G ワールド オンライン ~ユニークすぎるユニークスキル~

根宮光拓

第十三話 GWO

勇人はあの後GWOからログアウトし、今はベットの上で寝転がっていた。
先程のアテナとの会話を思い出しながら。

「アテナさん、それでその試合はいつあるんですか?」
「それはだな、後7年後なんだ」
「え、7年後ですか!?」
「ああ、直ぐにでもあるように言ってしまったのは謝る、それにいつでも辞退して良いからな、人間にとって7年は、長い時間なのだろう?」
「まあ、そうですね」
「安心しろ、辞退しても何も言わないさ、そうだな信頼の証としてこんなので良かったら受け取ってくれ」

勇人がアテナから貰ったものはオリーブの葉だった。
勇人が困ったときにこれを投げればアテナが手助けしてくれるそうだ。
だが、神をそんなにホイホイと呼び出す気は勇人には無い。
アテナはそれを見越して勇人に送ったのかもしれないが。

「7年かぁ、あの世界ってこの世界と時間の流れ方が一緒なんだよなぁ」

勇人は7年という月日があまりにも長く感じてしまっており、ボソッと呟いた。
7年といえばもう既に勇人は社会人になっている頃だ。
それまでゲームを続けているかも怪しいものである。

「まあ、その時によるか」

勇人は自己完結し、目をつぶった。



ひとまずイベントが順調に進んでいるGWO運営組。
その部署では相変わらず忙しい様子で複数の人が働いていた。

「ちょっとぉ、リュウ、いつまで残業なのよぉ」

ミカが拗ねたようにリュウに愚痴る。
そんなリュウも彼女と同じで残業しているので文句を言われる筋合いはないのだが。

「うるせえ、まず少人数で運営しようとしていること自体おかしいんだよ」
「えぇ、そんなこと私に言われても」
「それは俺が言いたいことなんだが?」

リュウとミカは無駄口をたたきながらも順調に作業を進めていた。
すると、ミカが間抜けな声を上げた。

「あ、なんか変なプログラム起動しちゃった」
「はぁ? いい加減にしろよ」

リュウはまた仕事が増えるのは勘弁だとばかりに怒号を飛ばした。

「ごめんって、えっと、何このプログラム、GWO?」

ミカが自分が起動したプログラムを見て怪訝な表情を浮かべた。
その様子にリュウが近寄ってきてモニターを見る。

「ん? なんだこれは、このフォルダは部長のものじゃねえか」
「あれぇ、間違って開いちゃったのかぁ」
「それにしてもこのプログラムは見たこと無いな、ゲームに関連したものか?」
「って、あれ? なんか変な文字が」

ミカが画面上に現れた文字列を見て驚きの声を発する。
リュウもその文字を見て目を細めた。

「Genesis World  Operation だと?」
「まあ、頭文字はGWOでゲーム名と同じですね」

ミカとリュウは互いに見合って、このプログラムを作ったであろう人物を思い浮かべた。
その人は滅多にこの場には来ない人で、GWOの生みの親でもある人だ。

「まあ、今はそのプログラムを停止するのが優先だ」

リュウがそう言い、キーボードを打ち作業に取りかかる。
そうしてまたしても仕事が増えた運営組だったのだ。



運営が謎のプログラムを見つけたと同時期、真っ白な空間の住人はとうとうどこを取っても崩れてしまうところまでジェンガを進めていた。

「ほう、面白い、改めて造り直すは面倒だ、それを使わせて貰おう」

その人物は怪しげな笑みを浮かべて、ジェンガを指で弾いた。
すると、当然のごとくその塔は崩れる。

「さあ、人間、再び神に近づこうとした罪、身をもって思い知らせようか」

その人物はそう呟き去っていった。
崩壊したジェンガの塔だけが、その場に残されていた。


勇人は次の日、運営から何か重要なお知らせがあると聞きGWOにログインした。
エンガイストにはすでに多くのプレイヤーがおり、今か今かとGMを待っていた。

「あ、勇人じゃん、ここで会うのは久しぶりだねぇ」

そこへ勇人に声をかけたのは、咲空である。

「おう、サラ、お前も来たのか」
「もっちろん、ユウトが来ることは何となく予想出来たけどね」
「はいはい、それで、ミサキはどうした?」
「んー、迷子」

咲空はえっへンと胸を張り、答えた。
その態度に呆れた勇人は無言で咲空の頭チョップを食らわせる。

「あいた、うぅ、ユウトがいじめるぅ」
「うるせえ、ほんと適当だなサラは」

思わずため息を漏らす勇人。
対して咲空は満足げに笑みを浮かべていたのだった。
そこへ、聞き慣れた声が耳に入る。

「咲空お姉ちゃん、勝手にいなくならないでよ」

そう美咲である。

「ごめんね、ミサキちゃん、ユウトという名の人物を見つけて」
「それは言い訳になってないからな」
「あ、お兄ちゃんもいたんだ」
「はい、愛しのお兄ちゃんですよ」
「気持ち悪い」

美咲の言葉に言葉を失う勇人。
その様子にゲラゲラと笑う咲空。
そして美咲は引き気味に後退していた。

『プレイヤーの皆さん、お集まり頂きありがとうございます』

そこへ辺りに響き渡るような声が聞こえる。
その声は前回と同じように声は変えられていたので人物は同じかどうかは分からない。

『前回と同じように、バグ シヨウです』

同じのようだ。

『今回は誠に申し訳ないのですが、こちらとしましては招集をかけた覚えがないのです』

シヨウのその言葉にプレイヤー達は一斉に批判の声を発した。

「どういうことだよ」
「わざわざログインしたのによ」
「お前は元からいただろうが」
「う、貴様何者だ」

というように、プレイヤーは大声をはりあげていた。
相変わらず脇道にそれるやつがいたが。

『ただいま原因を模索している段階でして……』

シヨウは口ごもりながら言った。
そこまではいつも通りだったのだが……

『もはや、この者がこの世界の神だとはな』

シヨウよりも巨大な存在がシヨウの後方に現れ、ドスのきいた声を発した。
何かのイベントかと、期待したのだがシヨウの困惑ぶりを見るにそうではないのだろうと勇人は察する。

『我は神とでもいえばいいか、貴様ら人間を罰しに来た』

その人物は淡々と述べていく。
衝撃が強すぎてプレイヤーは誰も声を上げることが出来ていない。

『なに、滅する訳ではない、反省の機会を与えるだけだ、そうだな……この世界でしばらく暮らしていくというのはどうだ?』

その人物はプレイヤー達を見下ろし、そう提案する。
だが、誰も答えることが出来ない。
誰もが状況を飲み込めていないのだ。

『返事も出来ないか……まあ良い、我が再び姿を現すときに反省の色が見られていたならば元の世界に返すことを約束しよう』

そう言い残しその人物は姿を消した。
残された人々はただただ呆然としていたのだった。


次の日、全世界の生命体がエンガイストに降り立った。

「G ワールド オンライン ~ユニークすぎるユニークスキル~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く