Reverse cross

陰東 一華菱

第二十五話:共存の道

 翌朝。
 リガルナは外で眠り、日が昇る前に目覚めた。
 特別、アレアがいるからと言うわけではない。いつもの通りの目覚めだ。
 朽木に背中を預けたまま眠っていたリガルナはゆっくりと起き上がると、遠く彼方に登る朝日を目を細めて見つめた。
 人間など、信用ならない……。
 昨晩自分が言った言葉を改めて心で噛み締め、きつく拳を握り締める。
 正直、彼女があんなに必死に食い下がってくるとは思わなかった。少し脅せば素直に聞き入れて飛び出していくものだとばかり思っていたのに、彼女はそれを拒み続けていた。
 昨日感じていた彼女のへの違和感が何なのか、まだよく分からない。それが分かれば、彼女が頑なに拒む理由も分かるはずだが……。
 そこまで考えて、はたと動きを止める。
 そんな理由を知ったところでどうするわけでもないのに、なぜそんな風に考えてしまったのか。
 リガルナはクシャリと自分の前髪を掻き上げ、苛立ったように舌打ちをした。
「くそ……」
 調子が狂う。下手に関わってしまったばかりに不愉快な気持ちをする事になるとは後悔しかない。
 やはり彼女は消すべきだ。そうでなければ問題は大きくなっていくばかりだ。何より、あれだけ頑なに決めていた自分の決心が揺らいでしまいそうで落ち着かなかった。


