一兵士では終わらない異世界ライフ

矢追 参

強くなった理由

 俺は挑発的に言いながら、矢を番えて焦点をエドワード先生に合わせる……と、そこでギシリス先生が何かを悟ったように口を開いた。

「なるほどな……この試合が始まってからずっと違和感を感じていたが……理由はそれか」
「違和感……エーデルバイカ殿も感じていましたか」

 はて……と俺はアフィリアとギシリス先生の会話が気になって、エドワード先生に矢を向けたままに、攻撃の意志を止めた。

「あいつは弓の方が強かった……ロングレンジでは昔から私でも勝つことは出来なかった。だから、あいつがクロスレンジで私と互角に戦っていることに成長を感じていたのだがな」

 ギシリス先生の言葉に続いて、アフィリアが口を開いた。

「その彼の剣筋は、一見熟練の剣士のようでしたが違う……彼の動きは剣を使いながらも剣術ではなかった。終始、初めの素手の時と同じ体術・・の動きをしていた……だから、剣士である我々から見て彼の動きがチグハグとぎこちなく、違和感を覚えていた……」

 なるほど……さすがに剣術の熟練級エキスパートともなると、俺のなんちゃって剣術くらいは見破れるか。
 二人の言った通り、俺がさっきまでしていたことは剣術に見えて剣術ではない。剣士殺しと言われる体術の流派……滅剣流体術というのを剣術に適応させただけ……。
 俺が本気じゃない『花に集う戦乙女ワルキューレ』を圧倒して見せているのは、この滅剣流体術のおかげってわけだ。
 もしも、彼女達が俺の使っているものが剣術ではなく体術だと見破ることが出来たなら、不用意に俺の間合いに入ることはなかっただろう。そこに気が付いたのは予想通り、アフィリアとギシリス先生だ。
 まあ……エドワード先生は魔術師だからいいとして……。
 この滅剣流は文字通り剣士相手に高い封殺力を持つ。相手が達人級マスターでもなければ、簡単に負けはしない。
 さて、種はバラされてしまったわけだし……今の俺では残念なことに、剣術で二人を圧倒することは無理だ。二人の熟練級エキスパート剣士を相手にするには、俺の剣術ではまず勝てないし、そこにエドワード先生クラスの魔術支援が加わると、どうしようもなくなる。
 となると……後は俺の十八番である弓術を使うしかない。まあ、精々見せてあげよう……俺が四年も山に篭って会得した、弓術の極意をな。
 何やら作戦でも立てているのか、ギシリス先生とアフィリアは目配せすると散開し、代わりに俺の正面六十メートルほど先からエドワード先生が、魔術を仕掛けてくる。
 速度の速い魔術で、雷の槍が幾つも飛んできた。まさに雷光の如き速さ……俺は首を捻って最初の三発ほど躱してから、少し遅れてやってきた電撃を上体だけ動かして避ける。
 俺がそうしている間に、左右からギシリス先生とアフィリアがほぼ同時に剣技を始動する気配……さらに前方でエドワード先生も大きな魔術を詠唱し出した。
 それで一時止んだ攻撃の雨……その刹那に俺は、無詠唱で固有魔術を周囲一帯に放った。

「【ディスペル】」

 俺を中心に波動の波が流れ、アフィリア、ギシリス先生、エドワード先生の三人を襲い、脳を揺さぶり、魔力保有領域ゲートで行われていた魔術的工程の全てを足元から崩れさせる。

「っ!?」
「バカなっ!!」
「むっ……!?」

 三人は同様の反応を見せ、驚愕に表情を染めていた。それはそうだ……抜群のタイミングで仕掛けた大一番の攻撃が不発に終わったのだから……そして、それで生まれた動揺によって出来た隙を見逃すほど俺は甘くない。
 俺は弓の照準をエドワード先生からアフィリアへと変更し、弦を引いた。
 アフィリアはそれに気がつくと、間合いを詰めるために先程の【刹那】という剣技で、人間の動体視力を超越した速度で急接近してきた。
 だが……、

