一兵士では終わらない異世界ライフ

矢追 参

晴天を仰ぐ

 –––クーロン・ブラッカス–––


 クーロン・ブラッカスこと……クロロは目の前に佇む妖艶なる女性に鋭い視線を向けつつ、対峙していた。
 対して、相変わらず薄い笑みを浮かべているゼフィアンは呆れたように肩を竦めて言った。
「聞こえていたわよぉ〜?勝てもしないけど、負けもしない……ですってぇ?舐められたものねぇー」
 アスカ大陸を治める魔王達が、どうやって自分の領地を統治しているか……それは、武力・・である。
 強い魔王ほど、多くの領地を治めるのがアスカ大陸の形だ。アスモデウス一世を名乗る古参な魔王であるゼフィアンの実力は、そんな実力主義社会のアスカ大陸の支配形態の中で生き残ってきた確かな実力者なのだ。それなりのプライドもある彼女は、自身が生き残ってきた年月を軽んじた発言をした闇色の髪をした剣士に、怒りを感じていた。
「いくら私が女の子を傷つけたくない主義とは言っても……舐められて黙っていられるほど寛大じゃないのよねぇ?」
 ゼフィアンが威圧を込めて、そう言うとクロロはふっと笑って流した。
「貴方の力は十分に知っていますよ、魔王ゼフィアン ……。稀代の天才魔術師として名が知られ、『遊女』の二つ名で呼ばれた達人級マスターの魔術師……」
 ゼフィアンは幾年ぶりかに聞いた自分の二つ名に感慨深くなると同時に、どうしてそこまで自分のことを知っていてあのようなことを言えるのか疑問に思った。しかし、何でも構わない……自分のプライドまで傷付けられて生かしてやるほどゼフィアンはお人好しではないし、もしもそうならこんな戦争は起こさないだろう。
 ゼフィアンがその綺麗な作りの手を前へ突き出したのと同時に【念動力サイコキネシス】でクロロを押しつぶそうと魔力を込めた。
 と、その瞬間……クロロが煙のようにその場から姿を消してしまい、ゼフィアンは戦慄した。
「そんな……心の声も聞こえなかった……?」
 ゼフィアンは達人級マスター闇属性魔術【念動力サイコキネシス】と同じ、【思念感知サイコメトリー】が使える。それを無詠唱で使い、相手の心の声……所謂、思考を読むという芸当が出来るわけだ。
 ゼフィアンは【思念感知サイコメトリー】を解除していないにも関わらず、その思考を読む間もなく、獲物を逃がしてしまったのだ。それは、ゼフィアンにとって初めての出来事だった。
「一応……名乗っておきますね」
「っ……」
 ゼフィアンは背後から聞こえてきた声に脂汗を浮かべ、ゆっくりと振り返る。穏やかな声音なのに、そこには圧倒的な威圧感が込められていた。
 もうゼフィアンの表情に余裕さは一切ない。クロロは愛刀である黒い刀を鞘ごと腰から引き抜き、右手には刀身を、左手には鞘を、それぞれ握り持って名乗った。
「私の名前はクーロン・ブラッカス……二刀流の剣士です」
 二刀流……ゼフィアンはその名前に聞き覚えがあり、直ぐにその正体に思い至った。
