『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

55話 高次戦闘。



 55話 高次戦闘。


 本体を含めた10人のゼンが、一斉に、
 全身を襲っている絶望的な混沌を飲み込んで、
 カッコイーポーズを決めつつ、鉄心コールを唱え出す。


 残りの10人は、その『本体+10人』を守るように、
 ガードを固めながら前へ出て、フッキを睨みつけている。


 ギンッッと擬音が聞こえるほどの、血走った激視線。


 『ゼンの全て』を目の当たりにしたフッキは、


「サイコジョーカー発動中に、さらに、精神を削るコールで積もうというのか! その思想、イカれている! ――いいだろう!!」


 叫び、天影と共に、波状攻撃をしかけた。


「コールが終わる前に潰す!!」


 おぞましい暴力の螺旋。
 狂気が散乱する戦場。


 突破しようとする天影たちと、
 壁に徹して必死に抑え込もうとしているアバターラたち。


 そんな激戦を睨みながら、
 ゼンたちは、


「「「貫くような銀河を見上げ、煌めく明日を奪い取る!」」」


 凶悪な精神圧迫の中で、コールを続けている。
 吐いた血で溺れてもおかしくない地獄の底で、
 それでも、ゼンは、迷わず混沌を積んでいく。




「こじあけろぉおお! その程度のアバターラに、止められてんじゃねぇ!」




 全力で、アバターラの壁を突破しようとしているフッキ。
 だが、ゼンのアバターラたちは、そのスペック以上に固く、


(アバターラの一体一体に、強固な意志が宿っているっ……信じられん、なんという精神力……こ、これが、主の……っ――)


 あらためて、『センエース』の恐ろしさを理解するフッキ。


 充分な時間を稼がれて、
 だから――




「「「さあ、詠おう。詠おうじゃないか!」」」
「「「「たゆたう銀河をいろどりし、オボロゲなはいを献じながら!」」」」


「「「「「「「「「「「――俺は、ゼン。黒き後光を切り裂く修羅の閃光!!!」」」」」」」」」」」










 ――// 羅刹らせつ真羅しんら輪廻一閃りんねいっせん //――










 持てるすべてを積んだ『一閃』が、
 『その歪み』で時空を裂きながら、
 情け容赦なくフッキに襲いかかる。


 フッキの天影は、アバターラで抑えつける!
 決して邪魔させない!


 剣の道を切り開き、
 本体だけに一直線。


 極限まで強化された飛翔する斬撃の渦を、フッキは、


「見事だぁ! しかし!!」


 その魂で受け止める。
 小細工はなし!
 真正面から、ド直球の対策!!




「ドリームオーラ・ミラージュ!!」




 超性能の回避バリアを展開し、受け流そうとするフッキ。
 飛び交う斬撃の渦は、フッキのバリアによって消失した。


 至極、あっさりと、あっけなく、
 シンと静かになった純度の高い無音が、両者の耳をつく。


「ゼン! これが高次戦闘だ! いくら火力を積もうと、当たらなければ、どうということはない! あえて言おう! アバターラで『積むための壁を張る』のは綺麗な定石だが、あそこまで時間をかけてしまえば、直線的な攻撃など、このように、余裕で対処されてしま――」




 まるで教えを説こうとしているかのような、
 そんなフッキの言葉を最後まで聞かず、
 ゼンは言う。




「――『UFオーラ・スターゲイザー』、解除」




 その瞬間、
 フッキの視界に突如出現した、無数の『飛び交う斬撃の渦』が、


「っっっ?!!」


 フッキの全身を襲った。
 『切り刻まれる』と認識するよりも速く、鈍い切断の音が全身を震わせた。
 対処しきれず、腕を飛ばされた――が、


「ぬぉおおおおおお!!」


 どうにか、ギリギリのところ――圧殺される前に、渦から逃げ伸びるフッキ。


 焦りから、必要以上に距離をとってしまった。
 実に無様な姿。


 逃げ伸びた先で、フッキは、


「っ……く……っ…………っっ!!」


 己の失態を恥じ、歯噛みする。
 露呈する、まだまだ不完全な精神力。


(こ、このガキ……グリムアーツに『フェイクオーラ』を積んでやがった……)







「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く