『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

57話 皆殺し。

 57話 皆殺し。


(実に……実にお見事でございました)

 いと高き御方を想いながら、甘い溜息をもらすミシャ。
 一挙手一投足が『真理』だった。
 どこまでも、際限なく、遠く、高き存在。

 すべてが、ミシャをトクンと揺らす。
 かの御方こそが、ミシャのすべて。


 ――そんな、トリップ状態のミシャを横目に、
 隣のケイレーンが、

(全員グルで、われわれはレイモンドの演舞を見せられた、といったところか……実に効果的だ。圧倒された……)

 奥歯をかみしめながら、

(レイモンドの力はよく分かった……とてつもなく大きい。これほどの組織が今まで隠れていたとは信じられない……)

 モンジンの攻撃で、ジャミもバロールもダメージを受けていないことは誰の目にも明らかだった。
 つまり、あれは闘いではなく演舞。

(あくまでも演舞……しかし、あれほどの演舞ができるという事実には辟易させられる。むろん、手間と時間をかければ、ピースメイカーでも再現不可能ではないが、あれほどの芸術を実現できるかといえば……懐疑的にならざるをえない)

 結局のところ、ケイレーンでは、モンジンの『遠さ』を理解しきれなかった。
 動きを見て、『かなり鋭い』と思うまでしか出来なかった。

 だから、最終的には『演舞』としか思えなかったのだ。
 訓練された『演劇』。
 演出された『凄さ』。
 互いが最も映えるように構成された戦闘という『芸術』。

 無理に例えれば、『とんでもない3D技術が使われた映画』を見させられたという感覚。
 圧倒はされたが、『そのままの事実』だとは認識できない。
 『凄いものを見た』という感覚はあっても、そこに『実』は感じなかった。


 本質を感じられるほど、彼らの『目(サードアイの練度どうこうではなく、もろもろ含めた意味で)』は成熟していない。

 モンジンは、彼らの目の前で海を割ったわけでも、山を切ったワケでもない。

 ただ、武人としての、武道家としての、遠すぎる『最極致』を見せただけ。
 それも、『攻撃力をゼロ』にするという処置をほどこした上で。
 ならば、教養がなければ、本質は理解しきれない。
 前提となる深い知識がなければ、ゲルニカを見ても、『変なでかい画』としか思えないのと同じ。

 ――それだけの話。

 だから、結局、ケイレーンは、

(見事な威嚇だった……)

 そうしめくくった。
 そうしめくくるしかなかったのだ。


 と、その時、

「……ケイレーン様」

 今回連れてきた部下の筆頭、フーマーの最高位実行部隊ピースメイカー所属の『セレーナ』から、

「なっ……っっ」

 寝耳に水の報告を受ける。

「……ま、間違いないのか?」
「……はい」


 セレーナから受けた報告の内容は、

 ――『本戦に進むはずだった、数十名の参加者が皆殺しにされた』

 というものだった。
 控室には惨殺された死体が残っているばかりで、目撃者とうは一人もいない。

 何よりケイレーンの顔を青くさせたのは、『目をそむけたくなるような凄惨な死体ばかりで、酷い拷問を受けた跡があった』という報告。


 セレーナは、最後に、

「わずかに息のある者が一人だけ残っておりまして、彼は、今わの際に、こう言い残しました」



 ――『ゼノ……リカ』――



「ゼノ……リカ……? それはいったい?」
「わかりません。その一言を最後に、彼は息を引き取ってしまったので」

「……」

 他の参加者たちも、みな、『それぞれの配下(本戦に進めなかった者)』から、事件の詳細を聞いて、顔を青くしていた。

 『目撃者はなし』
 『気付けば、皆殺しにされていた』
 そんな意味のない報告ばかり。

 混乱しているVIPルーム。

 ――喧騒の中、ただ一人、どっしりとしているミシャが、

「参加者が全員死んでしまったのなら、大会はこれで御開きね。まあ、こちらの部下は予選で落ちてしまったから、私には関係がない話だけれど」



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く