Reverse cross

陰東 一華菱

第五十四話:アレアの想い

 冷たい室内。窓という窓はなく、風が通らない部屋の奥に死山から運び込まれたアレアの亡骸が、古びた木製のベッドに横たわっている。
 マーナリアがゆっくりとアレアに近づき、その表情を覗き込む。
 ほっそりとしたか細い印象を与えるまだうら若き少女。胸の上で手を組み、眠るようにその瞼を閉じている顔はとても穏やかだった。
 マーナリアはアレアのその姿を見て、彼女の傍らに崩れるようにして座り込む。

――リガルナは、彼女のことをとても大切にしていた……。

 アレアのその姿を見ればそれが痛いほどに伝わってくる。
 死して尚、そばに置いておきたいと願うほど大切に氷の棺に包んだ彼女の表情を見れば分かる。
 銀狼が言ったように、二人は心を通わせていたのだと言う事も……。
 こんなにも大切にしているアレアとの別れが、彼を暴走させたのだと思うとやりきれない。ましてそれが自分の国の兵士による物だと分かっているからこそだ。
「リガルナ……あなたの大切な人を奪ってしまってごめんなさい」
 ポロリと零れ落ちる涙もそのままに、謝ってもどうしようもない事を知りながら、サルダンに変わって謝罪の言葉を口にした。そしてそっと手を氷の棺に伸ばして触れると、ふっと氷が淡い光の反応を示す。
「あなたの言葉を私に聞かせて下さい。あなたに代わって、私がリガルナへ届けます」
 静かな口調でそう呟くと、アレアの体がそれに呼応するように仄白く光り、一筋の靄のように空中に立ち上がった。そしてそれはユラリと大きく揺らめくとアレアと同じ姿を象ってその姿を表す。
 マーナリアは怯えることなくアレアを見つめると、アレアもまたどこか寂しげに表情を曇らせたままマーナリアを見つめていた。
「……あなたとお話がしたくてここへ招きました。突然でごめんなさい」
 そう言うマーナリアの言葉に、アレアはゆるゆると首を横に振った。
「あなたの名前を教えてくれますか?」
『……アレア・グリーチェ……』
「そう。アレア。あなたの体には、まだ強い残留思念が残っています。何かやり残した事があるのね?」
 マーナリアの静かな言葉に、アレアはゆっくりと首を縦に振った。その様子を見届けたマーナリアもまた納得したように一度頷くと質問を続ける。
「あなたはあのリガルナと、どう言う関係でしたか?」
『あの人は、絶望の淵にいた私を救ってくれました……。あの人は、私以上に絶望の中にいたのに……』
 ポツポツと語るアレアの残留思念。マーナリアはその言葉を一つ一つしっかりと聞き止める。
「あなたを、この姿に変えてしまったのは私の国の者ですね?」
 事実確認も踏まえてそう問い返すと、アレアは躊躇いがちにもゆっくりと首を立てに振った。
『……でも、私、恨んでません。リガルナさんと過ごす時間が予定より短くなってしまった事は残念でした。けど、私、こうなったことを恨んでません……』
 その言葉を聞き、マーナリアは驚いたような目を向ける。
 大切な人と永遠に別れなければならなくなった原因がここにあると言うのに、彼女は恨んでいないという。その言葉にはとても深い慈愛の心を感じられた。
『私が心の残りに思っているのは、あの人にちゃんとお礼もさよならも言えなかったことです。それに、復讐の為にこれ以上手を汚してもらいたくない。傷を負って欲しくない……』
 意味深な言葉に、マーナリアは不思議そうな表情を浮かべる。そんなマーナリアをアレアは真っ直ぐ見つめ返してきた。
「……あなたは知っているの? これからどうなるのか」
 マーナリアの問いかけに、アレアはゆっくりと首を縦に振った。だが、それ以上何も語ろうとはしない。ただ静かに、マーナリアを透かして誰かを見ているかのように遠い目をすると、静かに瞼を伏せた。
『……お願いがあるんです』
「お願い……?」
 マーナリアが不思議そうにアレアを見つめ返すと、アレアはゆっくりと目を開きすぅっと手を差し伸べた。
『私、あなたの大切な人を助けます。だから、私の大切な人を助けてください』
 アレアのその言葉に、マーナリアは目を瞬いた。そして差し出された手を見つめると、その手にはキラリと光る小石のような物がある。
『私の残りの命のかけらです。これをあなたの大切な人に飲ませてあげてください。時期に目を覚ますはずです』
「……」
 マーナリアはそれを受け取ると、もう一度彼女を見上げる。すると彼女はふわりと柔らかな笑みを浮かべて、しかしどこか切なげにこちらを見つめ返してきた。
『あの人と、話がしたい……』
「え?」
『リガルナさんと、話がしたい……。ちゃんと、さよならを言いたい……。でも、今の私ではあの人に言葉を届けられないから、あなたの体を貸してください』
 寂しげにそう言ったアレアは、風に掻き消えるようにふっと姿を消した。
 呆然とアレアのいた場所を見つめていたマーナリアは、しばらくの間その場に留まっていた。が、ふと目の前で横たわり静かに眠るアレアの顔を見つめ、やがて小さく頷いた。
「……分かりました。あなたのその願い、私がきっと叶えてあげます。それが私が彼にできる、精一杯の罪滅しですから……」
 もう触れても反応を示さない氷の棺を見つめ、手の内に残ったアレアの命のかけらをそっと握り、マーナリアは部屋を出た。
「……彼女を、元の場所へ戻してあげてください。彼女が一番、安心して眠れるであろう洞窟の中に」
「御意」
 マーナリアに指示された兵士は多少面食らいながらも、頭を垂れた。

「Reverse cross」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く