話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

G ワールド オンライン ~ユニークすぎるユニークスキル~

根宮光拓

第八話 帰路

勇人とレナの即席パーティーは未だ深い森の中をさまよっていた。
何故未だ森の中なのかというと、その理由は単純で……

「迷った……」

肩をガクリと落としながら勇人は呟く。
見栄などどうでもいい。

「えぇ、黙々と進んでるからてっきり知ってるのかと思ったよぉ」
「いやぁ、面目ない」

さっそくレナは勇人に対する評価を改める。
一つは押しに弱い事、もう一つは意外に抜けているという所だ。

「まあいいですよ、気楽に行きましょう」
「おう、武器の性能も知っとかないとな」

レナの慰めによって勇人は戦意を復帰し、森の中を歩み始める。
何故か今までモンスターに遭遇していないのは何故なのだろうかと思ったが、その矢先に二体のゴブリンが姿を現した。

「ノーマルなゴブリンか、良かった」

勇人は最初に見たゴブリンと違って、目の前のゴブリンはこれと言って特徴のない普通のゴブリンだった。
それでも何か能力を持っているかもしれないので勇人は鑑定をする。

ネーム  ランニングゴブリン
種族   亜人族
スキル  『俊足』瞬発力が上昇

「うわ、上位種かよ……」

勇人の呟きに首を傾げるレナ。
レナにとっては普通のゴブリンにしか見えないので当然だ。

「俺って運営のバグのせいで武器が無くてさ――」

勇人は今までの不幸できごとをレナに離し、その過程で鑑定スキルを手に入れたことを話した。
レナはその話を聞いて、哀れんだような瞳で勇人を見つめ肩に手をポンと置く。
どうやら勇人を慰めたようだ。

「じゃあ、その鑑定スキルで調べた結果があのゴブリンは上位種だってことかぁ」
「そうそう、ちなみに二体とも」

物わかりが良いレナに対して勇人ポンポンと頭に手を乗せる。
レナはむぅと頬を膨らませて不満げだが勇人は気付いていないふりをする。

「それじゃあ、俺がある程度引き付けるから隙を見て攻撃してみてね」

勇人は今まで待ってくれていたゴブリンにきちんとお辞儀という形で感謝の意を示し、向かっていく。
その行動にレナもゴブリンも一瞬呆気にとられるも、すぐに戦闘によって無かったことにされた。

「おらぁぁ」

勇人の気合の籠った声と共に放たれた斬撃はゴブリンに向かう。
それをゴブリンは持っていた棍棒で防ごうとするも――
あっさりと棍棒は真っ二つに裂けそのままゴブリンの体に斬撃が到達し、棍棒と同じように真っ二つになって消え去った。

「……あれ?」

あまりの出来事に言葉を無くす勇人。
精々棍棒を弾き飛ばすぐらいと思って振った結果がこれである。
驚くのは当然ともいえる。
もちろん驚いてるのはレナも同様だ。
しかしこちらは勇人の出来事を見てではない。
その視線は自身の目の前で起こったことである。

「……あれ?」

レナも同じように気の抜けた声を発する。
その原因は、レナも勇人と同じようにゴブリンを瞬殺していたからだ。
レナの場合は短剣で突きを放つと、ゴブリンは後ろに下がり攻撃は当たらないかに見たが突然レナの持つ短剣の切っ先から炎が噴射されてゴブリンを焼き尽くしてしまったのだ。

「「ええええええ」」

互いに自分の行ったことに対して改めて絶叫した二人だった。


「うん、この武器は初めから手に入って良いものではないな」
「はい、この武器は他人から貰ってはいけないものですね」

二人して自分の武器を見つめながら呟いた。
勇人は腰に差してある鞘に納め、レナは勇人へ差し出す。

「えっと、何?」

勇人は嫌な予感を感じながらも質問を口に出す。
レナはニッコリと笑って答えた。

「こんな素晴らしい武器なんていただけません」
「それは困るんだけどなぁ」

悪い予感が当たった勇人は頭を掻きながら悩む。
どうやっても受け取ってくれる言い訳が見つからないためだ。

「返さなくてもいいんだって」
「かーえーしーまーす―」

再び受け取ってくれるには無理そうだ。
ここは一か八かかけてみよう。

「残念だなー、受け取ってくれないならパーティーになれないなー」

誰が聞いても棒読みの上、わざとらしい演技をしながら勇人はチラチラとレナを見ながら呟く。
対してレナの反応は、なんと悔しそうに勇人を睨んでいた。
効果はあったのかとホッと胸をなでおろした勇人だが、その途端に何かに気付いたようにレナの表情が変わり笑みを浮かべる。

