『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

57話 融合。



 57話 融合。


(ともに切磋琢磨し、その『輝く天の向こう』を目指せば、いつか……このオレも……)


 辿りつけるかもしれない、と思った。
 ワクワクした。
 未来が、燦然と輝く。


(このガキと共に歩んだ道の果てに――『神の剣』となったオレがいる……)


 理解すると同時に、
 フッキは、『主』の慈悲に気付いた。


 主は『主自身の欲望』のため――『ゼンを磨くための一環』として『フッキを利用する』と言った。
 それは、決して嘘ではないが、しかし、『全て』ではなかった。


(主は……オレを導いてくださっている……)


 ようやく気付く。
 ゼンの件だけではない。
 最初からずっと、主は、フッキという個の道標になってくれていた。


 暗闇の中で、迷わぬように、光になってくださった。
 もったいなくも、手を差し伸べてくださった。


(ああ……主よ……この上なく尊き主よ……オレは、オレは……)


 洪水のような歓喜の中で打ち震える。
 そして、同時に想う。


(オレも、このガキも、主を飾る宝石となれる原石……そして、主は、オレとこのガキが、主を飾る日を待ち望んでくださっている)


 恩寵を受けるだけいい訳がない。
 主の望みこそが、フッキが望む全て。


(――辿り着かなければならない。主の望みを叶えなければいけない。そのために必要な事はすべて積む……足踏みは許されない……)


 自分が背負っている権利と義務と責任の重さを再認識する。
 ゼンという可能性を知った事で、限界に達していたはずの忠誠心が、さらに、爆発的に上昇した。
 フッキの中に宿った『神』が、休むことなく、等身大に近づいていく。




「ゼン」


「あん? ……なんだよ」


「宣言しろ」


「……は? なにを?」


「心を賭して、『高み』を目指し続けると……『果てなき道の向こうに至ってみせる』と、その魂魄に誓いを立てろ」


「……」


 ゼンは、フッキの想いを量り切ることができず、だから、一瞬だけ逡巡したが、


「……誓いなんか立てねぇよ。余白はもうない」


 そんなゼンの言葉に、フッキは、黙って耳を傾ける。


「俺は、『もう二度と逃げない』と決めてここにきた。目一杯の覚悟を自分につきつけて、その結果として、俺は、今、ここに立っている。これ以上はない。――これから先、俺は、永遠に『今日以上の俺』で在り続ける」


「お前の覚悟、確かに聞き届けた」


 言って、フッキは、右手の掌をゼンに向けて、


「これより、オレは、お前の剣。果てなき道を共に行く同志。お前が折れない限り、オレは、お前の『力』で在り続ける」


 宣言が終わると同時、
 フッキの体は、緑の粒子となって、ゼンの中へと溶けていった。


 ハイドラ・セイバーフッキ・ミラージュは、
 サブシステムとして、
 アスラ・エグゾギア‐システムと融合する。


 再構築されていく。




 導きの光が晴れた時、
 そこには、一人の、狂気を纏う英雄が立っていた。










000000000000000000000000000000000000000


 フッキと融合時。




 名前『アスドラ・ゼッキ・ミラージュ』




 メインクラス『殺神』
       『英雄』
       『聖龍』


 サブクラス 『闘神』
       『戦神』
       『死神』
       『羅神』
       『絶神』
       『忌龍』


 ・称号『神を殺す闇』
    『殺戮の化身』
    『神話の切札』
    『煉獄の閃光』
    『神王の龍印』


 《レベル》    【19】
 《GODレベル》 【2億7500万】




 《COST》 【35】
 《改造率》  【52%】


 [EGB]     【たくさん】
 [MP]      【たくさん】


 「攻撃力」       【3280億】
 「魔法攻撃力」     【15億】
 「防御力」       【280億】
 「魔法防御力」     【320億】
 「敏捷性」       【520億】
 「耐性値」       【72億】
 「バリア再生力」    【50億】
 「魔力回復力」     【20億】
 「反応速度」      【980億】










 ・武装
 【たくさん】


 ・AGEスキル
 【殺神遊戯モード】
 【天影太陰モード】
 【烈空閃光モード】
 【サイコジョーカー】
 【オーバードライブ・サイコジョーカー】
 【UFオーラ展開】




 1111111111111111111111111111111111111













「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く