一兵士では終わらない異世界ライフ

矢追 参

初めての魔物

 –––☆–––


 ノーラとエリリーと別れた後……俺は暫くクロロに弄られた。
「もう既に手遅れな程の色男なんですねー」
「…………」
 もう穴があったら入りたかった。いつのまにかソーマの気配がなくなっていたのが何より怖かったが気にしない方が賢明だと思ったので無視することにした。
 色々あったが、俺とクロロとギシリス先生はゲフェオンの町を出てすぐの平野地にやってきていた。街道外れの場所で魔物が狩られておらず、そこかしこを闊歩している。
 辺りにいるのは、ほとんどがバウーンという魔物だ。
「それでは見ていてください」
 クロロとギシリス先生が前に出たので俺は後ろに下がった。クロロは腰から刀を抜刀し、構える。独特な構えだ……やはり我流か。
 ギシリス先生も剣を腰から引き抜くと、半身になって剣を構えた。軍の剣術の構えの一つだ。俺も習った。
 こちらに気が付かず、道草食ってるバウーンに向かってクロロは容赦なく剣技を発動した。
「【斬鉄剣】っ!」
 刀が青白い光を帯び振り下ろされた。バウーンはそれに気付かず憐れにも【斬鉄剣】によってその身体を真っ二つに斬られてしまった。可哀想に……骨は拾ってやる。
 が、バウーンは絶命すると同時に骨も残さず霧散してしまった。すまん、骨拾えなかったわ。しかし、コロンっと紫色の小さな石がバウーンが霧散した辺りに現れた。クロロはそれをとって俺に手渡してきた。
「これが魔石です。これを胸の辺りに押し込んでみてください」
 俺は魔石を受け取って、言われた通りに胸に押し当てると魔石はドロドロと溶けて俺の体内に入っていった。すると魔力が増えた気がした。微々たるほどだが……。
「分かりましたか?」
「あ、はい」
 俺は驚きつつ頭を整理した。なるほど、これで魔力を蓄えていくわけか……。
「あとは【斬鉄剣】ですね……先程見せたのが【斬鉄剣】です。原理は……って、まだグレイくんには早いでしょうね」
「む……」
 今、子供だと思って馬鹿にされた気がした。ちぇ、見てろよ。
 と、視界の端になにやらヤヴァイものが見えた気がして、俺はスッとそっちに視線を向けた。
 視線の先には、剣を肩に担ぎ、魔石の小山に立つギシリス先生……俺の視線に気がつくと、「む?」と首を傾げた。僕の取り分はありますか……?
 キョロキョロと慌てて探してみると、何匹まだ残っていた……よかったよぉ……。
 俺はクロロの前に立って背中の剣を抜いた。俺用だから身の丈に合わせて作られている。それをさっきのクロロのような構えで構えるとクロロが興味深そうに俺を見た。
 それから俺はさっきのクロロの動きをイメージする。【斬鉄剣】……しかし、原理が分からないので見た目だけになるだろう。
 俺は形だけの【斬鉄剣】をその場で使った。
「【斬鉄剣】!」
 ヒュオンという剣が風を切る音。クロロは俺の動きをみて驚いていた。
「ま、まさか一度二度みただけで…いえ、しかし完全ではありませんね」
「はい。形だけなら……でも原理が分からなくて」
「原理が分かれば使えるんですか……もうグレイくんを子供と見るのはやめた方がいいかもしれませんね」
 おっと、それはそれで困る。
「いや、ですよ。いつまでも子供扱いしてください」
「はて、どうしてですか?」
「子供の特権がなくなりますから」
「特権?」
「はい。美人なお姉さんに可愛がられる……とか?」
「私はグレイくんの将来が心配ですよ……」
 クロロは呆れたようにため息を吐いた。まあ、そこは男に生まれた定めというものですよ。
 ちなみに、本当の子供の特権というのは遊ぶ権利と休む権利だそうです。前世では、子供の定義が二十歳未満な訳だから、学校とか休んで遊ぶ権利が世界的条約で取り決められている訳ですね!つまり、私が高校を休む(中退)して自宅で遊ぶ(引き篭もり)というこも許されるわけです。
 ニートとか呼ばれる筋合いはない!
 俺がくだらないことを考えている間にも、クロロは【斬鉄剣】に関してのことを教えてくれた。
「で……えっと斬鉄剣の原理でしたね。特別に教えますよ」
 お、ラッキー……もしかするとここで強力な剣技を習得できるかもしれない。そしたら俺の切り札として役立ってくれるかもしれない。あの剣すらも斬る魔技……【斬鉄剣】がな……。
「まず……斬鉄剣は風属性の魔技です。風を利用し––––––ということです」
「なるほど……」
 俺はクロロから【斬鉄剣】の原理を教えてもらい、実行に移す。風を利用して……その力で真空の状態を作って……というのを一連の行動に組み込むのは非常に困難であると俺は思った。
 ふむ……これは生身の俺では難しいかもしれない。例のアレ・・を使えば、剣速、威力、太刀筋、魔力制御……その他もろもろの能力値を大幅に底上げし、クロロと同等かそれ以上の剣技が使えるようになるだろうが、生身の俺では、身体が出来いないため、難しいかな。試しにやってみたが、やはり成功は出来なかった。
 とりあえず、剣技について纏めるが……剣技ってのは魔術の剣術バージョンだ。剣術に魔術を付与したものと考えると一番手っ取り早い。まあ、説明したと思うけど……想像し易くするとソードなオンラインのソード的なスキルだ。
 ちなみに【斬鉄剣】の消費魔力は俺の魔力だと半分だ。今の俺は最大で斬鉄剣が二回しか使えないというわけだ。これから地道に魔力を上げていかないとダメだろうなぁ……。


