『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

53話 海の底にいるみたいだ……

 53話 海の底にいるみたいだ……


 モンジンとジャミたちの闘いを見て、ミシャは、

(……美しい……)

 うっとりと心酔していた。

(洗練された武の極致……流水と柳……)

 周囲の者たちは、目の前で起こっている事のとんでもなさが、まるで理解できていない。
 出来る訳がない。
 こんな虫ケラみたいな連中に、あれほどの高みが理解できるはずがないのだ。
 だが、しかし、
 使徒クラスにもなれば、

(((……大きい……)))

 その程度は理解できる。
 どのくらい大きいのかを『具体的に理解する事』はできずとも、
 目の前にある山が大きいという事を把握するくらいはできる。

 ――1京円分の札束の山をイメージしてもらいたい。
 『円』の価値を知らない者が、それを見た時、どう思うか。
 『それにどれだけの価値があるか』を正確に理解する事は出来なくとも、間違いなく『とても精巧な模様の紙がアホほどたくさんある』という『凄さ』には圧倒されるだろう。

 それと同じで、使徒たちは、『キチンと分かっているワケではないが、とりあえず、そのサイズ・ボリューム感に圧倒されている』という状況にある。

 みな、黙って、モンジンたちの闘いを見つめていた。
 『何がおこっている』のか理解はできなかったが、
 『何かが起こっている』という事はわかったから。


 ――ミシャが言う。

「よく見ておくといい」

 静かな声で、

「二度と見られるものではない」

 その空間からは、しばらく、息をのむ音しか聞こえなくなった。





 ★


 闘いの中で、



「命の重さを軸にしてみろ。さすれば、なぜだか、少し軽くなる」



 ――ジャミは思う。

(海の底にいるみたいだ……)

 時間が経つにつれて、ジャミは『理解』していった。
 ジャミだけではない。
 間近で見ていたバロールも、理解に近づいていた。



「いい加減、気付け。お前らは、お前が思うよりも、多くを知っている」


 ジャミとバロールの魂魄が震えた。
 魂は、とっくに気付いている。
 目の前にいる少年の、底しれない――

(この『遠さ』は……いったい……)

 『導かれている』と気付くのに、そう時間はかからなかった。

(これは戦闘ではない……すべてが、おそろしく高次の指導手……)

 凶悪とも評すべき、別次元の教導。
 引き上げられていく。
 常識が壊されていく。
 再構築されていく。

(いや、これは、もはや、啓蒙ともいうべき――)

 この短時間で、ジャミは開かれた。
 壊れて、なくして、砕けて、捨てて、

 そんな、『新しい時間』を、信じられない速度で積み重ねていく。



「色々と見失ってきたな? それでいい。いつだって、夜明け前が一番暗い」



 言葉一つ一つが、鍵であり扉だった。
 驚くほど綺麗に、あてはまっていく。

 分かる。
 理解できる。

 ジャミは強くなった。
 根底を支えている『ジャミの器』は、破壊され、再生し、信じられないほど強固になった。
 『自分一人だけ』では、仮に、何十・何百・何千・何万年という時間を積んだとしても、絶対に届かなかった世界に、ジャミは、この数分で辿り着く事ができた。

 バロールは、その領域に、まだ立てていない。
 しかし、見えてはいる。
 もう、暗闇にはいない。



「常識を捨てる時がついにきたんだ。それだけの話なんだよ」



 あやふやだった武のシルエットが、キッチリと明確に浮かび上がる。
 ラフ画のような白黒に、綺麗な色がつく。
 なぞられていく。
 整って、完成に近づく。

 ――ゆえに、

(……ありえないっっ!)

 心が叫ぶ。

(こんなこと……ありえるわけがない!)

 ジャミは、これまでの人生で、必死に頑張ってきた。
 若いため、まだまノビシロはあった。
 限界には達していなかった。
 それは事実。
 しかし、ここまでにやってきたことは嘘じゃない。

 ジャミはちゃんと強くなってきた。
 間違うことなく、ちゃんとまっすぐに、強さを積み重ねてきた。
 その結果が今のジャミ。
 無駄な余白なんかなかったはず。

 だから、『ゆっくりと積み重ねていく』しかなかったはずなのだ。
 なのに、

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く