口々にいって他の三人もそんなことを言った。先輩方のは苦笑していたが、特に怒ってもないようだ。
「グレイって結構モテんだね。やるじゃん」
「やめてよお姉ちゃん……」
 肘でつついてくるソニア姉に俺は渋い顔で返し、勉強を再開する。さて、どうして俺たちが必死こいて勉強しているかというと……のこり一週間後くらいに学舎の試しという……いわゆるテストがあるのだ。
 この学舎の試しは年に二回。その内の一回目が差し迫っているのだ。ちなみに、この学舎の試しですこぶる悪い評価をとると進級にかかわってくる。まあ、それはどちらかっていうと二回目の方に関わることだ。
 むしろ一回目の場合は学舎の試しの後に学舎の祭が控えているのだが、今回の学舎の試しの結果が悪いと、その祭に参加できなくなるのだ。それが嫌でみんな必死なようだ。
 俺はソニア姉や友達から聞いて、その祭がどれだけ凄いかを聞いている。なんでも美味しい屋台とか遊びとか……なかでも目玉なのは闘技大会というものらしい。
 学舎の生徒同士で闘い、勝ち進んで見事優勝したものにはこの学舎のアイドル的存在……生徒会長のアリステリア様から褒美を貰えるらしい。噂ではキスだとか……。
 俺はアリステリア様をまだ一度しか見たことがないが、ソニア姉と同学年にも関わらず、既に生徒会長という座に座る超カリスマ性を持った人だ。
 普通、生徒会長はもっと上の学年がやるもんだろ?そこがまずアリステリア様の凄いところだ。そして、さっきから気になっているかもしれないが、アリステリア様に対してのこの様付けだ。
 アリステリア様はなんと驚いたことに王族の親戚……つまりは公爵様なのだ。彼女のフルネームは、アリステリア・ノルス・イガーラ公爵令嬢様……あの王下四家の血筋というわけだを俺たち平民と普通こんなところで関わりを持つことは許されないのだが、アリステリア様たっての願いにより、こうしてトーラ学舎で学んでいらっしゃる。
 遠目に見たアリステリア様は十二歳とは思えないほど優雅で美しく、キラキラ輝く金色の長い髪に俺はつい見惚れてしまった。
 ちなみに、アリステリア様はどんなときでも様付けしないとアリステリア様のファンとか従者に刺されるらしい。気をつけないとね。
 そんなわけでもっぱらの噂の優勝の褒美とやら狙って、こぞって猛者達が出場する闘技大会……それが行われる学舎の祭に参加するには、まずはこの学舎の試しを乗り切らなくてはならない。
 まあ闘技大会に参加したがるのは主に男子生徒が大半だけど……。
 ともかく、俺たちも先輩方もとにかく必死だ。
「グレイ〜この魔術の基礎四元素と特殊四元素の違いが分かんないんだけど」
 と、ノーラが聞いてきた。ノーラは闘技大会にはあまり興味はないようだが学舎の祭には出たいという。ノーラも結構頑張っているが、やはりまだ魔術分野は実技も座学も苦手なようだ。
「えーっとね。基礎四元素は僕たちが普段使うような魔術の属性だよね」
 雑学として、基礎四元素の地水火風がこの世界の全てを構成しているというのは魔術的な考え方とされている。他にも色々な説があって、こういう分野は割と面白かったりする。
「で、特殊四元素なんだけど……これは基礎四元素から派生して生まれる雷氷光闇の元素なんだよ。

