Reverse cross

陰東 一華菱

第四十五話:死闘

「手を休めるな、続けろっ!」
 セトンヌの言葉がかかるよりも前に、次々と攻撃を繰り返す地上の兵士と魔術師たち。だが、どの攻撃も一向にリガルナに当たる様子がない。まるで踊るように宙を舞い、全ての攻撃を打ち砕くリガルナにセトンヌが小さく舌打ちをする。
「舐めた真似をしてくれる……っ」
 かすり傷一つ負わせられない現状に、セトンヌは歯噛みした。彼自身も、ここまでリガルナが力をつけていたとは思っていなかっただけに、とんだ誤算だった。
「どこを見ている」
「!」
 どこかに隙があるのではないか。その事に気をとられていたセトンヌの隙を突いて、リガルナは彼の後ろに素早く降り立った。
 弾かれるようにセトンヌが背後を振り返るが早いか、リガルナは彼の体を軽くトン、と叩くように手を突き出すと同時に激しい衝撃波にセトンヌが吹き飛ばされた。
「くっ!」
 セトンヌは弾き飛ばされてバランスを崩したが、砂塵を巻き上げながら地面の上を滑るように身を低くして体制を立て直す。だが目にも止まらぬ速さで間合いを詰めてきたリガルナの、唸りを上げて飛んできた蹴りは、寸でのところで身構えたセトンヌの右の上腕を激しく蹴り上げる。
「……っ!」
 強い衝撃を受けたセトンヌは俄によろめくが、すぐに態勢を整え手にしていた剣を横一文字に斬りつけた。
 リガルナは「消えた」と表現した方が良いほどに素早く彼の前から退くと、上空からセトンヌに向かい、手の平を突きつける。
 リガルナを追って上空を見上げるセトンヌ達の足元で、小さな小石がカタカタと鳴り始めた。
「……?」
 セトンヌも兵士や魔術師たちも一瞬そちらに気を取られた。そして次の瞬間、ドォーンッと言う激しい爆音と共に、地面から激しく突き上げてくる衝撃がランダモーネ城全体を揺るがした。
 到底立ってなどいられない程の激しい揺れは、徐々にその威力を増して行く。
 セトンヌは咄嗟に地面に剣を突き立てその揺れの衝撃に備えるが、城壁が端からガラガラと派手な音を立てて崩れていくのを目の当たりにする。そして再びリガルナを睨み上げると、上空から冷たく見下ろすリガルナと視線がかち合い、ニィッとほくそ笑む彼の笑みを目視した。
 地上からでは、奴の攻撃に対抗できない。せめてもう一度地上に降ろすことが出来たら……。
 そう考えたセトンヌは激しい揺れに足場が心もとない中、足を踏ん張り地面に突き刺した剣を引き抜くとそれを槍を持つかのように構え、力いっぱいリガルナ目がけて投げ上げた。
「……っ」
 ヒュッと音を上げ空を切りながらセトンヌの剣が飛び、ひょいと避けたリガルナの頬を微かに掠め通った。剣が再び地面に落ちていく所を、すかさずリガルナは掴み取る。
 リガルナの手元に渡ったセトンヌの長剣。その長剣を手にしていたリガルナは冷ややかな視線を注ぎながら、セトンヌを見据える。
 派手な音を立て端から崩れ落ちていく城の頂上で、憎々しげに睨み上げてくるセトンヌの眼差しがリガルナを苛立たせた。
 安穏とした人並みの生活を送ることが出来ている、いや、それ以上の名声も栄誉もほとんどの恩恵を受けた人間に、自分の持つ苦しみなど分かるはずなど無い。傍に置いて置きたいと思うものも意図的に排除され、この手には何も残されない。
 人生で唯一、大切にしたいと思う儚い夢を与えてくれたアレア。住む場所やリガルナの全てを否定し、全てを奪い去ったにも関わらずまだ根こそぎ奪って行く彼らに、今のリガルナの胸中は怒りと憎悪しかなかった。
 彼女さえいてくれたら、もう何もいらないはずだった。全てを受け入れてくれた彼女だけが傍にいてくれたら……。
「貴様のような輩に、殺られるか!」
「……」
 足場が音を立てて崩れ去るセトンヌのその言葉に、リガルナはカッと目を見開くと突如上空から急降下しセトンヌの胸ぐらを掴み上げて近くの塔の壁へと叩きつける。
「うっ!」
 背中を強打し、激痛に顔を歪めたセトンヌだったが首元を絞めつけてくるリガルナの手をガッチリと掴み込んで彼を睨みつけた。
 足場は、無い。いや、実際には驚異的な力で宙に掴み上げられていると言った方が正しいのだろう。
 リガルナはそんなセトンヌをただ鋭い眼光で睨み返す。
 昔と何ら変りない、憎悪に満ちたセトンヌの眼差しは思い出したくもない過去を思い出させる。