「ということは、これを受け取ればパーティーになってくれるってことですね? そうですか、では遠慮なく」
「……あ、はぃ」

特別ソロにこだわっているわけでは無いので、パーティーを組む事態はいいのだが、問題はそこではなくレナというところだ。
一体何が問題なのかと言われれば、そう問題はないのだが一人だけ勇人にデメリットを負わせてきそうな奴がいる。
その人物は何を隠そう紅谷なのだが、例えばレナと二人きりで歩いているとしよう、そこで紅谷と会うとする。
すると、何という事でしょう。
ロリコンの汚名を着せられるのだ。
勇人自体、身近に咲空というものがありながら決してそんななびく様子も見せず、周りでは男好きなのではと一時囁かれた
ほどだが、それは紅谷が身近にいるのに何もない様子からすぐに消え去った。
ならば熟女か少女趣味しか残ってないという安易な考えに至ってしまうのが学生の恐ろしさともいえよう。
もちろん冗談半分の話である。
そこに少女と二人っきりで出歩いてたという話が舞い込んで来たらどうだろう。
仮説が確証を得ることで立証され、大変なことになる。
それを面白半分で行うのが紅谷という人物なのだ。
それだけは絶対にあってはならない。
勇人は心に誓っていた。
それなら彼女を早く作ればいいのにと周りから思われていることも知らずに。

「一つだけ約束してくれ」

勇人はレナへそう切り出し、話しを続ける。

「えっとだな、見られたらメンドクサイ奴がいるんだ、そいつに見られた時を考えてあんまりくっついて歩かないでもらえるか?」

どうやっても他の解決法が見つからない勇人は自分が嫌になっている。

「どうして?」

レナは純粋にそう聞き返す。

「えっと……レナと歩いているところを見られるだな……」

どういい逃れようかと必死に考えを巡らせる勇人。
その様子にレナが純粋に気になり始めた。

「ねえ、どうして?」
「あの……だから」
「え?」

勇人の小さな呟きにレナが聞き取れずにもう一度聞き返す。

「レナと俺が恋人って思われるからだ」
「え、えっと」

レナは告白でもされたかのように顔を真っ赤にさせる。
対して勇人も告白をしたかのように顔を真っ赤にし俯いている。

今何も知らない人が見たら明らかにそう見えただろうが、残念ながら幸いなことに誰もそれを見ることは無かった。
そこに意を決したかのようにレナが顔を上げ勇人を見る。

「あの、つまりユウトさんは私と恋人に見られたくないと」

そうレナは勇人に爆弾発言する。
これは詰みだ。
チェックメイトである。
どう答えてもいい未来になる気がしないと勇人の本能が悟っていた。

「あのな、そう言う問題じゃなくてだな」
「いいから答えてください」
「すいません、えっと別にレナは可愛いから恋人に見られたって不満はない……よ」

勇人のこの発言を聞かれていたら確定でロリコン認定だろう。
そしてこう思った時こそ、誰かが通るというのがお約束なのだが……

「そ、そうですか、まあもしもの話ですよね」
「あ、ああ、そうだな」

不幸なことに幸いなことに再び誰も近くを通ることは無かった。

二人はそのまま気まずい空気を纏わせながら森を進んでいく。
途中ゴブリンに出会ったが、相変わらずのチート武器で無双状態だったのは当然の事だろう。
ずっと気まずいままでらちが明かないと感じた二人は、互いに話を掛け合い、森から出るころには若干の気まずさはあるものの元通りに戻ることに成功した。

「今日はお疲れ、もう遅いしログアウトしよっか」
「はい、勇人さん今日はありがとうございました」

そう言って二人はGWOから何事も無くログアウトした。

「G ワールド オンライン ~ユニークすぎるユニークスキル~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く