一兵士では終わらない異世界ライフ

矢追 参

エリリー・スカラペジュムの幸福1

 ☆☆☆


腐肉と骸の皿ヴァイス・ディカルゴ】……それはこの世全ての痛み、妬み、憎しみ、恨み――悪という悪の集合意識。邪悪の塊にして、諸悪の根源。醜く、悍ましい人間の側面。これはそういう存在であると、直感的にノーラントは感じ取る。クーロンもそれは同じで、険しい表情を見せた。

 空に浮かぶ三日月に歪んだ口から、唾液のように黒いものがダラーっと垂れてくる。汚臭に二人は思わず顔を背けそうになるが、何が起こるか不明なこの状況でそんなことができるはずもなかった。

 黒い液体は地面へ降り立つと同時に地面が溶け出し、蒸発――その液体は人のような形を取り、大地に立つ。さらに黒い液体が垂れ、黒い人間のようなものが数十人、数百人と数を増やしていく。それは……人間の悪という側面を体現したかのような醜い姿だ。

『jj_gs@jmmd@』

 そしてそれは、言葉を話した。何の言語か判断できないが……雑音のような声がたしかに聞こえたのだ。刹那、怒号のようなシャルラッハの声が轟いた。

「正気かバートゥ・リベリエイジ!!みな、儂の後ろで身を守るのじゃあ!!はやくせい!」
「っ!」
「……っ」

 あの温厚なシャルラッハが本当に焦り、叫ぶ。その焦りに触発され、これは只事ではないと敵も味方も関係なくシャルラッハの背後に隠れるように走る。シャルラッハは同時に、『黒い人間』がこちらへ来る前に詠唱を始めた。

「〈神よ・我が願いを叶え給え・神よ・救いの声を聞き給え・我が声を聞き届けたならば・我は貴方にこの身全て捧げよう〉……【慈悲深き断頭聖母シャルル・マリアンヌ】!」

 そう叫んだシャルラッハの前面に、慈悲深い微笑みの表情を浮かべた巨大な聖母像が剣を持って出現する。神々しさと、剣という俗物さが混ぜ合わさった違和感の塊のような存在……そんな印象をノーラントは受けた。

 ノーラントはシャルラッハの背後で、【慈悲深き断頭聖母シャルル・マリアンヌ】と【腐肉と骸の皿ヴァイス・ディカルゴ】が衝突する様をどこか遠い目で眺める。その光景はあまりにも凄惨で、悍ましく……そして現実離れした戦いだった。

 慈悲深き聖母は微笑みを讃えながら手に握る巨大な白い斬首剣で黒い人間の首を切り落とす。だが、およそ液体で構成されていると思われるその黒い人間達は忽ちその肉体を再生……させるが、これはシャルラッハの神聖属性の為か、再生した黒い人間の身体は次第に浄化され、蒸発するように消える。

 その消える瞬間……黒い人間はこの世のものとは思えない断末魔の後に消える。聖母はそれに対して、ただただ笑みを深めて次々と斬り殺す。だが、どれだけ斬り殺しても黒い人間は次々に生まれ落ちる。

 大地は溶け、いつしか草原は不毛の地へと変わる。聖母の一振りで地面が裂け、大地がめちゃくちゃになっていた。

『伝説同士の戦いは大陸に影響を及ぼす』

 これはそういうことだった。

『Laaaaaaaa――』
『『『mtn&p@@@_pmb&_@#!!』』』

 聖母の大気を震わせる声と、虫のような音を立て進軍する病魔の大群。聖母の周囲ではオーロラのような光の幕が降り、黒い人間達はそれより先には進行してこない。おかげでノーラント達がいるところまで来れない……。

