『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

27話 五聖命王の三姉妹。



 27話 五聖命王の三姉妹。




「今日一日は、まるまる、わたしたちと一緒にいるって約束、忘れてないすよね?」
「一緒にいられなかった時間は、ロスタイムですよっ。ちゃんと延長してもらいますからねっ☆」


 ガンガンに攻めてくる二人の美女を、


「はいはい、ごめんごめん」


 と軽く流すセン。




 才藤麗理と異守界理。
 双子でありながら、顔つき以外は、あまり似ていない二人の美女。
 『冒険者試験の予選が終わった直後』に合流した五聖命王の二人。


 彼女達と銃崎心理は、三姉妹であり、全員、『朝日』の娘。
 『三至天帝の直下で、五聖命王の頂点――閃朝日』の『第一アルファ人的な極端に優等な資質』をシッカリと受け継いだ超天才たち。


 銃崎・才藤・異守は、三人とも、特別な資質を持って誕生し、かつ、産まれた瞬間からずっと『センエースの手ほどきという究極の英才教育』を受けて育ったため、全員、とびぬけて優れたスペックを誇っている。


 ちなみに、彼女達の名字が『閃』ではない理由は、『朝日が認めなかった』から。
 センは、『彼女達が望むなら、普通に自分の名字をあげるつもり』だったが、
 朝日が、なんやかんやと理由をつけ、全力で拒んだので、
 結局、彼女達には、『センが中学二年生の時に常用していた真名』がつけられる事になった。


 真名とはもちろん、自分で自分につけたカッコイイ名前のことである(説明するまでもありませんね)。


 『時期的なアレ』だったり、『父親に対する反発心』だったり、『自分の名字が一字であるという事に対する、客観的には解析不能の謎イライラ』だったり、自分に複数の名前をつけていた理由は色々あるが、とかく、当時のセンは、自己紹介をする時、『はじめまして、閃壱番です(まあ、本名は銃崎だがな)』と、心の中でつけたしては、ニヤリとほくそ笑んでいた。


 テストで名前を記入する時も、いったん、銃崎と書いて、
(おっと、本名を書いてしまった)
 などと心の中でつぶやいてから、消しゴムを入れて、閃と書き直したりしていた。
 それらは、中学一年の終わり頃から中学二年の終わりまで続けていた『格式高い習慣』であり、センの真名履歴は、初期が銃崎心悟じゅうざきしんごで、中期が才藤零児さいとうれいじで、後期が異守界介こともりかいすけだった。
 麗理だけ、漢字が違うのは、特別な理由があるワケではなく、単純に、女の子なんだから、『れい』は、『ゼロ』より『うららか』の方がいいだろうと思った、という、ただそれだけ。




 ちなみに、シューリの五聖命王としての名字である『酒神』は、シューリの名前を始めて耳にした時、シューリ・スピリット・アースの『スピリット・アース』の部分が、『スピリタス』に聞こえたから、という、実にしょうもない理由。




 ※ ついでに言っておくと、朝日には、もう一人『夕日』という男の子がいる。
 夕日は、朝日の第一アルファ人的な特質性を一切受け継いでいない『一般的な第一ベータ人』だった。
 センが丁寧な手ほどきをして、魔法を教えたり、剣を教えたりしたが、結局、凡人の領域から出る事はなかった。
 結果、夕日は、第一ベータで、普通に朝日の孫を設け、普通に老いて、普通に死んだ。
 夕日がソレを望んだため、センは、夕日に不死のスペシャルを与えようとはしなかったのだ(当時の段階でも、センがその気になれば、どうにか不死にするくらいの事はできたし、望むなら、そうしてやろうと思っていたが、夕日は断固として拒否した)。


 『自分が永遠の命を得ても、特に何が出来るとも思えません。意味のない劣等感を抱えたまま無駄に長く生きるより、一つの小さな命として、誇りをもって、天寿を全うしたく存じます』







「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く