『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

55話 お前のコアオーラは、

 55話 お前のコアオーラは、


(こんな、ほんの数分闘っただけで……ここまで強くなれるなど……あるわけがない! あっていいわけがない!)

 ダイエットを例にしよう。
 100キロの巨漢が、『丸一日食べるをやめて、朝から晩まで、膝が潰れるほど歩き続く』という無茶をしたとしよう。
 そうすれば、まあ、たった一日でも『最大10キロくらい』は痩せられる可能性がある。

 だが、既にキレッキレに仕上げているボクサーが、いくら努力をしたところで、一日で痩せられる量は『10グラム~20グラム』が精々。

 ジャミの『現状における成長率』は、後者にあてはめる事ができる。
 これまでに、散々頑張ってきて、『これ以上を目指すなら、気が遠くなる時間と努力が必要』という領域に辿り着いた。
 最近は、『セン印の訓練施設』でトレーニングをするようになったため、存在値は、ガンガン上がるようになったし、戦闘力も、それまでとは比較にならない速度で上がるようになった。

 しかし、それでも、これほどまでの成長速度ではなかった。
 このペースで強くなっていくのは、さすがに異常がすぎる。
 おかしい。
 ありえない。

(ありえない。こんな事が出来る者などいるはずがない。もし、こんなことが出来る者がいるとしたら、その可能性があるのは……)

 遥か高次の薫陶(くんとう)。
 『これほどの、とてつもない奇跡』を起こしたとしても不思議ではない存在。



「……『教義』や『既存の理念』ってのは非常に重要だ。それが『ブチ壊すための的』だと理解できていればの話だが」


 ジャミの中で、一柱だけ心当たりはある。
 しかし、

(それこそ、ありえない! 神が、このような――)


 ――ズンッッ!

 と、モンジンの拳が、ジャミの腹部を捕らえた。
 相変わらず『痛み』はない。

 だが、響いた。
 重く、深く。

 モンジンが、ジャミの目をジっと見て、言う。



「お前のコアオーラは、革命を望んでいる」



 その声は、ジャミの全てを包み込む。
 まるで光。
 数多の世界を照らす、とてもとても大きな――



「特別に、受け止めてやるよ」



 そう言って、モンジンは、ゆったりと大きく構える。
 全てをさらっていくような泰然。
 ジャミとバロールは息をのんだ。

 目の前に立つ男が、
 あまりにも大きすぎて。



「さあ、くるがいい」



 そのあまりの威圧感にあてられて、バロールは、ガクンと、崩れるように膝をついた。
 心が痙攣している。
 そんなバロールと違い、ジャミは倒れない。
 倒れる訳にはいかないと心が叫んでいた。

 ジャミは沸騰する。
 身の奥から込みあがってくる。
 オーラも魔力も、容易く、一点に集中していく。
 無の境地。
 まだまだ遠いと思っていた世界が見えた気がした。
 ジャミの中で、トビラが開く音が確かに聞こえた!


「ぉぉ、ぉおおお、ぉおおおおおおおおおっっ!!」


 膨れ上がる沸騰に身を任せ、ジャミは踏み込む。
 言葉にならない想い、その叫びを拳に乗せた。
 拳に翼が生えた気がした。
 パリンと割れる音がした。
 限界という名の壁を、ダイナミックにブチ破る音――



「――嫉妬に値する才覚だ」



 ジャミの耳を、光の声が、ふるわせる。
 そして、だから、加速する肢体。
 踏みしめる。
 ジャミは辿り着いた。

 ――ここは、神の領域。



「ようこそ、俺たちの世界へ。歓迎しよう」



 その声が、ジャミの耳に届くよりもはやく、
 モンジンは虚空に円を描いた。
 導かれるように、ジャミの体が反転する。
 天と地が逆(さか)さになって、気血が逆流して、


「かっはぁあああああっ!!」


 枯れるほど吐血した――
 肉体が、魂ごと引き裂かれた。

 ――そう『ジャミの全て』が理解した。
 なのに、

  ――――――――
   ――――――
    ――――






「――――――――――……っっ??!!」





 気付けば、ジャミは、無傷で舞台の上に転がっていた。
 そして、同時に響く、

 ――タイムアップを知らせる重厚な笛の音。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く