一兵士では終わらない異世界ライフ

矢追 参

海底王国エーテルバレー

 ☆☆☆


 海底王国エーテルバレーは魚人族の王国だ。

 場所としてはアスカ大陸とスーリアント大陸の中央にあるバレー海峡の狭間にあり、主に漁業や酒などで他国と貿易をしている。エーテルバレーの酒は世界でも最高級品に位置しており、バレー酒などと括られている。大衆向けのもの、貴族向けのものと多種多様な種類の酒があることがエーテルバレーの強みと言える。

 そんなエーテルバレーだからこそ、数々の酒豪が集まるわけだが……集まってくるのは酒豪だけではない。エーテルバレーでは、酒が盛んになるのと比例して美食・・――料理が盛んになった。

 美味い酒には美味い飯を……そういう考え方から、エーテルバレーの食事もまた絶品であり、グルメの間では一種の聖地と化しているようだ。俺――グレーシュ・エフォンスは海底王国へ向かうため、現在ウルディアナを抱えて走って・・・いた。

「大丈夫?」

 雷電轟く中、俺の腕の中で必死に俺へしがみ付くウルディアナへそう問い掛けると、ウルディアナは痩せ我慢のように答えた。

「だ、大丈夫ですわ……」

 俺は、エーテルバレーへ向かうに当たり時間的効率を考えてメンバーを俺、ベルリガウス、そしてエーテルバレーに詳しいウルディアナに絞った。そこにどういうわけか、ベルセルフ――ベールちゃんが自発的に加わりたいと言ったので、計4名により今はスーリアント大陸を抜け、海上を稲妻が如き速さで駆けているところだ。

 さすがにウルディアナ――ディーナの身体がこの速度に耐えることは不可能だったので、俺がセルルカの【氷の障壁】を張ることでディーナの身体に掛かる負担を軽減しているところだ。

 それでも、そのあまりのスピードに怖がってるいるようで肩をビクビクさせている。ふむ……時折、発育のいいディーナの胸に指先が触れる感触が何とも……なんて思ってない。

 思ってない。

 既にイガーラを出立して数分が経過しており、そろそろエーテルバレーへ到着するだろうという頃合い。チラリと横に視線を向けると、ベルリガウスとベールが雷を纏って走っているのが見える。

 ベルリガウスが前を走り、ベールちゃんかその後ろを付いて走っていた。まるで親子で旅行でもしている風景だが……今ここにいるベルリガウスはベールちゃんの本物の父親ではない。むしろ、全くの別人だ。

「…………」

 俺は何となく居たたまれなくなり、視線をそっと逸らす。

 俺が眠っている間、バートゥの件など色々とあったようだ。本当に情けないが、今は悔いている暇も惜しい。本当は、母さんのフォローもしたかったが……母さんは、『ソニーをお願いね……?』とだけ俺に言った。他には何も言わなかった。

 俺はもっと母さんに何か声を掛けてあげられたはずだったのに……全く、今はやることが多すぎて頭が混乱してしまう。

 やがて、バレー海峡へ到着した俺たちは【エレメンタルアスペクト】の状態で海中を急降下……いよいよ、エーテルバレーへと到着したのだった。


 ☆☆☆


 海底王国エーテルバレーへ入った俺とベールちゃんは感嘆の息を漏らした。

「へぇ……すごいな」
「うわぁ……」

 何がすごいかと言うと、まずエーテルバレーの外界は完全な海中なのだが、なにかの結界で守られるようにして街中には海水が入ってきていなかった。空気もあり、俺たちは普通の状態で街中を歩けている。

 海の底にいるから外界は暗いものだが、所々で仄かに光があり、どこか夜の街並みにできる賑やかさがある。これにはベルリガウスもすこし面食らったようにしており、ディーナ以外はキョロキョロと辺りを見回しているような状況だった。

 だが……観光に来たわけではない。ディーナはそういう意味も込めてか、咳を切ると穏やかな口調で言った。

「ようこそ……ここが、海底王国エーテルバレーですわ」

 ……それから俺たちは一先ず宿を取って荷物を置き、早速セルルカ・アイスベート探しへと乗り出した。といっても、この街中にいるというのなら俺が奴の気配を感じ取れるわけだが……。