 二刀流の剣士……片手には刀を、もう片方で鞘を持つという不思議な二刀流使いで、まるで月光のような稲光を放つ瞳から、そのまま『月光』の二つ名が付いた達人級マスターの剣士。
「なるほど……この威圧感はそういうことなのねぇ……『月光』さん?」
「その名前は何十年も前に、もう返上しました。今はただの冒険者クーロンです」
 そう言うクロロの瞳が月の光を帯び、銀色の輝きを放ち始める。身体からは黒いモヤモヤとした煙が上がり、その姿を覆っていく。
 と、次の瞬間には月光色の稲光が走ったかと思うと、ゼフィアンの懐に二対の武器を構えたクロロが潜り込み、右手に握る刃を振るった。
「っ!」
 およそ常人の域を逸脱したクロロの剣速に圧倒されながらも、さすがは魔王といったところ……ゼフィアンは完璧に反応し、氷の剣を作ってギリギリで防いだ。
 しかし、直ぐに左手に握られた鞘がゼフィアンの腹部に突き刺さり、ゼフィアンは苦悶の表情を浮かべて後方に吹き飛んだ。
「あぁんっ」
 そんな官能的な悲鳴を上げるものだから、クロロは思わず顔を赤くしてしまった。
「な、なんて声出すんですか!」
「いたた……貴方の所為なのだけれどねぇ」
 ゼフィアンは悪態をつきながらも、どうしようかと考える。
(あまり……魔力を使いたくないのよねぇ)
 ゼフィアンには本気を出せない理由があり、この状況で自分と同じ達人級マスターを相手にするには少々力不足……目の前の武人を倒すには本気を出すしかないが、それで勝てるとも言えないのが達人級マスター同士の戦いだ。
 だが、悲願の達成まであと少しなのだ。ここで諦めては、あと何年かかるかわかった事ではない。
「邪魔……しないで欲しいのだれけど……?」
「それは……無理な相談というものでしょう」
 そういう答えが返ってくることは分かっていたので、ゼフィアンは溜息を吐いた。
「……ここで貴方と本気で殺り合うわけにはいかないのよねぇ」
「おや、良いことを聞きました」
 クロロは言って直ぐに、霞むような速度で稲光を走らせてゼフィアンに接近する。もちろん、ゼフィアンは反応し、氷の剣でクロロの一撃を防いでいく。
「もう……聞き分けのない子にはお仕置きよ!!」
 ゼフィアンは魔力保有領域ゲートを開いて魔術を使う。
 そうして、クロロの剣術とゼフィアンの魔術の攻防が始まり、常人には見えないほどの速さで二人は平原を縦横無尽に走っていく。
 やがて、数キロ離れた山岳地帯で達人同士の剣術と魔術の攻防が激化し、山を衝撃波だけでことごとく消し飛ばした。
 ザッ……と二人は消し飛んだ山の跡の平地に立ち、再び対峙した。
「はぁ……はぁ……」
「ふぅ……ふぅ……」
 二人とも肩で呼吸を繰り返し、疲労していた。刹那の間の攻防により、通常の戦闘以上に身体よりも頭の方が先に悲鳴を上げたのだ。
「さすがに……早いわね。早漏は嫌われるわよ?」
「私は……女、です!!」
 クロロの叫び声に続くようにして、再び凄まじい攻防が始まった。