「なっ……に!?」

 アフィリアは短い悲鳴とともに前のめりに倒れこみそうになるのを一歩踏み込んで回避する。
 今、アフィリアが態勢を崩したのは俺が【刹那】で間合いを詰めてくるだろうと予想・・して罠を張っておいたからだ。
【刹那】という剣技は確かに速い……だが、速いが故に途中で急な方向転換が出来ないのだ。だから、俺が【刹那】を使ってくるであろう進路上に無詠唱でポコっと隆起させた地面にも気が付かず、足を引っ掛けて躓いたのだ。
 それはもう致命的なミスだ。

「【錬成】」

 俺は空かさず、番えていた矢を【錬成】して硬質な矢から柔らかく作り変える……何故か……それは見ればお分かり頂けるだろう。
 俺は照準をアフィリアの足元に向けて放った。
 放った矢は勿論アフィリアの足元に向かって飛んでいき、アフィリアはそれを目で追っていく。もしも、普通に放っていれば避けられていたかもしれないが……この矢はアフィリアでは避けられない・・・・・・
 放った矢は地面に衝突すると、ビヨヨーンと縮んでから力を溜めてもう一度宙に跳ねた・・・
 跳弾……それは銃弾が壁などに当たることで起きる現象だが、本来矢では出来ない……しかし、矢の性質を【錬成】で作り変え、正しい角度と力を加えて放つことで可能となる……矢での跳弾!
 地面から跳ね返った矢はアフィリアの顔の直ぐ横を通り、大きく大気が震えたことでアフィリアの脳が揺さぶられて意識を失い、その場で倒れこんだ。
 跳弾した矢は、それで止まらずにある程度まで空高く跳び上がると、自然落下で地面に落ちていく。
 俺はそれに向けて軽く矢を放ち、宙で跳弾させた矢が今度はエドワード先生目掛けて飛んでいく。

「……くっ」

 突然の奇襲に魔術師であるエドワード先生では対処出来ず、アフィリアと同じようにして地面に崩れた。
 そして、再び地面を跳ね返ってきた矢は俺の方へ向かってくる……この矢は跳弾性を付加させるために柔らかくなっているが当たれば普通の矢と同じで刺さる。そういう風に作ったからだ。だから俺は、魔力保有領域ゲートを解放し……、

「【イビル】」

 と固有地属性魔術である【イビル】を使って、己の足を超合金に固め、飛んできた矢を蹴り飛ばして跳弾させた・・・・・・・・・・・
 スパンっと風鳴りが響き、ギシリス先生に向かって飛んでいくが、さすがに人間を超えた知覚器官を持つ獣人である。寸前で首を傾げて躱された。
 さすがに跳弾矢も運動エネルギーを使い果たしたようで、カツンっと壁に当たると沈黙した。
 だが……これで残るはギシリス先生一人のみとなった。つっても、ギシリス先生は熟練級エキスパートの剣士の中でも群を抜いて強い……まず、獣人としての身体能力が馬鹿げている。恐らく、その気になれば人間の反応速度などでは反応することも出来ない速度で接近されるだろうし、剣速も然りだ。
 五年前に俺が【ブースト】を使ってやっと勝てたレベルの相手……それを生身の俺が勝とう・・・としているのだから無茶もいいところかもしれない。それでも、俺は【ブースト】は使わない。むしろ、弓を使う時の俺には邪魔・・な枷となるからだ。
 俺は対峙しているギシリス先生を見据え、何の前触れもなく腰にある矢筒から矢を取り出し、弓を引いた。その時にはギシリス先生は動き出し、一歩で数メートルを飛んで俺の懐へ潜り込んできた。
 はやいっ!本気できてる!
 俺は一歩右足を下げて半身になり、ギシリス先生が振り下ろしてきた剣を躱す。振り終わりを狙おうとしたが、ギシリス先生は持ち前の身体能力をフルに使って全身のバネでもって、瞬時に剣を切り返してきた。
 俺は弓をギシリス先生に向けながら横に飛び、そのまま矢を放った。
 振り終わりに加え、ギシリス先生のバネを使った一振り……さすがにその後直ぐには動けない!
 俺の矢は大気を貫き、ギシリス先生のコメカミの直ぐ横を通り過ぎようとするが首の動きだけまたしても避けられた。
 俺はそこで一度距離を取ってギシリス先生へ目を向けると、ギシリス先生は直ぐに間合いを詰めて肉迫する距離で剣を振るってきた。
 ギシリス先生の豪腕から放たれる、大気を震わせる一撃に身体全身が震える。
 何という一振りだろうか……。
 だが、俺はそれに臆せずに身体を捻りギシリス先生の振り下ろす剣に背中を向けるようにして避けた。それは本来致命的な避け方……事実、ギシリス先生は勝負をかけるべく完全に俺の背後に廻ると間髪入れず剣技を放つ。
 眩い閃光と強大な力の気配が俺の背後に襲いかかる。俺はそれに対して、ただ淡々と対応した。

