Reverse cross

陰東 一華菱

第二十八話:似るはずも無いもの

 リガルナはギュッとこぶしを握り締め一歩一歩、洞窟へと足を進める。やがて目前にそれが見えてくると、思わずリガルナは足を止めてしまった。
 アレアは、洞窟の前にある岩の上で、呆然とした表情のまま見えるはずもない空を見上げて過ごしている。
 その目は、これまで生きてきた人生の中で何の喜びも知らず、辛い事ばかり背負ってきたであろう色をしていた。絶望にも似たその色は消え去ることはない。そして何よりそれら全てが、あまりにもかつての自分に似すぎている。リガルナはこの時初めてそう感じた。
 似るはずもないものが、アレアとリガルナの間には存在している。
 リガルナはぐっと地面を踏みしめると、この時初めてアレアの傍に歩み寄った。
 自分のすぐ傍にリガルナの気配を察したアレアはピクリと体を強ばらせ、どこを見ているともない緊張感のある俯きがちな目を僅かにこちらに向けてきた。
「……」
「……」
 長い沈黙が二人を包み込む。
 共存し始めてから今日まで、彼の宣言通りただの一度も近づかなかったのに、そのリガルナ自身が突然自分の傍らに立った事に動揺した。
 もしかしたら何か仕出かしてしまったのだろうかと、ありもしない想像を働かせてしまう。
 リガルナは、自分から近づく事を拒否しながらこうして自ら歩み寄った事で、少しだけ躊躇いを感じていた。それでも、ここまで来た以上引き返せるはずもない。
「……これは、お前のか?」
 ぶっきらぼうにそう言いながらボタンを握っていた手を差し出すと、アレアは不思議そうな表情を浮かべたまま小首を傾げた。
「手を出せ」
 言われるままにアレアがそっと両手を出す。ポトリ、と差し出されたアレアの手の中に先程拾ったボタンを落とすと、アレアはそれを柔らかく包み込みながら小さなボタンを指先でなぞり、感触を確かめた。
「……これは、ボタン?」
 しっかりと指でそれを確認しながらポツリと呟いたアレアは、やがてハッとなり慌てて自分のスカートのポケットを探り始めた。そしてそこに探している物がないと分かると、手にしていたボタンをギュッと両手で握り締める。
「これは、私のです。でも、どこで……?」
「お前が倒れていた場所だ」
 アレアはそれを聞き、ホッとしたような表情を浮かべるとここに来て初めて微笑んだ。
 ふんわりと、優しさの込められた愛くるしい微笑み。手にしたボタンを大切そうに握り締めたまま、嬉しそうにリガルナの方へ顔を向けると小さく頭を下げた。
「ありがとうございます。これは形見なんです。無くした事にも気づかないままだったなんて、私、バチあたりですね……」
「……」
 リガルナはこの時、動けなかった。
 アレアが心底嬉しそうにして微笑んだ。緊張感も不安感も何も感じられないその微笑み。どうしてなのか、目が離せなくなっていた。言葉はもともと多くないが、それでも少ない言葉数が更に減ってしまう。
 何も言わずただ自分を見下ろしてくるだけのリガルナに、瞬間的にアレアはいつものような固い表情に戻ると、怯えたように顔を俯けた。
「あ、あの……ごめんなさい……」
「……」
 何に対して謝罪の言葉を述べたのか、アレア自身もよく分かっていなかった。ただ、無意識に謝らなければと言う思いが働き、何でもないことに対しても謝罪してしまう。
 これまでの環境が、彼女をそうさせてしまったのだろう。
 リガルナはアレアからふぃっと視線を外し、そして手にしていた食べ物をいつものように投げ寄越すのではなく、そっと手に握らせた。
「え……?」
「……」
 突如として手渡された事に、アレアは驚きを隠しきれない表情のまま再び顔を上げた。
 かけてくる言葉はないが、リガルナはしっかりと彼女の手に食べ物を握らせて、傍を離れた。そんな彼の行動に、驚かないはずがない。
 一体どうしたと言うのだろうか? 今日のリガルナは、これまでの彼とは別人のようだ。
 戸惑いと困惑と、そしてほんの少しの嬉しさを胸に秘めて、アレアは受け取った食べ物をボタンと一緒に胸に抱き寄せた。
「あの……」
「………」
 おずおずと声をかけてくるアレアに対し、リガルナは何も言葉を返さなかった。
 アレアは返事を返さないリガルナに小さく礼を述べ、こちらに背を向けて手渡された食べ物に口をつけ始める。そんな彼女を、いつものように少し離れた場所で座り込んだリガルナは、手にしていた果実に口をつける事もなくただじっと眺めた。
 彼女の行動に目を見張ることはしばしばあったが、こうしてじっと見つめるのは初めてかもしれない。
 今までは、どこか危なっかしい動きを見せる彼女が何となく視界の端に映ったから、などと言う理由だけで見ていた事の方が多かった。だからと言って別段手を出すわけでも、口を出すわけでもなく見ていただけなのだが、今は気持ちが明らかに違うものになっていると自分でも分かった。
 つい先ほど、自分の中にある彼女の存在がどういうものなのか思い知ったせいかもしれない。目が離せなくなっている自分に驚いた。
 なぜだろう。何か気になる……。それに先程始めて見た彼女の笑顔。それがやけに印象的で瞬間的に脳裏に焼きついて離れなくなっていた。
 これまで穏やかだった気持ちに新たな変化が生まれようとしている。それが何なのか分からず、しかしそれはとても心地よい物であると、感じていた。

「Reverse cross」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く