 完全に日が登り、空一面に青が広がる頃になってアレアが起きてきた。洞窟の壁を辿り入り口付近に辿り着くと同時に背後から声がかけられる。
「まだいたのか。俺は日の出と共に去れと言ったはずだが……」
「!」
 突然の事にビクリと体が跳ねる。
 おそるおそる背後に居るリガルナを振り返ったアレアは、彼の射抜く眼差しに怯えの色を露にした。
 リガルナは腕を組み、木にもたれかかった体制のまま彼女を睨みつけている。
 アレアは彼のそのあまりに刺々しい雰囲気もそうだが、昨日の言葉が引っかかっていた。
 なぜ彼はそんなに人を突き放したがるのだろうか……。
 あれからしばらく考えてみたものの、やはり一人でここを離れる事はできない。だが、相手が共に下りてくれる訳ではないことを知ったアレアは、覚悟を決めざるを得なかった。
 昨日のような冷たい仕打ちを受けることを覚悟で、震えるこぶしを握り締める。
「あの……。私……ここにいては駄目ですか?」
「……何だと?」
 不安ばかりが胸を占め、この場に留まると言う選択肢を選んだ事自体相当勇気のいることだった。が、今のアレアにはこの選択肢以外選べない状況に置かれているのも事実。
 素性が知れず、ただ冷たく当たるだけのリガルナとここで共存することを自ら提案するなど、ただ命知らずだとしか思えない。
 アレアのその言葉にリガルナは驚いたように目を見開いたが、次の瞬間、一層鋭くアレアを睨みつける。
 自分の前から一刻も早くいなくなって欲しいと思っている相手が、ここに留まりたいなどと言い出したのだから無理もない。
 体制を崩す事は無いまま苛立った様子でリガルナは口を開く。
「俺の言っている意味がわからないのか? 俺はここを出て行けと言っている」
「分かります。分かってます。でも、私……一人じゃどうしても出て行く事ができないんです。だから……」
「だから何なんだ? そんな事は俺の知ったことじゃない。さっさと消えろ」
 畳み掛けるかのようなリガルナの言葉に、アレアは再び泣き出しそうなのを我慢して頭を下げた。
「お願いします。何でもしますから、ここにいさせて下さい」
「必要ない。邪魔なだけだ」
 リガルナは苛立った様子でそう言うが、アレアは食い下がった。
「だったら、私を街まで連れて行って下さい!」
 リガルナはそんなアレアの前にズカズカと歩み寄ると、突然アレアの胸ぐらを掴み上げた。
「!」
 昨晩のように、アレアの足が地面につかないほどの高さまで持ち上げるとと鋭く睨み下ろしたまま吐き捨てるように言葉を放つ。
「理解出来ていないようだな……。お前はよほど死にたいらしい」
「ち、ちが……っ」
 リガルナは口の端を引き上げ、意地悪くほくそ笑む。
 アレアの胸ぐらを掴んでいる手とは逆の手を振りかざし風を呼ぶと、ヒュウヒュウと音を立てその手のひらに人間の体を容易に切り刻む鋭さを秘めた風が生まれた。
 そうだ、このまま殺してしまえばいい……。
 そう思った瞬間、ズキリ、といつもの頭痛がリガルナを襲う。
「……っく!」
 思わず顔を顰めるが、それを振り切るようにアレアを睨みつける。
 その気配にアレアは胸元のリガルナの腕を掴んだまま涙をこぼしきつく瞳を閉じたまま叫んだ。
「私、目が見えないんですっ!」
 アレアのその言葉に、瞬間的にリガルナの手が止まった。
「それに私を生かしたまま追い出して、私がもしあなたの事を誰かに言ったとしたら、それこそあなたの不利になるんじゃないんですか!?」
 必死になってそう言い放つアレアの言葉に、リガルナは彼女を地面に下ろすと胸元から手を離した。そして、ただ驚愕に目を見開いたまま言葉無く彼女を静かに見下ろしている。
 アレアにすれば、捨て身の発言だった。目が見えない事を相手に知られては、叔父がしてきたような目に遭う恐れもある。だが、もうここまできて引き下がる事もできず、アレアは自分の知られたくない情報を自ら漏らしたのだ。
 きつく拳を握り締め、ガクガクと体を撃ち震わせながら顔を伏せた状態で涙をこぼすアレアは、今後どんなふうな身の振りになっても仕方がないと腹をくくっていた。もしも今後、これまでと同じ目に遭ったとしても、自分は誰かを頼らなければ生きていけない人間なのだ。そこだけはどうやっても変えられる物じゃない。今後あんな目に遭っても、我慢するしかない。我慢さえしていればきっと生きていけるはずだから……。
 アレアは自分にそう言い聞かせ、しかし打ちひしがれたようにむせび泣く。
 そんな彼女を見下ろしていたリガルナは、やけにすんなりとその言葉が胸に落ちた。
 昨日感じた違和感は、そう言うことだったのか……。
 リガルナは違和感の理由を知った事で納得できた。
 確かに、アレアの言う通りこのまま囲ってしまった方がどちらかと言えば自分に振りかかる危険は減る。何より、目が見えないなら自分にとっては好都合だった。自分が世の中を恐怖に陥れている赤き魔物だとは知らずにいるなら、あの恐怖に歪んだ眼差しを向けられ蔑まれる恐れはない。そんな眼差しはうんざりだった。
 人間の事はそもそも信用出来ないのだから、このままここに留まる事を望むままにしておいた方がいいと結論が出る。
 リガルナはフン、と鼻を鳴らすとアレアに背を向けた。
「……好きにしろ」
「え…?」
「ただし、俺に近づくな」
 そう言い放ったリガルナは踵を返し食料を探しに出かける。


 道なき道を歩き、リガルナは小さく舌打ちをする。
 殺そうと思った。でも、殺せなかった。
 威嚇めいたように魔法を発動させたが、自分の中でアレアを殺すと言う概念がなかった。なぜ……?
 リガルナはこの時、自分で気づかないところで小さな安息に期待を寄せていた。
 12年以上人と関わらずに暮らしてきた。そして死に際のアレアに出会い、人間に触れた。その暖かな感覚が「共にありたい」と言う忘れたはずの記憶を呼び起こし、更には触れたか弱い感触を忘れられなくなっている。
 蔑む目や怯える目を向けられるのは、もううんざりだ。恐怖におののかれ、再び自分をなじるような言葉を聞くのも耐えられない。だが、アレアは違った。目が見えないと言う事は、リガルナには相手が近くにいる事を許すという隙を作らせるのに十分な要素を含む。
 ただ、どこか納得が行かない。出会ったばかりのアレアにうっかり心を許してしまいそうになってしまう自分に対してでもあり、殺せなかった事実に対してでもある。
 リガルナは自分の中のがんじがらめになりかけている考えに、深く眉間に皺を寄せた。

「Reverse cross」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く