「【ディスペル】」
「しまっ……」

 その瞬間、ギシリス先生の動きを加速させていた魔力の力が四散し、失速……俺は背を向けたままギシリス先生の失速した刃を躱し、弦を背に回して後手に矢を引いた・・・・・・・・
 こんな姿勢で普通は真面に射ることなど無理だろうな……だが、今の俺はどんな状況どんな姿勢だろうが完璧なショットが出来る……。
 額に鏃を突き付けられたギシリス先生は、そんな姿勢で射ることは出来ない……と心中思っているだろうが、それでも動けずにいるのは俺の気迫に圧倒されているからだ。
 俺はこの態勢からでも射る……そういう気迫。
 やがて、ギシリス先生は肩を落とすと目を伏せて言った。

「……私の負けだ」

 俺は弓を【錬成】で仕舞い、笑顔で答えた。

「ありがとうございました」


 ※


 試合が終わり、暫くして日が落ち始めた頃に気絶していた全員が起き上がり、闘技場前でその人達と改めて対面することとなった。
 本当に『花に集う戦乙女ワルキューレ』の人達は美人が多い……これは一重にギルダブ先輩が強いからかな。
 強い男ほどかわうぃー女を集める……悲しい世界ですね。
 俺がドアホな思考をしていると、目の前に立つ威圧感のあるギルダブ先輩が、俺に近寄りつつ口を開いた。

「観客席から見ていた。随分と強くなった」
「ありがとうございます」

 ギルダブ先輩はそう言って、少し自嘲気味に笑った。

「ふっ……俺が育て騎士程度では相手にもならないようだ」
「あぁ……いえ、十分に強かったです。ただ、一瞬で間合いを詰めてくる剣士……つまりは速く動く剣士に対して、僕の学んだ対剣士用体術との相性が良いだけですよ」
「滅剣流体術か……」

 俺は肩を竦めるだけで、特に答えなかった。この世界に数多ある流派……俺はその流派を極めてきた様々な達人と出会い、教えを乞い、時にはボコボコにされたり……まあ、本当に霊峰では色んなことがあった。
 滅剣流は俺が学んだ技術の一つに過ぎず、まだまだ引き出しは沢山ある。
 色んな達人から異なる魔術理論を教え込まれ、異なる流派の剣術や体術、そして弓術……俺はその中から自分に最も合う知識を自身に最適化していった。
 今の俺は以前とは全く違う。強くなって帰ってきた自信がある。今度こそ間違えずに、真っ当に生きていくための力を付けてこれた。これで……この力で俺は守りたいものを守ってみせる。
 そういう決意を……志を胸に俺は帰ってきた。ここでやすやすと負けてやれない。
 ギルダブ先輩は少しの間考え込むと、何か決めたように頷いて言った。

「どうだろう……お前が良ければ俺の下で兵士として戦わないか?兵士になるつもりだったのだろう?」

 その申し出に喉から手が出かかった。ギルダブ先輩の下で一緒に戦える……それは良いことだ。ギルダブ先輩は良い人だから……この町をきっとより良くしていくために尽力してくれるに違いない……ならば、ここで家族と一緒に過ごすのも幸せな選択だろう……だが、俺は首を横に振って答えた。

「すみません……実はこれから王都へ行く予定がありまして」
「王都へ?王都で志願するつもりか……?確かに、王都で志願すれば出世するのは早いがな……しかし、何故だ?何か理由があるのか?」

 あ、そうなんだ。知らなかった……。とりあえず俺は、ギルダブ先輩にソニア姉が王宮治療魔術師として呼ばれた旨を伝えると、少し驚いたような表情をした。ギルダブ先輩の隣で聞いていたアリステリア様は、目を輝かせて割って入った。

「王宮治療魔術師!わたくし、あれに憧れていましたの……まあ、身分上神官になれずにこうしている訳ですけれど……。それにしても王宮治療魔術師ですか!この町にいながら、どうやって王宮へ売名したのでしょうか……」 

