『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

23話 進化する天万手。



 23話 進化する天万手。




 ――平も、ミシャも、
 『自分の居場所』を再確認した。


 究極超神センエースの弟子。
 偉大な神の系譜に連なる者。


 『自分は、【ここ】にいる』と、大きく胸を張って断言できる幸福。
 『生きている意味』や『自分が、今、ここに存在している理由』が、目の前に立っている――これほどの幸運が他にあるだろうか。


(((ああ、師よ……この上なく尊き神の王よ……)))


 全ての迷いが霧散して、己という個が、より美しく強靭になる。
 師と比べれば、自分達など矮小な存在だが、しかし、『真なる師の遠さ』が理解できるくらいには美しくなれた。


 師に導かれたことで、師を知ることが出来た。
 『返し切れぬ恩』ばかりが積み重なっていく。


 『もらってばかりだ』という不安や申し訳なさはもちろんあるのだが、それを置き去りにして、歓喜だけが際限なく膨れ上がっていく。
 愉悦や快楽などという『易い言葉』では到底表現しきれない『高次の喜び』で満たされる。
 全身を貫かれ、『意識の全て』が痺れていく。






 と、そこで、三至は気付く。
 師の視線が、いまだ平の右腕に装備されたままの天万手に注がれていること。






 ミシャが青くなって、


「ばっ!」


 バカと正確に発声する事すら出来ないほど慌てて、平の左肩に強めのグーパンをいれた。


 師の前で、『こんな目ざわりなゴミ』を装備しているなど――あまりにも無礼。


 慌てて天万手を消滅させようとする平。
 その様子を見て、センは指をパチンとならす。
 すると、平の右腕から天万手が消えた――と同時に、センが己の右腕に装着していた。


「クオリティ150程度のゴミ神器の割には、なかなか小マシな性能だな……バーチャはクソ野郎だったが、全体的にスペックは高かった。戦闘力も、アイテムの創造力も」


 センはそう言いながら、天万手に、自分の左手をそえて、




「ちょうどいいから、こいつで実験しよう……これなら、最悪、バグっても構わねぇ」




 ボソっとそう言った直後、天万手がポォっと柔らかく光る。


「バーチャ程度のザコ神にてこずったという俺の黒歴史は、むしろ、俺から、逃げ道を奪う。最悪バグっても構わないという前提が、逆に、俺に緊張と集中を与える。つくづく思うぜ。俺ってめんどくせぇ……」


 柔らかな光に包まれていた天万手は、


「完成だ。さあ、起きろ、天万手」


 一度、ブルルっと震えてから、
 神の呼びかけに答える。


『……ああ、なんという僥倖。全ての偶然が重なって、私は主に選ばれた』


 ハッキリと知性を感じさせる低い声が響く。


『主よ、感謝します。私は、あなた様のしもべ。なんなりと御命令を』


 その光景を目の当たりにした平が、驚愕をあらわにして、


「ま、まさか、神器に知性を?!」




「最近、おもしろいオモチャを見つけてな。解析した結果、再現できそうだったんで、試してみた……しかし、あのバカほどの完全な知性には出来なかったな。今の俺では、まだ優秀なAI程度しか付与できない。それでも、充分なレベルでクロックアップするが……しかし、まあ、必須ではないな。この程度じゃ、スキル循環が多少マクロ化して楽になるくらい。知性を与えてしまうと、心情的に、簡単には消せなくなるし」




『主が望まれるのであれば、自我の崩壊であろうと喜んで受け入れます』


「そうか。じゃあ、お前の自我を崩壊させなきゃいけないほど切羽詰まった時には、そうさせてもらおう」


 センは、そう言ってから、パチンと指をならした。
 すると、元通り、平の右腕に装備される。




「神工インテリジェンス化だけじゃなく、基礎スペックの方も爆発的に向上させて、究極超神器の領域にまで昇華させた。アダムに勝った褒美として、こいつを、お前にくれてやる。これから、天万手は、第二宝物殿のこやしではなく、正式に、平熱マン聖剣至天帝の装備品だ」





「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く