 だが、おそらく聖母が――シャルラッハが倒されれば光の幕は消える……それくらい見ていれば誰にでも理解できた。

 だからこそ、この瞬間に起きた最悪な事態にクーロンはいち早く行動を起こした。なぜなら、このタイミングがバートゥにとって最高だと判断できたからだ。

 ガキンッ

 キリキリとクーロンの愛刀と、エリリー・・・・の剣が交差した。

「「っ!」」

 突然の出来事に全員が困惑する……そんな中でこの状況を即座に理解したのはエキドナだ。彼女はバートゥの下で働いていたことがある。知らないはずがない……バートゥの精神汚染並びに精神支配のことを。

「以前はそれで大変迷惑掛けてしまいましたからね。同じ手は、私に通用しません」

 クーロンは虚ろな瞳のエリリーを通して、悍ましい笑みを浮かべたバートゥへ言い放つ。バートゥは何が楽しいのか、笑って返した。

「きひひひっ!いやいやぁ、さすがデスね。どーもシャルラッハさんの力が強いせいなのか……もっとも精神力が弱そうな女性を対象にしてみれば……あーらぁ不思議ぃ?不思議ぃいいぃ!!なぜかこの私の魔術が弾かれ、痛いげな少女に精神支配の術が掛かってしまいましたねぇ。きひひひひひひひ」

 最も精神力が弱そうな?と、全員の視線がラエラへ向いた。そういえば、ノーラントとクーロンの戦闘が始まって以降もずっとラエラは二人の戦闘を見つめていたし、バートゥが現れてからも何も言わない。シャルラッハに促されて走った時はエキドナがラエラの身を守りながら移動し、今現在に至る。

 そう、非戦闘員でこんな現実離れした伝説同士の戦いを目にした日には卒倒しそうなラエラが目を逸らさず、叫び声や悲鳴も上げずに戦いの様子を見ていた。

 ここに来て漸く、ラエラ・エフォンスという存在の異常さに気が付いた。

(エキドナのバカ!ご主人様とソニア様のお母様、普通で普通なお母様のはずがないじゃない……)

 たが、今はそれに気を取られている場合ではない。エリリーがラエラの代わりに精神支配を受けてしまったのだ。エリリーの精神は、ノーラントとクーロンの戦闘が開始されてからずっと不安定だった。それに付け込まれた形となったのだ。

「目をお冷まし下さいませ!」

 短期間だが同じような考えを持った仲間として共にいたエリリーに少なからず仲間意識があるウルディアナは、クーロンと交差した剣をキリキリと押すエリリーにそう呼びかける。が、反応はない。

「全く……世話の焼けるものだな!」

 ベルセルフは即座に【エレメンタルアスペクト】を使い、エリリーに接近する。しかし、ここで驚いたことにエリリーはクーロンとの鍔迫り合いを止めるとどういうわけかシャルラッハの背後という安全地帯から、自ら脱した。

「っ!?」

 その奇行にベルセルフは驚き、同時にバートゥから甲高い笑い声が響いて来た。

「きひひひひひひひひひきひききひきひひ?いえねぇ?実はいいことを思いついたのデスよ……そこで仲間同士争わせても面白いデスがぁー?しかしぃ、もっと面白いことを思いつきましたぁ」
「面白いこと……だと?」

 シルーシアの問いに、バートゥは勿体ぶるように答えた。

「きひひ?見れば分かりますよ〜」

 ……全員の視線がエリリーに向かった。そして、全員気付いた。バートゥがエリリーに何をさせようとしているのかを。

 エリリーはシャルラッハの安全地帯が出ると、黒い人間に向かって走り出したのだ。そう、あの大地を不毛にする溶ける液体で構成されたものに……。

「……っ!!」

 ザッと地面を蹴って動き出したのはノーラントだった。安全地帯に留まる面々の中、もっとも彼女と時を共にしたノーラントが、死にに行くエリリーへ向かって駆け出した。

 圧倒的膂力を持って、ノーラントは一足でエリリーとの距離を埋めるとその手を取ってエリリー止めた。

「エリリー!」

 と、呼びかけるノーラントの言葉も虚しく……エリリーはまるで邪魔な物を切り捨てるかの如く、己の剣をノーラントの心臓に深々と突き刺した。



「一兵士では終わらない異世界ライフ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く