Reverse cross

陰東 一華菱

第二十七話:違和感と安らぎ

 二人が共存し始めて一ヶ月が経った。
 その間、二人のやりとりは最初と何ら変わりがなかった。言葉一つろくに交わすことなく、必要以上に近づく事もなく、並行的な関係。食事は一日2回。何も言わなくともリガルナが投げ寄越してくる。アレアにしてみれば、栄養面はともかく食事を毎日のように摂れるだけでもありがたいと思っていた。
 今後も今のこの状況と変わらず、ただ黙々とした生活が続くものだとばかり思っていたが、この日は少し状況が変わっていた。
 いつも通り、アレアが目覚めた頃にはリガルナは既におらず、食料か何かを調達しに出かけている。
 残されたアレアはリガルナの気配がない事を確認すると小さく溜息をつき、いつものように洞窟の外にある小さな岩の上に座り込んでぼんやりとしていた。
「……」
 吹く風が心地よく、暖かい。きっと今日の天気は晴天なのだろう。遠くから聞こえてくる鳥の鳴き声がとても楽しそうで、こうしているだけで心が穏やかな気持ちになる。
 ここへ来てこんな時間を過ごせるようになるとは思わなかった。当初心配していたような事は全くなく、リガルナとは一定の距離を保ったまま。近寄る事もなければ離れる事も無い。その距離感が今はとても心地よかった。ただやはり気になるのは、リガルナの人を拒絶する理由が分からないことだ。
「どうしてあの人は、私を……人を拒絶するんだろう」
 考えたところで答えが出るはずもなく、それはきっとこれから先も知る事はないのかもしれない。
「それはそれで、いいのかな……」
 柔らかな風に吹かれながら、アレアはそっと呟いた。


 ふと、リガルナは山道の途中で足を止めた。
 暖かく柔らかい風が、彼の赤く長い髪をさらっていく。朽葉が空に舞い上がり、遠くへと流れて行く中、リガルナの視線はある一点を見つめていた。そこは、初めてアレアと最初に出会った場所。朽木の陰に倒れていた彼女を見つけた場所だった。
「……」
 これまで何度かこの道を通っているが、今まで一度として気がつかなかった。朽木の傍にまず山では見かけない物が落ちている事に気がついたのだ。
 朽葉が風にさらわれて動いていく中にキラリと光る物。何気なく近づいて落ち葉を掻き分けてみれば、それは小さな金色のボタンだった。
 いかにも高価な、それこそ貴族の衣服に付いていたのであろうそのボタン。朽葉の中に埋もれ土にまみれていたがその輝きは健在だった。古ぼけてはいるものの、まだここに来てそんなに日が経っているようにも見えない。
 リガルナはボタンを拾い上げると、一度周りを見回した。
 もしや、自分たち以外に誰か人間がいるのではないだろうか……。そう思ったリガルナは注意深く辺りを見回すも、それらしい痕跡も気配も感じられない。だとしたら、なぜこんな物がこの場所に落ちているのか。普通の人間ならまず不用意に立ち入らないはずのこんな森の中だ。
 落ちていた場所から察するに、これはおそらく……。
「……あいつのか」
 リガルナはじっとそのボタンを見つめていたが、確証も持てないままそれを手に洞窟への道を辿り出した。
 その場に捨て置けばいい物を、そのボタン一つが彼女の物であるかもしれない。そう思っただけで捨てられなかった。それを手に握り締めたまま山道の朽葉を踏みしめて洞窟へ戻る間、リガルナはアレアが来てから今日までの事を思い返していた。
 彼女が来てから一ヶ月。そう言えば、この所不快な夢を見なくなった。ついこの間まであれだけ頻繁に見ていた過去の忌々しい夢……。その夢を見る度に憤りを感じ、人々を手にかけてきていたと言うのに、その夢を見なくなった事でよく眠れるようにもなったし、不快な思いをする事も激減して人を殺めることもしなくなっていた。そして人を殺めようとすると起きる謎の頭痛も起きていない……。
 それもこれも、あの少女が自分の傍にいるようになってからだ。なぜ、突然そうなった? むしろこの所どこか穏やかに過ごしている自分に違和感さえ感じる……。
「……いや、違うな」
 リガルナはふと足を止め、ギュッとボタンを握り締める。
「……俺の心が、満たされているせいだ」
 リガルナはぽつりと呟いた。その瞬間、一際大きく風が吹きつけた。
 風に流される自分の髪を見つめながら、穏やかな気持ちでいる自分にこの上ない違和感と安心感を感じていた。そして、もしかしたらこの瞬間をかつても味わった事のある「幸せ」と呼ぶべきものなのではないかとも思った。
 もう絶対に味わう事など出来ないと思って背を向けてきた物に、今包まれている。そしてこの時間は彼女がここにいる限り続いていく物なのかもしれない。
 そう思うと、途端に不安な気持ちも膨らんできた。
 目の見えない彼女が、ずっと自分の傍に居続けるかどうかの保証など無い。何より、この先もずっとリガルナは自分の正体を隠し続けていかなければならないのだ。例え目が見えなくとも、「赤き魔物」がどんな人物で、どんな事をしてきたのか。彼女もそれを知らない訳が無いだろう。そしていつか自分の正体がバレる日が来たとしたら……その時自分はどうするだろうか。もう二度と傷つきたくないから、あんなにも心を許さないようにと気をつけていたのに、気付けば自然と心を許してしまっている自分がいる。こうなってしまっては、いざ正体がバレるその瞬間が来た時、きっともう以前よりも自分で自分をコントロールできなくなるに違いないと思った。
「……俺は、バカだな」
 自嘲するように口の端を引き上げて笑った。
 会話もなく、触れ合うわけでもない。それでもこうして傍に誰かがいてくれるだけで、自分の中にあった負の感情が緩和され、安心を得られている。
 いつまでも浸っていたいこの安心感と、いつか正体がバレるかもしれない不安感が隣り合わせなのは、これからもずっとどうやってもついて回るに違いない。
 何気なく、リガルナはボタンを握り締めている手を見つめた。
「本当の俺がどんな奴か、あいつが気づいた時は……」
 その瞬間にきっと、躊躇う事無くこの手で彼女を葬る事になるだろう……。
 心の奥がズキリと痛むのを感じながら、リガルナは密やかにそう考えていた。

「Reverse cross」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く