 –––グレーシュ・エフォンス–––


 俺の目の前に聳え立つ魔導機械マキナアルマは、何度も【イビル】で殴り飛ばした筈なのに傷一つない。
 本当にタフだ……タフ過ぎて帰りたくなってくるよ……本当に。しかし、その帰る場所を守るためにこうして俺は立っているのだ。ここでこいつに背中を向けるということ、それ則ち俺の道に恥じること。
 俺は……もう前世での失敗も、父さんを失ったことも……繰り返すわけにはいかない。
 そのための最強の一撃を、全身全霊で放つ。【イビル】が届かないなら、それよりももっと強く!
 いくぞぉっ!
 俺は弓を構えて矢を番える。さらに、弓技の発動のために魔力保有領域ゲートを全開にして開く。
 魔導機械マキナアルマは俺の動きを見て、動き出す。魔導機械マキナアルマの腕が再び振るい、拳を俺に向けて突き出してくる。
 だが、これを避ける必要はない。
待たせたな・・・・・
 威圧感とか、威厳とか全部を集約したような雰囲気と声が俺の鼓膜を震えさせ、眼前に迫る魔導機械マキナアルマを声の主が己の持つ長刀・・で受け切った。
「重いな」
 ギルダブ先輩が笑みを浮かべて、魔導機械マキナアルマの攻撃を完全に受け切っていた。俺でも吹き飛ばされたというのに、背後にいる俺にも衝撃が来ないように衝撃を逃がして受けている。さすがは最強の男……そして、この場でギルダブ先輩ほどここを任せられる人物はいない。
「さぁ、やれ」
 俺はギルダブ先輩の胸を借りて、弓技の構築に集中していく。
 風の元素が矢に回転を加えて貫通力を、火の元素が鏃を燃やして威力を、雷の元素が速度と威力……全ての力を底上げする。水の元素でスコープレンズを作り上げ、狙いを付ける……が、これでは足りない。これだけでは、あの頑丈な魔導機械マキナアルマの装甲を貫くには、壊すには、切り裂くには足りない。全く足りない……何もかも全て出し尽くせ……魔力だけじゃ足りないなら命を燃やせ。こいつを倒すには……ありったけの自分をぶつけるしかない。
「くっ……」
 全身から魔力がごっそりと抜けていき、直ぐに魔力枯渇に陥ったが、ここで膝をつくわけにはいかない。
 俺の構える矢は、嵐を呼び、雲行きの怪しかった空に雷鳴と豪雨をもたらした。赤く燃え上がる鏃が煌めき、矢の回転に合わせて大きな風が吹く……そして微弱に迸っていた電撃が、空の雷鳴が轟くごとに雷が強くなる。
 さあ……行こうか。
 俺は臨海にまで達した力を解き放った。
「【バリス】!」
 瞬間……閃光が走ったかと思うと辺り一帯から光が消え去り、ただ一筋の光が爆音と衝撃を撒き散らしながら空間そのものを貫いて魔導機械マキナアルマに向かって飛んで行った。
「ぬっ……くぅ」
 ギルダブ先輩もあまりの突風と衝撃に、魔導機械マキナアルマから離れる。
 魔導機械マキナアルマは迫り来る強大な力の渦に対抗すべく、その両腕を十字に構えた。
 矢の一閃が魔導機械マキナアルマの防御の上から直撃し、凄まじいエネルギーを放出する。
 風が渦を巻き、それに合わせて電撃が迸る。ジリジリと頬を焼くような熱風が吹き荒れ、全てを呑み込む。
 ズガーンッと、轟音を立てて突き進む閃光は、魔導機械マキナアルマを貫こうと牙を剥く……対して、魔導機械マキナアルマは徐々に後方へと押されていはいるものの、その硬い装甲をぶち破るには至っていない。
 まだだ!
 もっと強く!もっと鋭く!
 まだ足りない!
 もう嫌なんだ!悲しいのは!
 全部を守ろうなんて大それたことは言わないから!だから……俺は俺の守りたいものだけを守る力を!それで今は十分だ!!
 全身の血が沸騰し、血管がはち切れ、肉がズタズタに裂けていく。それでも止まるわけにはいかない。
「おぉぉおお!!」
 そして……俺の視界がブラックアウトした。


 –––☆–––


「ぐっ……」
 ギルダブは、目の前で繰り広げられている凄まじいエネルギーの衝突に吹き飛ばされないように踏ん張り、腕で顔を覆って暴風から身を守っていた。
 明らかにグレーシュの放った矢は、達人級マスターに匹敵する威力を持っているはず……それを防いでいる魔導機械マキナアルマは普通ではない。とてもオーラル皇国の技術力で作れるような代物ではない……まるでバニッシュベルト帝国の技術力で作られた魔導機械マキナアルマだと……ギルダブは思った。
 やがて、グレーシュが倒れたのを見てギルダブはまずいと感じ、咄嗟に助けに入ろうとするとが……グレーシュが倒れてもなお止まらない【バリス】の力に不用意に近づくことすら出来ない。
「くっ……グレーシュっ」
 手を伸ばすも、グレーシュにまで届くわけがない。
 もうダメかと……そう思われた時、突然【バリス】が鳴いた。どのような鳴き声なのか例えることが出来ないような……聞いたこともない鳴き声で、ギルダブは思わず視線をグレーシュから【バリス】へと向けた。
 神々しい光を放って、ただ一直線に進む【バリス】……何故かそれに見惚れたギルダブはある変化に気が付いた。
「……なんだあれはっ」
 と、ギルダブは絶句した。
【バリス】の矢を中心にして、銀色に輝く何かが【バリス】を覆って翼を広げたのだ。その姿は……グリフォンのようにも見えた。
 グリフォンは輝かしい光を放ちながら、【バリス】の勢いに合わせて、翼を羽ばたいて直進し、魔導機械マキナアルマ貫いた・・・


