Reverse cross

陰東 一華菱

第七十四話:処刑前夜の葛藤

 真夜中。
 隣で眠るマーナリアを見つめ、ベッドサイドに腰を下ろしていたセトンヌは眠れずにいた。
 昼間に、彼女が言っていた言葉。今、自分が抱えている悩み、それでいいのだと言うあの言葉。悩んで悩み抜いて、そしてリガルナを許すことが出来た時初めて自分は今の怨念の呪縛から解かれ、真の開放を得られる……。
「あなたの言う言葉は、私にはとても難しい……」
 落ち込んだ眼差しでマーナリアの髪にそっと触れ、ゆっくりとベッドから腰を上げてバルコニーへと向かい白々とした月光を降り注ぐ月を見上げる。
「許す……か……」
 許すとは、どういう事なのだろう……。これまでの残忍な行動を取ってきたリガルナを、どう許せば良いのだろうか。そもそも、許しても良いのだろうか? 罪人は罪人。許す許さないの話ではないのではないか……。
 マーナリアのアドバイスに、セトンヌは思い悩んでいた。そして自分が明日、リガルナを処刑する執行人である事で、真実を聞かされ戸惑いを隠しきれ無い内にどんな顔で会えば良いのか分からない。
 お門違いで責め続けてきたリガルナへの罪悪感。どれだけ長い間彼を追い詰めてきただろう。それは途方もなく長くて、根深い。
「……」
 セトンヌは溜息を一つ吐くと、月から視線を手元へと落とした。
 例え、自分がリガルナを許せる時が来たとしても、彼は周りを許しはしないだろう。それだけの仕打ちを受け続けてきたのだから……。
「……私は、どうしたらいいのか分からない」
 セトンヌは自分の手を見つめ、そしてそれをギュッと固く握り締める。
「このままあいつをこの手で処刑したとしたら、私は、後悔するかもしれない……」
 そう呟いて、一度かぶりを振った。後悔なら、もうとっくにしている。
 今更そんなことを言ったところで取り返しの付く問題ではない事は十分に分かっている。過ちを正すには遅すぎた。そして何より無知過ぎた……。
「くそ……っ!」
 恨んだままでいられれば良かった。あんな場所で、思いがけずに真実など聞かされていなければ良かったのに。
 ダン! とバルコニーの手摺を殴るようにしながら掴むと同時に、ふと思い出すことがあった。
「……マリア」
 セトンヌはその場から背後を振り返り、暗い部屋で先に休んでいるマーナリアに視線を向ける。
 微かにそよぐ風に、薄絹のカーテンがゆらめきその視線を遮っているが、その向こうには静かに眠るマーナリアの後ろ姿が見えた。
 セトンヌはそんな彼女の後ろ姿を見つめ、彼女が言っていた「明日の処刑に賭けている」と言っていたその言葉。それはどういう意味なのだろうか? 一体何を賭けているというのだろう。
 刑が執行されれば、リガルナはこの世に存在しなくなると言うのに……?
「君は何を賭けているんだ……」
 その呟きはマーナリアに届くことはない。
 今、自分がどんなに考えても答えが導き出されることはない。
 罪人を裁く事など今まで何度もやってきた。しかし、こんなにも心惑わされ動揺し、夜も眠れなくなることなどたったの一度もなかった。それもこれも、自分が間違っていたせいだからだ……。
「こんな気持ちになるなら、何も知りたくなかった」
 苦々しくつぶやいた言葉は、夜風にさらわれていく。
 結局セトンヌはこの日、最後まで眠りにつくことが出来ず一夜を過ごしていた。

「Reverse cross」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く