 顎に指先を当ててあれこれ考え始めるアリステリア様……売名ってあーた……しかし、俺もそこは気になる。ソニア姉の治療魔術師としての腕前は知らないが、一体どうやってソニア姉のことを王宮は知ったのだろう。何か俺がいない間に、王宮とソニア姉との間で接触する機会でもあったのだろうか……。
 やはり、こういうことに詳しいのはこの町の領主であるギルダブ先輩だろうと思って視線を向ける。
 と、何か心当たりがあるのかギルダブ先輩は思い出したように口を開いた。

「そういえば……一年か二年か……それくらい前に王都から侯爵が来ていたな」
「侯爵が……?何かあったのですか?」

 侯爵は建国当時から国を支えている貴族であり、貴族の中にある序列では王族の親戚にあたる公爵に次ぐ。
 そのような序列の侯爵が、アリステリア様のように大好きな男のもとへ来るというのなら分かるが……中々自分の領地からは出てこないと思われる。どうしてだろう?
 俺の問いにギルダブ先輩は簡潔に答えた。

「剣を教えて欲しいと」

 なるほど……。

「ただ、その時に突然の病にかかられてな。治療院から治療魔術師達を呼んだが、一向に良くならない……さすがに焦ったぞ」

 ギルダブ先輩でも焦ることがあるのか。まあ、自分の領地で侯爵が病死なんて腹切もんだろうな……想像しただけで俺も震える。

「それで困っている時にお前の姉が他の治療魔術師達と同じように【キュア】の魔術を使ったのだ。当然、何度も試したから諦めていたが……次の瞬間に侯爵は元気なっていた」
「は……?」

 思わず俺は素で反応した。他の人が【キュア】を使って治せなかったのに、ソニア姉が【キュア】を使って治した?

「……あぁ。そういえば、そんな事があったな」

 と、どうやらそれはギシリス先生も知っていたようでウンウン頷いていた。

「すごいですわね!」

 アリステリア様はそう言って、両手を合わせて笑った。確かに……しかし、どういうことだろう。ソニア姉の使う【キュア】は他の人と何か違うのか……?

「まあ……恐らくはそれで侯爵が国王に進言でもしたのだろう」

 そういうことならソニア姉が王宮魔術師ときて呼ばれたのも納得だな。俺はソニア姉の凄さに驚きつつも、「そういうことですから」とギルダブ先輩のお誘いを断らせてもらった。

「仕方がない……ならば、諦めよう」

 ギルダブ先輩は残念そうだったが、諦めたようだ。ギルダブ先輩にここまで評価されると嬉しいですなぁ……。
 ギルダブ先輩は後ろを振り返り、『花に集う戦乙女ワルキューレ』に向けて言った。

「さあ……領主邸に戻るとしよう。お前達は鍛え直しだ」
「「ハッ!」」

 ギルダブ先輩はそれからチラリと視線だけ俺に向けて、俺に訊いた。

「グレーシュ……霊峰でリフェルデュオという男に会わなかったか?」
「リフェルデュオ……?」

 訊かれた俺は、その名前を復唱して頭の中で検索を試みるが……特に覚えはない。この人がギルダブ先輩にとってどのような人物か尋ねると、ギルダブ先輩はどこか恥ずかしそうに頬を染めて答えた。

「……俺の恩師さ」
「ギルダブ先輩の……剣術の師匠ですね!」

 そうだった!ギルダブ先輩も霊峰に登っていたんだ……なるほど、そこでリフェルデュオという剣術の達人から教えを乞うていたんだなぁ……残念ながらリフェルデュオという人物には会っていない。
 他でもないギルダブ先輩の師匠……会ってみたかったなぁ……。
 ギルダブ先輩はそれだけ確認したかったようで、軽く手を振り、隣を歩くアリステリア様に合わせて歩き出した。
 その背中を暫く眺め……そこでエドワード先生が俺に告げた。

「とりあえず試験は合格だよ。卒舎おめでとう……グレーシュ君」

 その祝いの言葉に俺ははにかんだ笑みを浮かべ、その日は家へと帰ることになった。
 帰路の途中で、俺の隣を歩くギシリス先生は、耳をピクピク動かしながら俺に訊いてきた。

