『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

25話 予選最後の闘い。



 25話 予選最後の闘い。




 鉄心コールによってバッキバキに強化されたグリムアーツの前では、ユミールなど、ちょっと大きい的でしかなかった。


 空間で跳ねる五つの斬撃が、食い散らかすように、ユミールを裂いた。


 あっけないものだった。




『言葉もない! 見事だ!』




 アビスの称賛が聞こえる。


 そこで、ゼンは、天を仰いだ。


「はぁ……」


 放心状態だった。
 精神も肉体も疲れきっている。


 だが、限界ではなかった。
 『まだ、いけた』というバッキバキに尖った感覚が支配的。
 どこかハイになっていて、感度は最良好。
 視界がかすんでいるのに、いつもより周囲の気配がよく分かるという妙な矛盾。




 そんな、異様に研ぎ澄まされた状態のゼンに、
 近づいてきたアビスは言う。


「100万匹の撃破。実にお見事! では、最後の闘いといこう」




「……は? 最後の闘い? お前、さっきの巨人が100万匹目でラストって――」


「予選を通るために、君が倒さなければいけないモンスターの数は100万匹だと言ったな? あれはウソだ」


「……」


「実際には、100万と1柱を倒して、初めて合格。さあ、それでは、本当の最後。――本番といこう」




「……は? 100万と……1柱? どういう――」


 困惑しているゼンを無視して、
 アビスは、グっと全身に力を入れ、




「――超龍化」




 ハイランクの強化技を使用した。
 嵐のような虹色――
 その輝きに包まれて、


 ついには、爆発するように、
 カッッ!
 と光った直後、




「……おのが幸運に震えたまえ。今、君は『辿り着いた神』を見ている」


 膨大なオーラに包まれたアビスが悠然とそこに立っていた。


「私はエメラルドスカイアビス・リザードマン(強)。『大神級』の領域に至った奇龍人種の最終形態。その超天才型にして超強化型」


 ビリビリと、魂が痺れる覇気。


 ゼンは、息をのむ。
 純粋な恐怖に包まれた。
 心が理解した。
 目の前にいる変な色のトカゲは、間違いなく自分よりも強い。




「ハッキリ言おう。君は、驚くほど強くなった、が――私には勝てない」




 アビスは、優雅に『強さ』をふりかざした。
 速度で圧倒し、
 腕力でねじふせる。


 ――見えないし、抗えない――


「ぐぁああ!」


「君は、決して、遅くはない! だが、私からすれば、はやくもない!」


 搦め手は一切なかった。
 ただ、純粋な『強さ』だけで、ゼンを押し切る。
 絶対的な差がある『スピード』と『パワー』の前に、
 ゼンは、己の無力を痛感する事しかできない。


「くそぉ! ――一閃っ!」


「悪くない剣技だ! しかし、見飽きたな!」


 高速で飛ぶ斬撃をあっさりと処理するアビス!
 そのままの勢いで距離をつめられる。


「ぶほぉ!」


 脳が揺れるほどの腹パンをくらったゼン!
 くの字に曲がる体。
 飛び散る吐血。


 そんなゼンに、アビスは言う。


「君の一閃など、強化していなければ、ただの『訓練が足りていないB級グリムアーツ』でしかない。そんなものは私には通じない。そして、もちろん、私は君に、一閃を強化するための時間など与えない。途中で必ず潰してやる。アリア・ギアスは、積めばいいというものではない。まっすぐのタイマンで、数秒をかけた瞑想など出来る訳がない。ポーズをとってのコールなど夢のまた夢! 十秒の休憩がある死闘などない!」


 いくつかの面倒な条件を満たさなければ、『強化版の一閃』は使えない。
 だが、その面倒な条件を満たせるほど、アビスにスキはない。


 『積み技』を使って戦闘したいのであれば、最低でも『積み技を積むための戦術』を確立しておかなければいけない。
 積むための戦術がなければ、積み技は、ただの死にスキルとなる。
 当然。
 命がけの戦闘中に優しく待ってくれる相手などいないのだから。




 『空間系のスキルによるかわし』や『耐久系のスキルによる受け』など、方法は様々だが、とにかく、積み技を積むためには、そのための『起点』が必須。
 ――ちなみに、『神の領域』になると、『積み技を通すための戦術』を『潰す』ための『対策』や、潰されないようにするための『対策の対策』や、それをくつがえすための『対策の対策の対策』などが用いられてきて、結果的にはジャンケンになる。







「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く