 地と水からは氷の元素が……
 水と火からは光の元素が……
 火と風からは雷の元素が……
 風と地からは闇の元素が……

 ってな具合に出来るんだ。だから扱える属性が二つあると、派生して特殊四元素の魔術も使えるようになるからお得だね」
「「おぉ〜!」」
 というのは先輩方……ソニア姉も含めた勉強会メンバー全員の感嘆する声だ。おい、なんで先輩も聞いてんだよ。
「よく覚えてるよねグレイは」
 ノーラは俺をそう言って褒めた。なんだよ……照れるじゃないか……。
「覚えるのは簡単だよ」
「どうやって覚えてるの?」
「僕はイメージ記憶で覚えてるよ」
 俺は聞いてきたエリリーにそう答えた。人それぞれ勉強の方法はあるだろうが俺はそれを一枚の絵として覚えるイメージ記憶で暗記している。
 算術は不得意だが暗記勝負の歴史や語学はこのイメージ記憶でかなり助かったりする。細かく説明するとだ。たとえば、ノートに書いたページ……その全ての位置と書いてあることを覚えるのだ。歴史だったらそれをページ順で覚えれば流れで覚えられるし、語学だったらあれの下にあれがあったなーとかってできる。
 少なくても俺は文系科目に対してこれで十分通用している。だが算術は無理。というか算術が嫌いだ。前世でも数学は苦手だった。
 なに?ルートとかいらないでしょ?
 まあ、それはともかく。
 俺も語学の文法で分からないことがあったので隣のソニア姉に聞こうと思って……でも今は他の人を教えているのでやめた。
 ソニア姉は人気者だった。まあ、可愛いしな。それにアリステリア様と同じ金髪だから目立つのだろう。俺は他の人に聞こうと、俺は逆隣に座るノーラに聞くことにした。
「えっとノーラ。ここなんだけど……」
「ん?あぁ〜ここはぁ–––––」
 と、ノーラが俺のノートを覗き込んでくる。その表紙にふわりとノーラの短めな髪からいい匂いがした。
 その瞬間、俺の頭の中で警報がなる。
 敵襲!敵襲!
 鳴り響くアラーム。そして、この背中を舐めるようにして押し寄せる威圧感……。
 クルリと後ろを振り返れば案の定というか……ノーラのストーカーもといノーラのお父さんであるソーマが全身タイツで相変わらずノーラをつけ回していた。
 どんな過保護だよ……。
「ちょっときいてるのー?」
「あ、ごめん」
 どうやら俺以外に見えてないらしい。多分『透明化インビジブル』を俺にだけ見えるように発動したのかもしれない。もしくは俺の索敵スキルに引っかかったか。
 どうでもいいけどノーラに接近しすぎると危ないかもしれない。先日帰ってきたパパンにソーマのことを聞いたのだが……。
『大師長というのは……偉い人だと覚えておけばいい……』
 という風に、珍しく父さんが言い渋ったので追求しなかったがソーマにはあまり関わらない方が賢明だろう。
 とにかく気をつけよう。
 俺は一通り文法内容の確認も終わったので、今度は実技の方の練習だ。保健体育のな……うひっ。
 あ、ソーマから威圧感が……。
 今日はとりあえず剣術の練習だな。俺は野営も剣術も一緒であるエリリーとともに一緒に練習することにした。
「せやぁ!」
 エリリーは木剣を握り、気合いの入った一撃を俺に向かって振り下ろしてきた。だが、残念ながらそんなに速くない。女の子の力だから仕方ないっちゃ仕方ない。
 戦闘モードの意識下で、身体をゲームのコントローラーで動かすような感じの俺は受け止めずに半歩足を動かして身体をずらし、エリリーの攻撃を避ける。
 戦闘モードの俺はこんな芸当が出来るわけだ。ゲームなら負ける気はしないね。格ゲー……どんだけやり込んでると思ってるんだ?
 エリリーは驚きつつも、直ぐに切り替えて木剣を横薙ぎに振るう。とりあえず隙があったので、「てい」と全く気合いの入っていない軽い一撃をエリリーの脳天にぶちかました。
「いたぁ」
 途端にエリリーは頭を抑えた。あ、やりすぎた?
「ご、ごめんエリリー。強く打ち込みすぎっ」
「隙あり!」
 エリリーは叫び、手に持った木剣を振り上げてきやがった。狡い真似を……。
 俺は予想していたのもあり、ひょいっと避けると今度は木剣を持つ手を叩いた。エリリーは木剣を取り落とし、慌てて取ろうとしたところを俺が木剣を彼女の首に当てたことで停止した。
「うっ……参りました……」
「はい、参られましたっと」
 俺は木剣を引くとエリリーは残念そうな顔で俺を見た。しゅんとしててカワユス。
「どうしてそんなにヒョイヒョイ躱せるの?皆んなは受け止めてくるのに……」
 だろうね。避けるという動作は慣れていないと難しい。俺も素の状態なら無理だと思うけどね。しっかし、自分で言うのもなんだけど……この戦闘モードって凄いなぁ。本当に自分をゲームのキャラクターみたいに動かせるんだもの。ただし、身体能力は六歳児だから、超人みたいな動きは無理。
「その技術が羨ましいな」
 と、先輩が俺のところに近寄って言った。。この人も剣術の実技試験があるらしい。だが俺たちとはレベルが違うために一人でイメージトレーニングをしていたようだがさっきの俺とエリリーの手合いを見て褒めてくれた。
「よかったら俺とも手合わせしてくれないか?」
 お、ふむ……ここで上級生の力を見ておくのも悪くないか。きっといい経験になるだろうと思った俺はその手合いを受けることにした。すると、それを面白がった勉強会のメンバーが周りを囲って騒ぎ出し始めた。おい、お前らの勉強はどうしたんだよ……。
「頑張れーグレイ」
「おうっ!」
 ソニア姉の応援で百人力だ!
 そういう経緯があり、俺と先輩の手合わせが始まった。先に動くのはもちろん俺だ。ここは学ばせていただきたいところ……俺が積極的に動くのが道理だろう。
 足に力を込めて一歩踏み込み、間合いを詰めると先輩は驚いたように慌てて一歩引いた。俺はどうしたんだろう?と思いつつ木剣を振るう。そのときになって、俺は罠かっ!と思ったが先輩は俺の攻撃を辛うじて防御したような感じでヨロヨロと下がった。
 あれ?
 が、きっとこれも俺を油断させる罠だと思い再度詰める。先輩はそんな俺に対して木剣を振り下ろしてきた。エリリーより速いっ!
 けど……避けられないほどじゃない。
 俺は、なんとかスレスレで躱して、ガラ空きの先輩の喉元に木剣の剣先をつきつけた。そこで先輩が、「参った…」と言ったので俺は剣を引いた。
 ………あれ?
 手合いが終わると、周りにいたノーラやエリリーに褒められたり先輩方からも、「凄いねぇ」なんて言われた。
 手合いをした先輩も笑顔で俺に握手を交わしてくれた。
 あれあれ?
「お疲れ様グレイ!やっぱグレイ凄いよ!あたしの学年の中でも一二を争う人をあっさり倒すなんて!」
 ソニア姉は興奮しているのか俺に抱きついてきた。あ、最近ソニア姉は発育がいいから……その胸が当たってます……もしこれがノーラだったら俺はソーマパパンに後ろから刺されていただろう。ふぅ……よかったぜノーラが俺に惚れてなくって。

(閑話休題)

 しかし、あれだな。ソニア姉の学年で一二を争うか……まさか勝つとは思わなかった。………………ねぇ?俺って、もしかして強いのかな?強いってことでいいよね?

 自信を持って……いいんだよな……?

 上級生に勝ってもなお、俺の中には自分自身を信じきることが出来ない不安な気持ちが、心の奥底で押し潰され、固まって残っていた。

「一兵士では終わらない異世界ライフ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く