「それにしても、なんでセルルカがエーテルバレーにいるって分かったんだ?」

 俺はそう言って直ぐに後ろを歩くベルリガウスに尋ねた。

「あん?そりぁ……」

 と、続けようとしたベルリガウスは隣を歩いていたベールちゃんが級に立ち止まって何やら露店に目が釘付けになっているのを見て自分も立ち止まった。俺とディーナも気になって立ち止まる。

 ふと、ベールちゃんの見ている方向に目をやると、どうやら露店の綿菓子が気になっていたようだ。もしかしたら、食べたいのかもと思って声を掛けようとするとディーナに目で制された。

「どうしたの?」
「見ててくださいまし……」

 何か考えでもあるのだろうか。

 ディーナを信じ、ベールちゃんを暫く眺めているとベルリガウスが何やら急に頭をガシガシと掻いてベールちゃんの側まで寄り、訊いた。

「なんだぁ?食いてえのか?」
「え?……あ、あぅ……」
「はっきりしろやぁ……」
「ひぅ…………は、はい……」
「…………ふんっ」

 ベルリガウスは鼻を鳴らし、懐から金袋を出すと露店を出していた店主に言った。

「おい、その綿菓子を一つ寄越しやがれ。これで足りんだろぉが」
「毎度あり〜」

 ベルリガウスは普通にお金を払い、棒に刺さった綿菓子を一本受け取るとベールちゃんに無言で手渡した。最初こそ、困惑していたベールちゃんだったがベルリガウスの行動の意味を理解するなり嬉しそうな顔で綿菓子を受け取り食べていた。そして、美味しかったようで満面の笑みを浮かべる。

 ベルリガウスはベールちゃんの幸せそうな笑みを見ると満足げに頷き、ベールちゃんの頭を少し乱暴に撫でて言い放つ。

「たくっ……ガキが遠慮なんかすんじゃあねぇ。欲しけりゃあ口に出して言うんだぜぇ?前にも言ったけどよぉ……ガキはガキらしく目を輝かせてりゃあいいんだぁ」
「…………うん!」

 ベールちゃんはベルリガウスから恐怖を感じなくなったのか、とても自然な笑顔を浮かべて綿菓子を食べた。ディーナはそれを自分のことのように微笑み、誰にも聞こえないと思ったのか呟いた。

「少し……羨ましいですわ」

 俺は一瞬、ディーナも綿菓子が食べたかったのかと思ってしまった。まあ……さすがにそんなわけないかと俺は肩を竦めた。

 そんな感じに、ベルリガウスが意外とベールちゃんに優しいという一面を知りつつベルリガウスは先ほどの質問を、若干を頬を赤くしながら答えた。

「……あいつは美食家だかんなぁ。エーテルバレーは飯もウメェし、酒も上等……あいつにとっちゃ楽園だなぁ。だから、戦いの傷を癒すとしたらここってぇわけだ。それに……あいつはネコ科だ」
「え?それってどういう……あ」

 俺がベルリガウスの言葉の真意を図ろうとしたところで、近くにセルルカの気配を感じた。

「近くにいる……」

 そう言うと、ベルリガウス以外の緊張が高まる。

 俺たちはそのままセルルカがいると思わしき……とある酒場の前までやってきていた。途中途中、見目のいいベールちゃんやディーナがいることで酔っ払いに絡まれるが、そいつら全員ベルリガウスを見ると血相変えて逃げ出してしまった。

 うん、楽だ。

 自分で言うのもなんだが、俺には凄みがないらしくてどうにもその手の撃退方法が悪い。大抵はペコペコ頭を下げるのが俺である。その点、ベルリガウスの男らしさといったら……なんだか悲しくなってきた。

 そして……店の中に入った俺たちは誠に信じられない光景を目にした。

 酒場の店内――その奥の隅で黒いパーカーで猫耳付きのフードを被った長身の女の子が座っていた。フードの隙間から見える水色の綺麗な髪と、透き通るような白い肌、そして気配からまず間違いなくセルルカだと分かった。

 しかし……驚いたのは、セルルカが魚をまるで餌を与えられた猫のように食べていたからだ。そう……皿の上に置かれた生魚に齧り付く様はまさに猫。

 ふと、セルルカの猫耳がピクピクと動いたかと思うとこちらにバッと振り向いた。魚に齧り付きながらである。そして、俺たちを見るや否や齧り付いていた魚をポトリと口から落とし、続いてこう鳴いた。

「ニャッ!?」




「一兵士では終わらない異世界ライフ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く