『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

52話 教え。

 52話 教え。


「おいおい、なに驚いた声だしてんだよ。何度も言ったはずだぜ? 俺は強すぎるって」

 そう言ってから、モンジンは、『ジャミの目程度では捉えられる訳がない、超越したブレイクダンス的な動き』で、ジャミの足をはらい、叩きつけるわけでもなく、優しく地面に転がした。

「っ!」

 仰向けに転がされて、気付けば空を見つめていたジャミ。
 自分の身に何が起こっているか、一から十までまったく理解できていないジャミが、深い困惑の底に沈んでいると、
 モンジンが、そんなジャミの顔を上から覗き込んできて、

「やれやれ、俺の前でお昼寝とは、豪胆なやっちゃなぁ。超神でも出来ないマネを平然とやってのける。そこに痺れる憧れる」

 などと、ふざけた事を言ってきた。


 ――そんなモンジンに、オーラの塊が飛びかかった。
 バロールが、横から、豪快な飛び蹴りをかましてきたのだ。

 凄まじい速度だったが、モンジンはヒョイっとなんなく避けた。

 その一連を受けて、バロールは、

(……なるほど……)

 理解する。
 と同時に、このガキに対する認識を180度一変させる。

「お前も第三勢力だったか……見事に騙されたよ。実に演技派だ」

「騙す? おかしな事を言う。俺がお前らに対し、何か、一つでも嘘をついたか?」

「……ふっ……」

 バロールは、鼻で笑いながら、ゆったりと構えつつ、

「定義にもよるな」

 ボソっとそう言ってから、モンジンに殴りかかった。
 最小の動きで、鋭く、速く。
 だが、モンジンの動きは、その一歩上にあった。
 最短の動きで、儚く、ゆるやかに。

 それを見て、バロールは、また、モンジンを理解する。

(尖った『回避タンク』タイプか……)

 この手のビルドは珍しくない。
 というか、カティがモロにそれ。

 そこで、ジャミが、参戦してきて、

(この少年、さばきはカティ級だが、火力はまったくない! 不利は無視して強引に押しこむぞ、バロール!)
(カティ級とは……随分な高評価をかっさらうガキじゃねぇか……第三勢力ってのは、まさか、本当に、ゼノリカに匹敵する力を持ってんのか?)
(さぁ、分からない。しかし、この少年を落とせなければ、『ゼノリカが、私達のせいで侮られることになる』という事だけは分かっている!)
(それだけは、絶対にゆるせねぇなぁ!)

 ジャミとバロールの二人がかりでモンジンを押し込もうとする。
 だが、

「二人で闘っているからといって、無理に、点と点を会わせなくてもいいんじゃないか?」

 モンジンは、いつまでも、どこまでも軽やかに、二人の攻撃をサバき続ける。
 なんなく、容易く、まるで幼児用のヌルゲーでもやっているかのように、

「オーラの流れに意識を傾けすぎだな。中級者にありがちのミスだ。たまには、目に映るものだけに注意を向けてみるのも悪くはない」

 モンジンの動きは、常にフラットというか、
 微妙に『脅威ではない』というレベルで一貫している。

「こだわりは大事だが、とらわれたら本末転倒……という観念にも、気付けばとらわれちゃっていたりするから、魂の指向性ってのは、本当に厄介だよね♪」

 回避タンクとしての性能は見事だが、火力はまったくなく、
 特殊な受け攻めもなく、ずっと素直に一直線のままで、

「力とは、蔵(ぞう)を象(しょう)にするため、技とは、流(りゅう)を疏(そ)とするため。では、心とは、何を何にするため?」

 なのに、届かない。
 なぜか、届かない。

(かみあわない。すべてが……なんでだっ)
(残り10分……まずい、焦りのせいか、一手一手が雑になっている……このままでは……)


「焦りは伝染する。不運は感染する。ノイズは気付きを殺していく。さあ、そのスパイラルから、抜けだせるかな、ボウヤたち」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く