『次に会った時、必ずお前をこの手で殺してやる』

 そう叫んでいた時の、怒りと恨みに満ちたセトンヌの目。あれから何度もその目に唸されたか分からない。自分をあざけて、否定して、そして追いやったレグリアナ全体の仕打ちはリガルナに深い傷だけを刻む。
 リガルナはギリッと手に握り締めていた剣の柄を強く握ると、それをセトンヌに突きつけた。
 その目が、目障りだ。
「……死ね」
 リガルナは手にしていたセトンヌの剣を大きく振りかざし、それを勢い良く振り下ろす。セトンヌは咄嗟に瞳を閉じた。
 その瞬間再び激しい爆音と閃光が目の前に起こり、セトンヌが目を見開くと同時にセトンヌの首元からリガルナの手が離れる。
「セトンヌ様っ!」
 崩れ行く城の中を何とか切り抜けた兵士と魔術師達が、セトンヌの応援に駆けつけてくる。
 セトンヌが足元に崩れたリガルナに目線だけを落とすと、ブスブスと音を立ててリガルナの背中から黒煙が上がっていた。
 その姿を見たセトンヌの顔に笑みが戻る。
「……ざまはないな」
「……っ」
 目の前のセトンヌに気を取られすぎた。
 リガルナは背中に食らった魔法で深手を負い、思わずその場に足をついてしまった。
 バタバタと走り寄ってくる数人の兵士たちの足音に、激痛が走り抜ける痛みに顔を顰めたまま舌打ちをする。
「捕らえろ。生きたまま捕獲し、国に連れて帰り皆の前で公開処刑だ」
 セトンヌの命に数人の兵士がリガルナを取り押さえにかかろうとする。が、それよりも一瞬早く、リガルナの頭がスッと持ち上がった。その瞬間、ブワッ! と突風にも似た衝撃波が沸き起こり、リガルナを取り囲んでいた兵士たちは一斉に後方へ吹き飛ばされる。
「な……っ!」
 周りの兵と同じようにセトンヌもまた後方へ吹き飛ばされる。そして近くに崩れ落ちていた城壁の瓦礫に強かに背中を叩きつけられ、目の前の視界が俄にブレて意識が一瞬飛んだ。
 ザッ……と地面を踏みしめる音がその直後に聞こえ、霞む視界でリガルナを見上げた。
「き、きさ……ま……」
「……お前のような人間に、やられる俺じゃない」
「……くっ」
 リガルナはセトンヌの胸ぐらを掴み上げると、激痛に脂汗を浮かばせながらも睨みつけた。同じように睨み返してくるセトンヌに対し、リガルナは失笑する。
「消えろ」
「……っ!?」
 バタタ……と二人の間に多量の血がこぼれ落ちる。二人の間には夥しい量の血の池が瞬く間に出来た。
 リガルナは目を細め真っ直ぐにセトンヌを睨みつけ、そしてセトンヌは大きく目を見開いた状態で目の前のリガルナを見ていた。
 体の中心を貫いたのは、セトンヌの剣ではなくリガルナの腕。鋭く突き立てたリガルナの腕がセトンヌの体を貫通していた。
「……ぐはっ!」
 セトンヌは口から多量に血を吐き出し、震える手で自分の体を貫いているリガルナの腕を掴んだ。
 リガルナはフン、と鼻を鳴らしほくそ笑むと鮮血をまき散らしながら勢い良く腕を引きぬく。同時にバシャッと血が吹き出し、体を支える力もないセトンヌの体は前のめりに崩れ落ちた。
「セ、セトンヌ様っ!」
 セトンヌはその場に崩れ落ち、朦朧とする意識でリガルナを睨みつける。
 リガルナは崩れ落ち、もはや自らの力で立てないセトンヌには目もくれず風を呼んで空へ舞い上がり、そして消えた。
 リガルナには手を出すことが出来ないまま、目の前で一瞬にして起こった光景を愕然とした眼差しで見ていた兵士たちは、リガルナがいなくなった瞬間呪縛から解けたようにセトンヌの元に駆けつける。
「す、すぐにセトンヌ様を!」
 周りに集まった兵士や魔術師達が、こぞってそう声を上げセトンヌの治療をする為に行動を開始する。
(マリア……)
 セトンヌは薄れる意識の向こうで、マーナリアの名を呼んでいた。

「Reverse cross」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く