『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

26話 解放

 26話 解放




 ――ゼンは、分身を盾にして、条件を満たそうとあがくが、


「その程度の分身で、この現状を打破できるとでも? 死闘をナメているのかな?」


 盾に使おうと分身を前に出すが、ゼンの分身ごときではアビスの足止めなど、一秒足りとも出来ず、あっさりとくぐり抜けられる。
 ふところにもぐりこまれ、怒涛の攻撃を受けるゼン。
 ――当然だが、アビスに呪縛など通じない。


 打つ手なしでフルボッコにされるゼンに、アビスは言う。


「君は決して弱くない! ポテンシャルも精神力も見事! だが、そんな出来の悪い『チンケなビルド』では、『本当に強い相手』には勝てない! そろそろ自覚できたかな? 今の君に出来るのは、ザコ狩りだけだということが!」




 ゼンは必死に抗った。
 それまでに磨いてきた全てを駆使して、アビスと闘った。


 しかし、相手にならなかった。
 アビスが言うとおり、今のゼンの構成では、『本物の強者』が相手だと話にならない。




「ああ……みたいだな」




 ゼンは認める。
 今の自分ではアビスには勝てない。


「だが、今の構成が最適解じゃない事くらい、お前に言われなくてもわかっているさ。今の状態は、しょせん、極限状態を乗り越えるための苦肉の策。ここを乗り越えて、ちゃんといろいろと考えて、いつか、最高のビルドを見つけてやる」


「ここを乗り越えて、いつか、ねぇ……もしかして、君は、現状が理解できていないのかな? 君の予選はまだ終わっていない。つまり、未来を語れる状況ではない。私に勝てなければ、君はここで死――」


「ここまで『頼らず』にきたんだし、どうせだから、最後まで『使わずにクリアしよう』と思ったが……どうやら、ムリみたいだな。まあ、仕方が無い。もしかしたら、お前で最後っていうのも嘘で、まだ敵が出てくるって可能性もなくはないが、ここで死んだら、それを心配する必要すらない訳だしな……」


 ゼンは、ボソボソとそう言ってから、


「見せてやるよ。俺のとっておき」


 スゥっと息を吸って、
 ついに、










「アスラ・エグゾギア‐システム起動!!」










 ここまで、命がけで温存してきた切札のエグゾギアを使おうとする、


 ――が、






 使えなかった。


「え? あれ?」


 きちんと、いつもどおりの手順で、神のシステムを起動させようとしたが、うんともすんとも言わない。


「アスラ・エグゾギア‐システム起動! 起動ぉおお! 起動だ、ってつってんだろ! おい!」


 自分自身に向けて叫ぶ。
 だが、何も起こらない。


 なぜ発動しないのかサッパリ分からずパニック状態のゼンに、
 アビスがとうとうと、


「今、機動系の魔法(エグゾギア‐システムは機動魔法の頂点)を使おうとしたな? かなりの圧を感じた。どんなものか知らんが、おそらく、今使おうとした『何か』こそが君の最大の切札なのだろう。ここまで隠し通してきた、その我慢強さと警戒心と危機管理力の高さは称賛に値するが、しかし、残念。無駄だ。制御フィールドが張られているこのフロアでは、誰も機動魔法を使う事はできない」


「……」


 絶句するゼン。
 頭の中が、一瞬、真っ白になった。
 『なぜ、そんなピンポイントな対策が施されているのか』と言う当たり前の疑問を抱く余裕すらなかった。
 深い絶望に包まれ、全身が歪んでいくような錯覚に陥る。




 正直、ここまでは、『エグゾギアがあるから』とナメていた部分があった。




 先ほどまでの、100万回の戦闘でも、その前の、99階分闘わなければいけないと聞かされた時も、その前の、シグレの呪いを聞かされた時も、いつだって、『自分にはエグゾギアがあるから』というのがあったから、絶望の底には落ちなかった。


 時間的な制約が激しいため、使い勝手は非常に悪い――が、
 『エグゾギアがある』という、その事実は、ゼンの心を常に強く支えていた。


 『依存していた』という言い方をしてもいい。







「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く