 –––クーロン・ブラッカス–––


 グレーシュ・エフォンスという少年はどうにも子供という印象が薄い。会話の中に子供らしさはなく、仕草の中にも子供らしさというのが感じられない。
 私と同じ・・・・長寿の種族では、子供の姿で中身は妙齢数百歳という者もいるが…イガーラ王国には人間以外の種族は少ないし、なによりグレーシュという少年は人間だ。
 だからこそ私は困惑した。この少年の子供らしくない言動や仕草に。言動はなんだか色男のような感じだ。仕草はあまりにも礼儀正しい。
 言動や仕草もそうだが、驚くのはそれだけではない。剣術や魔術を併用する戦闘スタイル……全く才能というは恐ろしい。
 ちなみに今、その問題のグレーシュという少年はバウーン相手に戦っている。
 私はそれを眺めている。足運びや剣術は洗練されているが、私からすればまだまだだ。さすがは、『白虎』と呼ばれたギシリスさんが剣を教えただけはある……と、私はバウーンと戦っているグレイくんを心配そうに眺めるギシリスさんに視線を移した。
 私はギシリスさんのことを見ながらも、さらにグレイくんのことについて視た。。
 魔術の方は魔力が少ないからか、あまり使わないのかもしれない。
「ふぅ……」
 と、グレイくんは額の汗を拭いながらこちらに戻ってきた。私は内側の胸ポケットにハンカチが入っていたのを思い出してそれをグレーシュに渡すとグレイくんが鼻の下を伸ばしていた。
「どうしました?」
「あ、いえ」
 グレーシュは少し鼻息荒くハンカチを鼻にくっつけた。あぁ……そういう……。
「グレイくんはエッチですねー」
「男ですから」
 キリッとした顔で言われた。
「本当に……将来が心配ですよ……」
「大丈夫です……俺は将来父さんみたいな立派な男を目指しているので」
「グレイくんのお父さんというのは……エッチな方なのですか?」
「違いますよ」
 グレイくんは苦笑した。
「兵士ですよ。トーラの襲撃で僕たちを守って……」
「あ……」
 悪いことを聞いてしまった。もしかすると、わざと明るく振舞っているのかもしれない。そうでもしないと……この子にも子供らしい一面があるのですね。
 私は何も言わず無言でグレイくんの頭に手を乗せて撫でた。グレイくんは私を上目遣いで見上げ、目が合うと少し恥ずかしそうに目を逸らした。
「優しくされたら好きになっちゃいますよ?」
 また、そんな子供らしくないことを……。
「グレイくんが結婚できる歳になったら考えてあげますよ」
「えーそしたらクロロさんもうオバサンじゃないですかー」
「おや、私は長寿種ですから暫くはこの姿のままですよ」
「え?」
 グレーシュは驚いたような顔をした。そんなに驚くことなのだろうか。
「私は人族夜髪コクヤ種という種族で、その種族はみんなが私と同じ闇色の髪をしている長寿の種族なんですよ」
「あ、じゃあ僕が結婚できる年齢なってもクロロさんお若くて綺麗なままですね!」
「ふふ、そうですね」
 笑顔でいったグレーシュが可笑しくて、私も笑ってしまった。なんというか面白い子だ。
 綺麗と言われて悪い気はしませんよね。
 私とグレイくんは、暫く笑いあった。

「一兵士では終わらない異世界ライフ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く