 –––☆–––


「…………」
 クロロはゼフィアンとの戦いの中で、幾度となく被弾し、その身に生傷を受けていた。一方のゼフィアンも、幾らかの擦り傷を受けているが、どちらも致命傷は受けていない。
 しかし、二人の戦闘の過激さは呼吸の荒さから滲み出ていた。
「くっ……はぁはぁ」
 クロロは必死に空気を取り込もうとするが、経験したこともない緊張感の中で筋肉が強張り、肺が上手く機能していなかった。
 ゼフィアンも険しい表情をして、自身に残された魔力を計算していた。
(まずいわねぇ……これ以上使うと、後の計画に差し支える……)
 ゼフィアンの頭の中に逃げるという文字が浮かび上がった時、丁度平原の方から銀色の光が発光したのが見え、ゼフィアンは何事かと顔を顰めた。
 そして、自分の用意した・・・・・・・魔導機械マキナアルマの気配が消失していることに気が付いた。
「そんなまさかっ!」
 あの魔導機械マキナアルマは、ゼフィアンが直々に地属性の魔術で作りあげた特殊な鉱物によってオーラル皇国の技術者に作らせた代物……その硬度はゼフィアンの達人級マスターの魔術ですら一撃で破壊することが出来ないほどだ。
 それが壊されるなど、ありえない……そう踏んだゼフィアンは平原の方へと駆け出した。
「なっ……いかせません!」
 クロロもその後を追って、山岳地帯跡を抜けて数キロ離れた平原に再び戻ってくると、思わず呆然とした。
「え……?」
 共に戻ってきたゼフィアンとクロロは目の前の光景に心底困惑していた。
 二人の視界に見えるのは、巨大な風穴の空いた魔導機械マキナアルマ……そして、勝利の宣言をするギルダブの姿と戦いを終えた両軍の兵士達、それぞれの喜びの姿と肩を落とす姿だった。
「やったんですね……グレイくん」
 クロロは信じていた故に、この戦いの勝利を確信していたが……やはり、嬉しかった。
 一方、 ゼフィアンは風穴の空いた魔導機械マキナアルマを見て、深く溜息を吐いた。クロロはそれで、横に立つゼフィアンに言った。
「それで……まだやりますか?」
 クロロとしては疲労困憊もいいところで、これ以上の戦闘は避けたかったが、やる気というのなら受けて立つ……と、二対の剣を構えるがゼフィアンは首を振って肩を竦めた。
「戦争が終わってしまったのなら……無駄に戦う理由もないわぁ。あーあ……まさか、あれが壊されるなんてねぇ……。お陰で計画がパーよ」
「【ゼロキュレス】の……発動ですか?」
 クロロが問うと、ゼフィアンは嵐が去った後のような晴れやかな空を仰いで答えた。
「よく知ってるわねぇ……その通りよ。私はどんな手段を使ってでも【ゼロキュレス】を発動する……そのために全て捨てる覚悟があるわぁ」
 会ったばかりの時のような、薄い笑みは浮かべておらず、その顔には憎悪や殺意といった感情が溢れ出ていた。思わずクロロは唾を飲み込み、頬に汗を一つ垂らした。
 ゼフィアンは目を伏せると、今度は自分が問い掛けた。
「あの魔導機械マキナアルマを破壊したのは……あの子かしらぁ?」
「……っ!グレイくん……」
 ゼフィアンが訊いて初めて、クロロは血だらけで倒れるグレーシュを発見して絶句した。丁度そこへ、勝利宣言を終えたギルダブがグレーシュを抱いて走っていったので、クロロは不安になりながらも一つ安堵の息を漏らした。
「グレイ……そう言うのね」
 ゼフィアンは何かするつもりなのか、視線を尖らせて言った。クロロはそんなゼフィアンに対して、同じように視線を尖らせて口を開く。
「グレイは愛称……彼はグレーシュ・エフォンスですよ。彼に何かするつもりなら……私が許しません」
 カチャリと両手に握る刀と鞘が煌めいた。ゼフィアンは両手を上げて、首を横に振る。
「何もしないわよぉ……怖い怖い」
 そう言いながらゼフィアンは、踵を返して最後にこう言った。
「出来ればもう会いたくないわねぇ……早漏は嫌いだから」
「っ!?だから、私は女です!!」
 そんなクロロの叫び声を無視して、ゼフィアンは影の中に姿を消した。
 彼女が今度はどこで、争いの種を撒くのか……それは誰も知る由のないことである。

「一兵士では終わらない異世界ライフ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く