『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

52話 偉大な神が、歩んできた道。



 52話 偉大な神が、歩んできた道。




(――暴風の中にいるみたいだ――)




 直線的すぎる脅威が、空間の中で、無数かつ多角的に積み重なって、
 ゼンの感覚そのものを殺していく。


 一瞬たりとも気を抜けない苛烈な苦境。


 超えられない領域。
 高すぎる壁。


 『洗練された絶望』が、ゼンの中で容赦なく暴れている。


 ゼンの『全て』がバラバラになって飛び散っていく。
 己の中を這いまわる『ヘドロの粘度』が増していく。
 己を縛り付けている『ドス黒い重り』の質量が増す。




 『弱さの鎖』に絡め取られて、身動きが出来なくなって、


 ――そんな、『底の底の底』に堕とされたことで、
 しかし、だからこそ、










「あああああああああああああああああ!!」










 ゼンの頭は沸騰した。
 追い込まれ、心が行き場を見失って、
 前を見る事しか許されなくなって、
 絶望とお見合いした事で、




 ――グワっと全てが熱くなった――




 驚くほど速くなる、心臓の鼓動。
 このクソ以下の鬱状況に叩き落とされたことで、集中力の核が、上限を見失った、


 ――だから、という訳ではないのだけれど、
 カっとした体が、理性の制止をシカトして、
 自分で想像するよりも、かなり鋭く動いた。


 魂を担保にした底意地が、『下がる』のをムリヤリやめさせて、
 むしろ、より前へと、強く強く体躯を踏み込ませる。
 近すぎるインファイト。
 脳の中が、ビカビカっと妙な色で光って、
 数秒先までの最善手が見えた気がした。


 この瞬間だけは、ゼンの心に『弱さという贅肉』はなかった。
 全ての肉を断ちきらせて、骨だけになった極端すぎる身軽さが、フッキの核に届いた。




(――とがめる手がない)




 無様に受けた、その一撃。
 ダメージはさほどないが、心を削られた気がした。
 彼我の差を考えれば、これは、ありえない結果。


 格下からの、ぶっこみ。
 それは、愚かさの証明。


 しかし、屈辱は感じなかった。
 湧き上がったのは、純粋で無垢な驚嘆と称賛。




 瞬時に、


(わりと……『太い』じゃねぇか)


 そんな思考が頭を埋め尽くす。




 『極限まで贅肉を削った一撃』を受けた事で、
 『太さ』を感じるという、奇妙な認識パズル。




(具体的に『なにがどう』とは表現できないが、『これ』を『折る』のは大変だと、オレの全身が痛感している)


 フッキは認識を改めた。


 目の前にいるガキは、半端なノイズ。
 だが、片手で折れる細い棒ではない。




(なるほど。可能性はある。塵芥ちりあくたほどの、小さな、小さな可能性だが、このガキが、オレをひらいた『偉大なる主』になれる可能性は、確かにゼロじゃない)


 しかし、その道は無限のイバラ。


(……このガキは、決して『ズバ抜けた資質』を有する『天才』ではない。剣の腕も、さっきは『そこそこ』と評しはしたが、実際のところ、まだまだお粗末なもの)


 体の使い方もオーラのコントロールもドヘタ。
 魔法に関しては、正直、才能がないとしか思えない。
 頭の方も、決して悪くはないが、良くもない。


(総合評価は、ど真ん中の凡人。偏差値50。どこにでもいる普通のガキ)


 現時点では、チートがなければ、ただのゴミ。


(そんなゴミが、あれほどの……)


 ――そこで、フッキは、『この上なく偉大な主』の雄姿を思い出す。


 研ぎ澄まされた神。
 完全なる命の王。
 舞い散る閃光。


(これから……神になるガキ……)


 ほんのわずかに、けれど確かに、
 ゼンとセンエースが、認識の中でダブった。


 届きうるかもしれないという『プラスの疑念』が、
 だからこそ、より、強く、『究極超神センエース』という主の後光を強めた。


(……『この程度でしかないガキ』が『あれほどの神』になるまでの距離――その歩み――)


 『積み重ねたのだ』と、実感した。
 神から見せられた『軌跡』が、
 目の前にいる『ゼン』を通して、よりリアルになっていく。







「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く