「そういえば……【ブースト】を終始使っていなかったが何故だ?」

 ギシリス先生の愛らしい耳を眺めていた俺は反応が遅れ、首を傾げたギシリス先生に気がついて慌てて誤魔化すように咳払いした。
 ふぅ……ギシリス先生はギャップ萌えしちゃうからついつい耳やら尻尾やら……そしてオーパイに目がいってしまう。しかも、結構大胆な服装だから鍛え上げられて引き締まった美しい曲線を描く腹筋からのオーパイの丸みは、こう……なんだか官能的だ。
 やばい……思考が十六歳男子だ。完全に思春期!イエス・思春期!!もう精神年齢はそんな歳じゃねぇけどな!
 脳的な発達の意味で、再び思春期が到来するとは思っていなかった。何だか新鮮である。
 俺はとりあえずもう一度咳払いして、ギシリス先生の質問に答えた。 

「実は色々ありましてね。【ブースト】のルーン構成を変更したんですよ」
「ルーン構成を?」

 これに反応したのはエドワード先生だ。

「はい。まあ……簡単な話、人間の身体は複数のことを極められるようには出来ていないんですけど……」

 剣術の達人が、弓術の達人になれないように……何故か?それは身体の作り方だ。
 剣術には剣術の身体の作り方があり、身体は剣術を行うのに最も適した身体を作る……弓術もまた然りだ。
 唯一例外なのは、身体を資本としない魔術だったりだ。
 でだ……俺はこの四年で弓術を極めるために身体を作っていた。だから、今の俺の身体の造りではどうしても剣術や体術を行うのに適さない。それでもある程度まで動けるが、極めることは不可能に近い。
 一度身体を作ってしまうと、他に適した身体を作るのに相当時間と労力がかかる。
 そこで俺は弓術以外も極めるために【ブースト】のルーン構成を変更し……錬成術による筋肉組織の造りを作り変え……それで剣術に特化した身体を再構成し、後は以前と同じようにパワードスーツのように魔力で身体を覆うという構成にした。
 ちなみに、錬成術で作り変えた物質はものによるが暫く時間が経つと元の物質に戻ってしまう。つまりは金を増産して市場で売れないってわけね?
 でーこの【ブースト】で剣術に特化した戦闘を継続して行えるのは最大十分である。

「とまあ、こんな具合で……さっきの試合は弓で戦うつもりだったので使いませんでした」 

 俺が粗方説明すると、ギシリス先生は頷くだけだったがエドワード先生はポカーンと口を開けて立ち止まって呆然とし、暫くして我に返ったかと思うと徐に口を開いて叫んだ。

「そ、そんなことが本当に可能なのかい!?錬成術で筋肉の組織を作り変えるなんて神業が!」
「神業?」

 ギシリス先生は立ち止まったエドワード先生の方を振り返り、その発言に首を傾げた。そんなギシリス先生に対して、エドワード先生は切羽詰まったように言った。
「神業だよ!神業!ギシリス君は錬成術を知らないだろうが……あれは物凄く難しいんだ。例えば、そこらへんの道端に転がる石ころを金属に変えるだけでも物凄い集中力が必要なんだ」

 その通り……エドワード先生の言う通りだ。錬成術は簡単そうに俺は使っているが、これがかなり難しい。
 錬成術ってのは物質を他の物質へ変換する術なわけだけど……これが思っているよりも使い勝手が悪い。
 石ころを金属にする場合を例に挙げると……石ころを金属に変える過程で術者は石ころを分子・・レベルで把握し、分子の一つ一つを金属へと変換しなくてはならない……。それが筋肉組織となると、筋肉の細胞を構成する物質から変換していかなくてはならない……。

「もしや……グレーシュ君は錬成術の達人になったのかい……?」

 恐る恐ると訊いてきたエドワード先生に俺は困ったように笑って見せた。

「さぁ……師匠に直接言われたことはありませんから」

 俺の数多くいる師匠の中で、弓術と錬成術では師匠は一人ずつしかいない。錬成術の師匠には特に何にも言われなかったなぁ……。
 俺が感慨に耽っていると、何故かギシリス先生が納得したように頷いた。俺が首を捻っていると、ギシリス先生はポツリと呟いた。

「なるほど……ギルダブは三年で帰ってきたが……お前が五年かかった理由が分かった」

 ご理解いただけて何よりです……。

「一兵士では終わらない異世界ライフ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く