『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

66話 超魔王ウルトラバイオレット・ゼロゼロナイン。


 66話 超魔王ウルトラバイオレット・ゼロゼロナイン。



「こっちだ! 走れ! 迷うな!」

 そう言って、走り出すモナルッポ。
 急な展開に混乱している三人だったが『ここでモタモタしていても良い事などない』という事くらいは分かるので、この場はとりあえず、素直に、モナルッポの後を追いかける。

 全力ダッシュの途中で、

「王子! 簡単にでいいから、事情を説明してほしいのだけれど」

 セレーナの呼びかけに、モナルッポは、苦い顔を浮かべて、

「……俺も、お前らと同じように、ここへ潜入してボコボコにやられた」

 それを聞いたパルシュが、

「さっきのアンドロメダとかいうジジイにやられたのか?」

「いや、さっきの化け物も相当強そうだったが、超魔王は、もっと上だ」

「超魔王……」

「レイモンドを支配している超魔王軍ゼノリカの頂点、超魔王ウルトラバイオレット・ゼロゼロナイン」

 そこで、セレーナが小さく「超魔王軍……ゼノリカ……」とつぶやいた。
 ようやく、ゼノリカという言葉の意味を理解する。
 そして、そのあまりのドス黒さに辟易する。

「ウルトラバイオレットの強さは異常だ。勇者が可愛く思えるバケモノの中の化け物。俺はあいつに、なんの抵抗もできずに敗れ、ついさっきまで捕まっていたんだが、色々あって、たまたま脱出出来てな……」

 その辺の詳細は長くなるので割愛。
 一応、軽く解説すると、アンドロメダの同僚であるルプスとライラが、茶番をしかけて、モナルッポを脱出させた。
 ちなみに、その茶番とは、『モナルッポを食いたがっている魔人』と『それを止めようとする役』に分かれて、モナルッポが投獄されている牢屋に押し入り、そこで、
 『やめろ』『邪魔するな』
 のケンカの果てに相討ちし、鍵を奪われてやるという寸劇。


「逃げ出すついでに、何か情報を奪ってやろうと、あちこち探し回った結果、この『マシンゴーレムが使えるようになる指輪』と、やつらの『計画書』を奪う事に成功した」

「計画書……レイモンドは、何をするつもりなの?」

 セレーナの問いかけに、モナルッポは、ギリっと奥歯をかみしめながら言う。



「人類補完計画」



「……そ、それは、いったい……」

「さぁな。抽象的な言葉が多すぎて理解はできなかった。だが、ハッキリと分かる事は一つ。やつらは、『この世界に存在する生命』を、一匹残らず『自分達を高次生命に押し上げるための生贄』にしようとしているってこと」

 絶句する三人。
 モナルッポは続けて、

「ウルトラバイオレットは狂っている。俺はこの目で見た。というより、目の前で見させられたんだ……やつが……子供や赤子で凄惨な実験をしているところを。必死に助けを求める小さな子供を……あいつらは、笑いながらすりつぶしていた。何の罪もない赤子を、握りつぶして殺すところを……それを目の前で見ていながら、俺は何も出来なかった……黙って見ているしか……」

「「「……」」」

 何と言っていいか分からない、そんな顔をしている三人に、
 モナルッポは、

「超魔王ウルトラバイオレット・ゼロゼロナインは人間の心を持っていない。高次生命に――『神になる』という誇大妄想にとりつかれ、邪神に魂を売った本物の外道。やつとは……やつらとは闘うしかない。そのためには、ラムドの力が必要だ」

「ラムド? どういう……」

「どうやら、ラムドの覚醒は、まだ始まったばかりらしい。勇者をたやすく撃退したほどの超越的な力を手にしていながら、まだまだ発展途上という異質な才能。その才能を、ゼノリカは、手に入れたがっている」

「手に入れたがっている……ということは、まだラムドは……」

「そうだ。ラムドは、まだ、ギリギリだが、人類側だ」



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く