一兵士では終わらない異世界ライフ

矢追 参

公爵令嬢からのお願い

「折り入って頼みたいことがありますの」
 改まった顔をするアリステリア様だが、表情は朗らかに笑っている。ここから何を言われるのかと俺は身構えて、固唾を飲んだ。そして、アリステリア様の美しい唇で、その言葉が紡がれた。
「闘技大会に出ていただきたいの」
「…ん?」
 俺が首をかしげるとアリステリア様は、ふっと笑った後に続けた。
「いきなり言われても仕方ないわよね。説明するわ」
 チラリとアイクに目を向けるがアイクは微動だにせずジッとこちらを見つめて立っている。
 ちっ、さっきから威圧してきやがるな……。
「まずは……そうね。グレーシュ様は闘技大会の優勝賞品がなにかご存知でしょうか?」
「僕はアリステリア様のキスだと聞き及んでいますが……」
 正直に言ってみると、アリステリア様は額に手をやって溜息を吐いた。
「やっぱり……」
 ガックリと項垂れるアリステリア様。あぁ、やっぱりデマか。ちぇっ、期待して損したぁー。
「その噂……物凄く広まっているらしく、もうわたくしでは収拾できなくなっていますの」
「大変ですねぇ」
「た、他人事みたいですわね……」
 実際他人事なんですよ。
「それで、グレーシュ様には闘技大会で優勝していただきたいのです。そうすれば、わたくしのキスは守られるし、優勝したらグレーシュ様も自慢できますでしょ?」
「僕、名声とかは別に興味ないんですけど」
「では、なにか褒美を与えますわ。もうグレーシュ様しか頼れるお方いないのです……」
 ふと、俺は首を捻った。俺しかいない……?そんな筈はない。この学舎には最強と呼ばれる剣士がいる筈だ。俺も一度だけ見たことがある。学舎の最高学年だから十六歳….…六歳の俺らとは格段に違う体格差を見せられて俺はビビっていた。トーラ学舎最強と言う……ギルダブという男子生徒だ。髪は長めだが、屈強な身体と相俟ってむしろ威厳を感じさせていた。赤い瞳は血のようで震え上がった。一目みれば強いと分かる……そういう人だ。
「僕以外にギルダブ先輩など……もっと強い方はいらっしゃるのでは?」
「あら。まだ学舎に来て半年だというのに知っていますのね。たしかにギルダブ様は名高いですからね」
 そんなアリステリア様の目は恋する乙女だった。たしかにギルダブさんくらい強いとモテたりするんだろうな。
 まあ、雲の上の人は俺と関わり合いなんて持たなそうだけど。
「では整理しますが……僕は闘技大会に出て優勝してアリステリア様のファーストキスを守ればいいんですね?」
「ふぁ、ファースト!?」
 その反応に俺は思わず顔を顰めた。
「え?まさかご経験が……」
「ありませんわ!」
「ですよねぇ」
 アリステリア様と俺はそれから少し笑って、再び話しを戻す。
「それでお受けしていただけまして?」
「えぇ、お受けいたします」
「では褒美の件ですけれど……」
「必要ありませんよ。強いて言うならアリステリア様の初めてを守ることが僕への褒美ってことで」
 そう言ってやるとアリステリア様は目を丸くして驚いてから優しく微笑みかけてきた。
「六歳とは思えませんわね。グレーシュ様のような年齢でそんな殺文句を言ってはいけませんわ」
 俺は肩を竦めて心外だと身体で表現した。というか、褒美なんてそもそも必要ないのだ。
「僕、元々言われる前から闘技大会には出ようと思っていたので、褒美なら優勝賞品でお願いします」
 そういうわけだ。言われる前から出場する予定だったのだから、褒美を貰うなんて間違っている。俺の意図を察したのか、アリステリア様は感心したように頷いた。
 と、こんな理由で俺は闘技大会へと出場するこになった。やっぱり面倒なことでしたよ……。


 –––アリステリア・ノルス・イガーラ–––


 グレーシュが去った後に生徒会室に残ったのは、アリステリアとその従者アイク。そしてアリステリアを影ながら日々護衛しているソーマだった。
「……ふぅ、どうでした?」
 アリステリアは横で立っている従者にそう訊いた。
「えぇ、とても六歳児とは思えませんね。私の威圧を受けても全く動じていませんでした」
「そうですか……」
 と、その会話に割り込んでくるように影からソーマがヒョイと姿を現した。
「吾輩の存在にも気づいていたようだ」
 さも、驚きのようにいうソーマ。アリステリアもアイクも信じられないようなことで顔を顰めた。
「イガーラ王国軍の大師長であるソーマ様の【透明化インビジブル】を見抜くことは容易ではないはず……それこそ六歳児では到底不可能なはずでわよね?」
「はい。私では少なくてもできません」
 アイクは肩を竦めて言った。大師長とは軍階級の中で将軍の次にある階級……つまり、上級階級だ。ここでこの国の軍階級を確認するが…
 上から、

 将軍
 ーーーーーーー
 大師長ー宮廷魔術師
 中師長ー魔術師
 小師長
 ーーーーーーー
 大師兵
 中師兵
 小師兵
 ーーーーーーー
 特等兵士長
 上等兵士長
 兵士長
 ーーーーーーー
 特等兵士
 上等兵士
 ーーーーーーー
 一等兵士
 二等兵士
 三等兵士
 四等兵士

