『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

39話 最悪を想定したプラン。


 39話 最悪を想定したプラン。

 激闘がはじまる。
 そう思ったが、
 しかし、これまでと、状況は何も変わらなかった。
 第三勢力の女たちは、ひたすらに、ヒラヒラと逃げ続けるだけ。

「おい、どういうつもりだ!」

「見て分からないのであれば、言っても分からないだろうが、一応、教えてやろう。この場において、私達が確認したいのは、『予選を突破できる力があるかどうか』であり、『私達を倒せる力があるかどうか』ではない」

 バロール&ジャミの二人は、即座に、Aの意図を理解した。
 戦闘能力ではなく、問題解決能力をはかられている。

(めんどくせぇことを……)
(マズいな……彼女達の力は、おそらく、我々と同等……同等の相手から数十分逃げるなど、造作もない……)

 低いレベルで同等ならば、『体力不足』や『逃走手段が少ない』などの様々な要員から『逃げ切る』だけでも難しいが、ジャミたちの領域になってくると、体力も耐久力も『仕上がっている』ため、『逃げる』ことだけを考えて行動されると、なかなかつかまえるのが難しくなってくる。

 ――Aが口を開いて、



「のこり、18分。武舞台上にいる者を五名以下に減らせなければ、貴様らは脱落。そうなった場合、貴様らのことは、『我々の秘密を知るに値する力はない無能』と判断させてもらう」



「無能……だと……わ、私たちを誰だと……我らは、栄えある――」

 プルプルと怒りに震えているバロールに、
 Aは、切り捨てるように言葉を投げる。


「無能呼ばわりされたくないのであれば、ゴチャゴチャ言わずに、力を示せ。我らの期待を背負うに値する資質が貴様らにあるか、我々はそれが知りたい。無価値な御託が聞きたいわけじゃない」

 Aの宣言で、バロールの顔から怒りが消えた。
 限界を超えたのだ。
 とことんまで、冷静になる。
 ゆえに、

「……いいだろう……」

 ボソっと、そうつぶやき、チラと、ジャミに視線を送る。
 組織を背負った者たちの、組織の威厳をかけた作戦会議が始まる。

(あいつらの狙いは、よくわからんが、『俺たちのせいでゼノリカがナメられる』という結果になる事だけは絶対に回避しなければいけない)

(当たり前の話だ)

(というわけで、一人だ。どうにかして、一人を潰す。あとは、後ろのモンジンとかいうクソガキを飛ばして、俺が降りる。これで、お前は予選を通る)

(随分と消極的な意見だと言わざるをえない。二人倒して、共に予選を通過すればいいだけの話だろう)

(私は、『最悪の場合』を想定して話をしている。もし、あの女どもを二人倒すのが厳しそうであれば、どうにか一人だけでも倒す。棄権は『終了する一秒前』でも出来るから、それまでは、もちろん、全力で闘う。どうしても二人撃破できなかった時、棄権をして、どうにか、本戦まで進む。……そして、その場合、本戦に進むのは私ではなくお前だ。いいな、頼んだぞ)

(……わかった。しかし、あくまでも、『最悪の場合』に限ったプランだ)

 ――そう言い合ってから、二人は、『この5人の中だと最も動きが鈍い細身の女(以降、K)』だけに焦点をしぼり、逃げられないよう、はさみうちを仕掛けた。

 すると、Kは、


「第一フェーズ、終了っ。第二フェーズに移行するっ☆」


 ボソっとそうつぶやいてから、手を上げて、

「259番((K))。体調不良により、棄権するよっ☆」

 そう宣言して、その場から瞬間移動で姿を消した。
 これで残りは七人。


(ど、どういう……)
(いったい、なんのつもりだ?)


