『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

20話 神の教え。



 20話 神の教え。


 アダムの自分に対する疑念は、際限なく膨らみ続け、終わりなく自己嫌悪を爆発させる。


 ――と、そんな底の底に沈んでいた、その時、
 ……世界の空気が変わった。


「「「「っっっ!!」」」」


 アダムと三至の全身に、『鋭い緊張』が駆け巡る。
 空間の歪みが消えていく。
 次元が整地されていく。


 ――気付けば、アダムたちの目の前に、『最果ての神』が降臨していた。
 真に究極を超越した最強の神は、冷たい目で、アダムを見下ろして、一言。










「……ダセぇ女だなぁ、負けんなよ」










「しゅ、主上様……っ!」


 突如あらわれたセンを目の当たりにして、アダムは、即座に姿勢をただして、平伏する。
 その向こうでは、三至も、慌てて片膝をつき、こうべをたれていた。
 この上なき神が降臨した事により、全員の心中では、狂猛な暴風が吹き荒れていたが、それを主の御前で『表』に出すワケにはいかない。




 ――結果、静寂。




 ピリっとヒリつく空気。
 凍てつくよりも重く、魂魄が過敏になる。


 唐突に顕現した神に対して、一定量、慌てふためき終わったところで、
 アダムの脳は、『神から言われた言葉』の解析処理を始めた。


 コンマを切る速度で、脳から全身に警告が走る。


「ぶ、無様をさらしてしまい、もうしわけ――あ、いや……あの……」


 再度、あたふたするアダムに、センは、


「ゾメガと平とミシャは確かに強いが、お前よりは弱い。縛っていた状態だろうとなんだろうと、お前なら楽に勝てる相手だ」


「は、はい……」


 言い訳を許さない怒涛の追撃。
 神は続けて、


「負けて得られるものなんてない。まあ、実際のところ、なくはないが、しかし、勝って得られるものと比べれば微々たるもの。というか、負けて得られるモノなんざ、勝ってもえられるものが大半なんだ。つまり、相対的には『負けて得られるものはない』ってこと」


「……はい……」


「勝ち続けなきゃダメなんだ。敗北はマイナスでしかない。『足りない何かは、負けてこそ気付く』なんてほざくバカがたまにいるが。それは完全に間違いだ。足りない何かなんざ、本気でやっているなら、勝っても見つかる。というか、勝たなければ見つけられない『足りない何か』の方が、実際のところはずっと多くて、かつ重要な場合が多い」


「……」


「負ければ『その悔しさから、より頑張れるようになる』なんていう輩もいるが、それも完全に間違いだ。本気で勝ちを目指しているやつは、最初から限界まで頑張っている。『これ以上はありえない』ってくらい頑張っているバカども――そういう余白がない連中の中から勝者は決まる。負けを肯定する言葉は、全て、クソ以下の言い訳だ」


「……」


「そもそも負けるってのは『死ぬ』ってこと。負けイコール死ってのは、かなりの極論だが、事実でもある。『あー、負けちゃった、次、がんばろー』なんて、『本当の局面』では通用しない。勝ち続けなければ……何も守れない」


「……」


「いいか、アダム」


 そこで、主は、『吹雪』で出来た『剣の嵐』のような瞳でアダムをメッタ刺しにして、


「もう二度と、くだらない負けで、その身を穢すんじゃねぇ。常に勝ち続けろ。永遠に勝ち続けろ」


 そして、最後に、


「俺の隣に並ぶってのは、そういう事だ」


 そうつけたした。
 主の教えを受けて、
 アダムは、










「――おおせのままに」










 厳かに、まっすぐに、そう返事をした。
 それは、主の意図が、明瞭に理解できたから。
 今、自分が『主から何を言われているのか』が、キチンと理解できたから。


 偉大なる神の王は、今、アダムが真に求めているものを与えてくれたのだ。
 『この上なく尊い神』は、アダムに『センエースと同じレベル』を求めた。




 ――『俺の隣に並んで歩け』と命じてくれた。









「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く