 以上が軍階級である。その頂点に君臨するのが将軍で次が大師長と呼ばれる戦争の重鎮者達だ。
 貴族の中にはお金の力で有無も言わせず軍階級の身分秩序に割り込んでくる愚か者がいるがそれが可能なのは大師兵までだ。
 小師長以上となると戦争での功績が必要となる。それは武力であったり知力であったり様々だ。そして大師長とはその戦争の功労者の中の頂点……なにかの分野で群を抜いたエキスパート達だ。
 ソーマは潜入や工作員として敵地に侵入するのに特化した能力を持つ。その一つとしてソーマが磨いた魔術【透明化インビジブル】はかなりの練度だ。それを見破ることができるグレーシュという子供が、アリステリアには理解できなかった。しかし、こうして実際に会ってみてアリステリアは感じた。
「グレーシュ様の実力は本物ですわね。アイクは二十歳……若いですけれど軍階級は既に中師兵の実力。そのアイクの威圧を物ともせずにわたくしとの会話をやり遂げた。普通ではありませんわね」
 だからこそ、とアリステリアは続けた。
「わたくしは彼が欲しいですわね……」
 アリステリアの目的というのは、優秀な戦力の導入である。今日、グレーシュにお願いしたことなど建前にしか過ぎない。割と適当に作った嘘である。
 真の目的は……グレーシュと学舎最強の剣士であるギルダブを戦わせることだ。
 その理由としては、噂で聞いたことがある限りのグレーシュ・エフォンスではなく、真の実力を見定めたいというものだ。
 アリステリアは軍事を司る王下四家……ノルス家の長女であり、将来は結婚させられるか、将軍位を継ぐかのどちらかである。普通は政略結婚に使われる筈の女……それにも理由がある。
 現在のイガーラ王国軍の内情は非常に切迫していて、軍のなんたるかを知らず、ただ政治介入を目的とした貴族の乱入によって軍内部の秩序がおかしな方向に走り始めた。
 近々起きるであろう隣国との大戦に備えた各地への防衛軍配備に関しても、自分の身可愛いさに自分のいる街に防衛軍を回そうと根回している。そのお陰で防衛軍の配備にかなり手間取っている……とアリステリアの父であり将軍であるゲハインツが愚痴っているのをアリステリアは毎晩のように聞いていた。
 ゲハインツは民のことを重んじる男で、王族に忠誠を誓う由緒正しき武人だ。貴族のあり方を体現したその姿に、アリステリアは父親としての尊敬の念を抱いている。そんなゲハインツが愚痴ってしまうほどに軍は荒れている。
 そんなわけで、今は下手な貴族と結婚させる訳にもいかない上に、ゲハインツという人物がそういった人物というのもあって、粗方アリステリアの好きに出来たりするのだ。
 アリステリアは恋愛結婚を望んでおり、かつ将軍位を継ぐつもりでもある。民を守る父親のような人間に成りたいというのが、常日頃からの彼女の格言だ。
 学舎を卒業する残り二年で、自身の師団を編成しようと思っているアリステリアは、こうして候補者と会ったりしていた。が、学舎の生徒でこのような候補者が見つかろうとは思っていなかった。人柄重視で探していたとはいえ、ある程度強いことも必要なのである。それが、六歳児……驚きを隠せないのも無理はない。
「今は少しでも戦力を集める必要があります。……彼のような幼い子を戦争に連れ出すのは心苦しいですけれど」
「仕方ない……といって済ませられませんがね」
 アイクの皮肉にアリステリアも思うところがあったのだろう。苦い顔をした後に言った。
「大体!わたくしは最近の貴族の振る舞いが気にくわないんですのよ!貴族の本来あるべき姿とはお父様のように民を思い、民のために戦うのが貴族です。所領を治めて、民を導く……それが貴族なんです。それなのに無様にも保身に走り、あまつさえ守るべき民を見下して傲慢に振る舞うなんて貴族の恥ですわ!」
 アイクは暫くアリステリアの愚痴を聞きながら苦笑していた。アリステリアが愚痴って満足したのを確認してソーマが声を発した。
「しかし……アルフォードが息子を軍に入れるのを許可するとは思えんな」
「確かに……」
「え?どうして……なのです?」
 アイクは訊いてきたアリステリアに神妙な面持ちで答えた。
「アルフォード大師長って家族に自分の軍での立場だとか所領管理に関して、それに爵位のことまで隠しているようです。それに加えて町での自分の軍人としての……また、伯爵としての活動を家族に見られないようにと町外れに住む徹底振り……」
「家族を軍に関わらせないようにしているとしか思えん」
「うっ……そうなると彼を軍に引き込むのは難しいですわね……」
 アリステリアは非常に残念そうに顔を歪めた……が、直ぐに恥じらうように身体を自分の腕で抱いて顔を赤らめた。
 そんな艶かしい姿に十二歳とはいえ美しいアリステリアに思わずアイクはドキリとしてしまった。それからアリステリアは震える口を開いた。
「さ、最悪……男の人ならわたくしの身体で」
「やめてくださいお嬢様っ!!」
 生徒会室にアイクの叫び声が響いたのを誰も知らない。

「一兵士では終わらない異世界ライフ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く