Reverse cross

陰東 一華菱

第三十九話:奇跡の贈り物


――目が見えたら、どんなにか素晴らしいんでしょうね……。

 何度となく呟いていたアレアのその言葉が、やたらとリガルナの耳について仕方がない。
 チラリと横をみやればアレアがスヤスヤと静かに寝息を立てて眠っている。顔色が悪いのは雨に打たれたからか、突発的に起こした発作のせいだろう。
 乾いた藁を敷いた石段の上で、お世辞にも暖かいとは言いがたい薄い布を一枚かけて眠るアレアの横に座ったまま、リガルナは静かに彼女の横顔を見つめていた。
「……」
 何気なく持ち上げた手をアレアの頬に伸ばしかけてピタリと止まる。そしてきゅっと拳を握り締めた。
 生い先短い彼女の事を思うと、何かしてやりたい気持ちに包まれる。だが、それでもこの手で彼女を抱きしめる事も、自分から触れる事も躊躇ってばかりだった。
「……」
 リガルナは短いため息を吐いて、握り締めた拳を下ろす。
 彼女の傍にこうしてリガルナがいるのは、アレアがリガルナの服の裾を掴んだまま離さずにいるからだ。
 振りほどく事も出来た。でも、リガルナはそれをしなかった。ただ隣で安心したように眠るアレアをじっと見つめていると、自分の心も穏やかでいられる。
 彼女に出会わなければ、こんな気持ちを再び味わう事は出来なかっただろう。
 ずっと、長い間心の中で求め続けた安息。互いを必要だと認め合えるかけがえのない絆……。
 彼女がいなければ、自分はあのままただ崩壊の道を辿っていたに違いない。より多くの人々の命を奪い、この手を血に染め上げ、完全な魔物と化していたに違いない……。
「……だから、俺にはこれから先もお前が必要なんだ」
 目を細め、自分でもらしくないと感じる言葉が口から零れ出た。
「必要、なんだ……」
 繰り返した言葉に、リガルナはきつく目を閉じてその言葉を噛み締める。
 大切だから失いたくない。もうこれ以上の物は何も望まないから、どうか彼女を自分から奪わないで欲しい……。
 そう願わずにはいられなかった。
「……」
 ふと、その時何かを思いついたリガルナは、自分の握り手を見つめた。
 幼い頃から何も目に映らないと言うアレアの瞳……。先天性の物であって薬でどうにかなるものではない。手術をしても見える確率は皆無に等しい。だとすれば、魔法は……?
 ぎゅっと手を握り、もう一度アレアに視線を向けた。
 もしもこれが万が一にも上手くいったとしたら、彼女は喜んでくれるに違いない。……でも。彼女に自分の姿を見られるのが怖い。心を許しあってきたからこそ、自分の姿を見た瞬間に恐怖におののかれるその姿を見るのが、怖い……。
 だが、一生に一度、ほんの瞬間的にでも当たり前のように見える世界を見せてやれたら……。そう思う方が強かった。
 リガルナはしばらくアレアを見つめていたが、覚悟を決めると一か八かの賭けに出てみる事にした。
 ゆっくりと伸ばされたリガルナの大きな手がアレアの目元を覆い隠すようにかぶせられる。するとアレアはそれに気がつき、目を覚ました。
「……リガルナさん?」
「静かにしてろ」
 何をしようとしているのか、理解できないままアレアはリガルナに言われるがまま静かにしていた。
 やがてアレアの目の周りにほんのりと熱が帯び、それは次第に熱く感じるほどにまでなる。そして目元を熱くしているその熱は体全体を温め始め、アレアの顔色が俄に良くなっていく。

 どれくらいの時間そうしていただろう。外で降り続く雨の音を耳に受けながら言葉もなく静かな時を過ごしていた二人の間に会話が戻ったのは、かなりの時間が経ってからだった。
 アレアの目元にかぶせられていた手がすぅっと離れると同時に、リガルナが声を掛ける。
「これは一か八かの賭けだ。保証はない」
「え?」
 意味が分からず閉じていた目を開こうとしたアレアを、リガルナはすかさず止めた。
「待て。……一つ、俺から言わせてもらう事がある」
「何ですか?」
「もし、今から見えたものがあったとしたら、それは俺の真実の全てだ」
 真剣な声で話すリガルナに、アレアは小さく笑い声をたてた。
「どうしたんですか? 私、目は見えませんよ?」
「もしもの話だ。……たとえお前の目に何が映っても、驚かないで欲しい」
 あまりに真剣に語るリガルナの言葉に、アレアは笑みを浮かべたまま小さく頷き返した。
「はい。分かりました」
「……ゆっくり、開けてみろ」
 リガルナに促され、アレアはゆっくりと瞼を持ち上げる。ゆっくり、慎重に瞼を押し開いていく。
が、そこに広がるのは相変わらずの闇。瞬きを繰り返し、そしてアレアはリガルナの方を振り返りながらその体を起こして小さく微笑んだ。
「ごめんなさい。やっぱり、前と変わりないみたいです。でも、リガルナさんは何かを私にしてくれたんですね。ありがとうございます」
「……いや」
 淡い期待もどこかに抱いていたが、やはり魔法が効くはずもない。
 リガルナは小さく溜息を吐き、落胆と安堵感の入り混じる複雑な気持ちのまま、アレアからふっと顔をそらしたその瞬間だった。
「あっ……」
 アレアは小さく声を上げ、リガルナの方を見たまま心底驚いたような顔を浮かべていた。
 リガルナはアレアを振り返ると、アレアは自分の目元を微かに震える手で押さえていた。
「……な、に? これは……」
「どうした?」
 リガルナが声をかけると同時に、アレアの目がパッとリガルナの目を捉えていた。そして食い入るようにじっと見つめてくるアレアの瞳が微かに揺れ、ポロッと涙が伝い落ちる。
「嘘、でしょ? こんなの……」
「……」
「見える……見えるの。目が、目が見える!」
 感極まるアレアの喜びの声が響き渡る。
 ボロボロと零れ落ちる涙を拭う事無くアレアはまっすぐにリガルナを見つめ、そして両手を伸ばしてリガルナの頬に触れた。

「Reverse cross」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く