『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

38話 第三勢力の秘密。


 気付いた時には白目をむいてその場に倒れ込むコーレン。
 慌ててコーレンを支えるミハルド。

 そんな二人の使徒に視線を向けることもなく、ケイレーンは、

「今回の件で、『フーマーの底が見えた』などと思ってもらいたくはない。負け惜しみに聞こえるかもしれないが――」

「別に、この闘いだけで、フーマーの軍事力に対する判断を下す気はない。けれど、『参謀(使徒)』の中に『敵を見誤る者がいる』という事実がある以上、フーマーの軍事面に対する評定にはマイナスをつけざるをえない。出し惜しみしないで、最大戦力を連れてくるべきだったわね」

 ケイレーンの奥歯に圧力がかかった。
 ギリっと小さな音がした。
 隠そうとしても、隠しきれない羞恥。

(何もかもが裏目になっている……)

 思考する。
 挽回の手段を模索する。
 そんなケイレーンに、ミシャは言う。

「さて、それじゃあ、ここから少し黙ってもらえる? あなたたちの手ゴマなんて、前座にすぎない。こちらとしては、ここからが本番なの」

「それは、どういう意味かね?」

 尋ねるが、ミシャは、含みのある笑みを浮かべるだけで、答えを述べようとはしなかった。

(いったい、ここから、何が起こるという……)

 この時点では、誰も、意味を解せなかった。
 しかし、彼らは、すぐに、ミシャの言葉の意味を知る事になる。





 ★


 『バロール&ジャミ』と『第三勢力』の戦闘がはじまってから、すでに数十秒以上が経過していた。
 しかし、現状、場はこう着状態に陥っていた。
 どちらもダメージを受けていない平衡状態。

 一言で言うと、『バロール&ジャミ』と『第三勢力』の闘いは、『戦闘』にはなっていなかった。

 距離をつめようと、あの手この手を駆使するバロールとジャミの二人だったが、
 第三勢力の5人は、二人から距離をとるばかりでまったく闘おうとしないのだ。

(どういうつもりだ、あいつら)
(わからない……)

 悩んでいると、

 『第三勢力の女の一人(以降、A)』が、

「十分経過。のこり20分」

 ふいにそうつぶやいた。
 続けて、たんたんと、事務的に、

「今大会には、私達5名のほかにも、我々の組織から何名か参加しており、すでに、全員、本戦へ進むことが決まっている」

 などと、ジャミ&バロールからしてみれば衝撃的な事実を告げる。

(はぁ? 特別な力を持っていそうな野郎はいなかったぞ……)
(他の試合もチェックはしていたが、フーマーからの刺客以外で、特別、優れている者はいなかったように思えたが……)

 困惑している二人に、Aは、また、感情のない声で、事務的に、

「もし、貴様らがわれわれ全員を倒し、この大会で優勝する事ができたら、我々の秘密を話そう」

 含みしかないその発言に、バロール&ジャミは、なんとも言えない渋い顔をして、

「……秘密、ねぇ」
「言いたいことがあるのなら、まわりくどいことをせずに、今、この場で言うといい。黙って聞いてあげよう」

 一応、情報を引き出すためのジャブを打ってはみたものの、反応は驚くほど薄く、
 というか、ジャミの言葉など、ほぼ完全にシカトなスタイルで、

「貴様らの組織が、我々の秘密を話すに値する器かどうか確かめてからだ。もし、それに値すると判断出来なかった場合、貴様たちを単なる障害物とみなし、全力で排除させてもらう」


 などとふざけたことを言われて、バロールは、奥歯をギリっと噛みしめ、

「ナメた事ほざくじゃねぇか」
「しかし、単純で助かる。ズルズルと探り合いを続けるより、よっぽど建設的かつ合理的だ」

 ジャミがそう言ったのを聞いて、Aは言う。

「それでは貴様らの選別を開始する。まずは、予選を突破できる力があるか。とくと見せてもらおう」

「偉そうな口をたたきやがって。何が選別だ、カスどもが……」

 バロールは、オーラを充満させつつ、鬼の形相で、

「どこの誰を相手にしているか、身をもって教えてやる」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く