『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

16話 手加減。



 16話 手加減。


 その無様な姿を見つめながら、ミシャは、


(あら……吹っ飛ばすつもりはなかったのに……うーん、ここ最近、『頭がおかしいバケモノ共(平とゾメガ)』としか闘っていなかったから、どうやら、『手加減』が少し下手になっているようね)


 心の中でブツブツ言いながら、瞬間移動で、ザザとの距離を詰めて、




(このぐらいなら……折れはしないわよね)




 さらに心の中でブツブツ言いながら、ザサの胸部を優しく踏みつける。


「ぐぅぉおお!!」


 当然のように、アバラが数本バキバキと逝った。
 噴水のように血を吐くザザを見下しながら、


(うーん、手加減が上手くても自慢にはならないけれど、『出来ないとなれば恥を背負う事になる』というのが問題なのよねぇ。万能であることが求められる上位者は辛いわ)


 ノンキにそんな事を考えつつ、左手をザザに向けて、


(流石に、これなら死なないでしょ)


 無詠唱で、『ランク5の闇弾』を放った。
 闇属性の魔弾で、火力はゴミだが、ランダムでデバフがかかる低級魔法。
 100%でデバフれるなら『そこそこ使える魔法』ともいえるが、その確率は10%ほどなので、たいした魔法ではない。


「ぐぅう! かはぁ!」


 流石に、闇弾ランク5程度では死なずに耐えたザザ。
 結果、デバフも入らず、ただちょっとダメージを与えただけ。


 ザザは、ギリっと奥歯をかみしめて、


「つ、強いな……身体能力もそうだが……それほどの魔法を無詠唱で使えるというのも……す、すべてが想定以上だ……しかし、俺が負けたのは、お前が俺の苦手な『魔法・カウンタータイプ』だったから……ホアノス様は、俺が苦手な相手に強い……お前は死ぬ」


 ザザが発言し終わったタイミングで、後方から、準備を整えていたホアノスが、


「ザザに勝つとは見事だ……セファイルのこじきとは思えん強さ。貴様は、間違いなく強者。各国の王族級とも言えるだろう。正直いって、貴様と敵対する事になってしまった事を後悔している……だが、ザザの奮闘で、貴様の底は見えた。私が負ける事はありえない」


 言いながら、ミシャに近づいていく。
 既に剣は抜いていて、オーラも練りあがっている。
 『熟練の戦士である』と一目で分かる威容。


「貴様は、しょせん、『耐久の低いザザ』を『殺しきれない程度の火力』しか持たないカウンター型。私のカモだ。『肉を切らせて骨を断つ戦法が信条』の私に『火力の低いカウンター』は意味がない」


 ホアノスは、クズだが、世界第二位の大国のトーン共和国の上位議員。
 純粋な『力』がモノをいう世界のトップ層にいる男。
 その存在値は62。
 この世界において、ホアノスに勝てる者はそうそういない。
 この世界では圧倒的強者。
 『ワガママ』が許される領域。


 だが、それは、ゼノリカの目が届いていない世界での話。
 ゼノリカは、歪んだワガママを許さない。




「ドーラとかいったな……その強さは貴重だ。今後、私のために尽くすのであれば慈悲をくれてやるが、どうする?」




「ドーラという名はただの偽名。忘れてくれていいわ」


「……ほう。では、本名は?」






「私は、果てなき神を愛する者。栄えあるゼノリカを支える三至天帝が一柱、邪幻至天帝ミシャンド/ラ」






「……神……狂信者……そうか、貴様、フーマーの東方出身者だな。なるほど、ならば、その強さも頷ける」


 東方の連中は、めったに公の場に出てこない。
 だから、当然、ホアノスの脳内重要人物データバンクにも記録が存在しない。


 だが、フーマーの東方にいる連中が『非常に優秀』であり『たまに、部族のしきたりか何かで表に出てくることもある』という事くらいは、ホアノスも知っている。











「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く