『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

21話 ウルトラバイオレット009。



 21話 ウルトラバイオレット009。


 レイモンドの本社に潜り込んだモナルッポとキッツ。
 モナルッポは、潜伏スキルが得意というワケではないが、勇者同様、オールラウンダーの天才型であるため、その気になれば、どんなことでも、ある程度以上のレベルでこなせる。


 不可視化の魔法を使い、気配を殺し、影に潜み、レイモンドの内情を探る二人。


 もぐりこんだレイモンドの本社は、なんというか、『どこにでもある魔カード関連の会社』といった感じで、特におかしな所は見当たらなかった。
 経理部も人事部も業務部も製造部も総務部も、一つの空間でごっちゃになって、右へ左へと書類と人が飛び交っている。


 普通だった。
 あまりにも普通すぎたともいえる。


(なにか、ヤバい気配を感じる……なにがどうとはいえない……これは、本能の警告……)


 モナルッポの判断ははやかった。
 調査を開始してすぐだったが、逃走を決断し、キッツに指示を出す。
 だが、


「っ……モナ様。転移の魔カードが使用出来ない状況になっております」
「なに? 次元ロック対策に不備はないと言っていただろう」
「……つまり、そういうことです」
「っ……想像していたよりもヤバい場所だったか……」


 しかたなく、その足で帰ろうとした――が、遅かった。
 逃げようと踵を返したところで、グニャリと視界が歪んだ。




(転移の魔法っっ!! 完全にターゲットされている……逃げられっ――)




 抵抗むなしく、どこかへと運ばれる二人。
 気がつくと、二人は、無数の死体の山の前に立っていた。
 そして、その死体の上で、優雅にあぐらをかいている男が一人。




「やあ」




 気軽にそう声をかけてきた男は、黒いコートに身を包む、病的に線の細い男だった。


「私は、ゼノリカの天下、百済を染める闇が一つ、コードネームはウルトラバイオレット009。よろしく、どうぞ」


 UV9の挨拶を聞いたモナルッポとキッツは、ともに、冷や汗を流し、


「……し、しんじられない……強さ……」
「ば、ばけものっ……」


 ワナワナと震えていた。
 UV9の存在値は余裕で200を超えている。
 モナルッポたちからすれば、神の領域。


 目の前にいる存在が、ただ神のように強いだけだったら、ここまでおびえたりはしなかった。


 問題なのは、その『神の領域』にある『異質極まりない存在』が、無数の死体の山の上に座しているという事。
 その死体の中には、赤子や幼子も混じっていた。


 屈強な戦士の死体が積まれていただけであれば、まだ、戦争・闘争の果てを予測する事ができた。
 が、そうではない。
 老若男女関係なく……それも、全ての死体に、明らかな拷問の跡があった。
 腕を引き千切られた死体があった。
 顔が焼けただれている死体があった。
 自身の臓器でしめつけられている死体があった。
 バラバラにされ、グチャグチャにすりつぶされ、引きずり出された眼球が無造作に転がっている……


 見るだけ出吐き気がするような奇形の死体が山ほどあったんだ。




「おま……あなたは……まさか……レイモンドの……」


 言葉を慎重に選ぶモナルッポ。
 こんな状況でも、頭の奥では冷静だった。
 それが本質というワケではない。
 『冷静に対処しなければならない』と魂が叫んだから――


 モナルッポの問いに、UV9は、


「もしかして、こう聞きたいのかな? 私がレイモンドのCEOか、と。もし、そうならば、こう答えるよ。この組織のトップは、私ごときではお会いする事もできない、この世で最も尊き御方だと」


 その発言を聞いて、モナルッポは即座に、


(……ウソだな、こいつより上の存在などいるはずがない……)


 そう判断した。


(いや、ウソというより、おそらく、組織のトップに、存在しない観念を……『神』という『高次概念そのもの』を置いているのだろう)


 そういう巨大組織が身近にあるので、即座に理解できた。
 レイモンドは、ほぼ確実に、フーマーのような宗教組織。







「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く