 ワケの分からない展開に、混乱まではしないが、警戒心が膨れ上がる。
 ジャミたちは気付いていないが、
 ――ここから、本当の『試練』が始まる。




------------------------- 第530部分開始 -------------------------
【サブタイトル】
50話 ジャミの本戦出場は決定。

【本文】

 50話 ジャミの本戦出場は決定。

 一人抜けたあと、女たちのオーラの質が少し変わった。
 『鉄壁』を感じさせる、ディフェンス特化型のオーラに変貌。

(おいおい、あの細身の女が棄権してから、あいつらのオーラが一段階、強化されたような気がするんだが……なあジャミ、『気のせいだ、安心しろ』と私を励ましてくれ)

(気のせいではない。明らかに増している。それも、この感じ……おそらく、防御を固めるスタイル……十数分やそこらで倒せる相手ではない……もしや、先ほどの細身の女が降りたのは、この強化を促すための、なんらかのアリア・ギアス……?)

(俺のオーダーは、『励ませ』であって、『絶望させろ』ではないんだが?)

(私は、『現実から目をそむけさせること』を励ます方法だとは考えていない。『希望のシッポ』は『絶望を正しく知ること』で、初めて見えてくるもの)

(うるせぇ、『私(九華の第六席)』に、絶望の殺し方を説くんじゃねぇ。言われなくても、そんな事は知っている)


 バロールは、そこで、

(……ったく、勘弁してほしいぜ、いろいろとよぉ)

 溜息をついてから、

(なにがなんだかわからんが、ふりまわされるのは、もうたくさんだ。ジャミ。とりあえず、後ろのガキを潰す。これで、あとは、最悪、私が棄権するだけで、予選は終わりだ。本戦はどちらの武が上か白黒をハッキリさせるガチンコのタイマン。そうなれば、お前の勝ち確。なんせ、お前はゼノリカ一の天才。お前に勝てるヤツなんざいるわけがない)

(……才能の総量を数値化する事はできないため、『私の才能』がゼノリカで一番かどうかは分からない。だから意味のない否定はしない。だが、とりあえず、私に勝てる者は、ゼノリカにたくさんいる。それは事実)

 ジャミの返事を聞いて、バロールは思う。
 確かに、三至天帝や五聖命王の方々は素晴らしい武を持っている。
 だが、ジャミも相当イカれた超天才。
 スーパーエリート集団『九華十傑』のダントツ。
 けた違いの才能を有する彼を見て、バロールは思う。

(確かに、現時点では、まだ、八翼の御方々の方が強いだろう)

 八翼は、三至天帝と五聖命王の八名全員を指す時に用いる言葉。

(だが、近くでお前を見ていると、つい思ってしまう。もしかしたら、いつか、お前は、この世の誰よりも神帝陛下に近づいてしまうんじゃないだろうかと)

 いや、バロールの本音は、実のところ、もっと深いところまで切りこんでいる。
 バロールは思う。
 『ジャミならば、神帝陛下と同じ領域にまで辿りつけるのではないか』
 『これほどの大天才に不可能などないのではないだろうか』

 ――ジャミが言う。

(近づきたいとは思っている。私は己を過小評価しない。カテゴライズ上では、間違いなく、私は、天才と呼ばれる分野に振り分けられるだろう。客観的に己を分析すると、私は才能があり、その才能を開花させるための努力もしている。だから、『神に近づきたい』と願う権利はあると考える。ただ、事実、実際のところ、神に近づけるのは、遠い未来の話だとも理解している。そして、目の前の仕事に集中できない者に、そんな未来は訪れないという事も理解している)

(相変わらず、生真面目で、正論しか言わない、クソ七面倒くせぇ野郎だぜ。私には、お前を殴る権利があると思う)

 バロールの、そんな発言に対し、ジャミはとうとうと、

(別に殴ってきてもいいが、殴り返すぞ)

(ふざけるな! 私が死んでしまうだろう!)

(……ふざけた事を言っているのは、どう考えても、そっちだが……)

 ド天才で、チート持ちで、おまけに、誰よりも勤勉でリアリスト。
 その上、超イケメン。
 全てを持っている男――それが九華の第一席ジャミ・ラストローズ・B・アトラー。



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く