『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

21話 発展途上。



 21話 発展途上。




 ――20日分ほど、時間が経過した。


 グリムアーツを極めるのは、おそろしく時間がかかる。
 上達には、年単位かかるのが当たり前。


 だが、年単位必要というのは『常人』が『まとも』にやった場合の話。


 『頭おかしいヒーロー』が『極限状態』で、
 休むことなく、ただひたすらに積み重ね続けた結果、




「――波動一閃――」
「ギャァアアアッッ!!」




 ほんの20日程度の時間で、ゼンの一閃は、価値あるグリムアーツへと成長した。


 飛翔する斬撃は、モンスターを一瞬で消滅させる。
 ジオメトリから出現すると同時の即退場。




 消滅を確認することなく、ゼンは、目を閉じて、剣を鞘におさめ、


「すぅう……はぁぁ……」


 5秒間の瞑想を開始する。


 ゼンは、『一閃』に、5秒瞑想(閉眼状態かつ、生命力バリアが消失している状態)してから使用した際には、威力の高い『波動一閃』になるというアリア・ギアスをかけた。


 他にも、いくつか、自分にアリア・ギアスを積もうと試みたのだが、
 大半は、『何か』によって却下された。


 『何か』に許された『いくつかのアリア・ギアス』によって瞬間火力を上げたゼンは、
 そのケタ違いの精神力を軸に、十秒ごとに出現する敵を殺し続けた。


 『出現するモンスター』は間違いなく強くなり続けた。
 ちょっとずつ、ちょっとずつ、攻撃力も防御力も厄介さも、確実に上がっていった。


 だが、次第に、その上昇値は、ゼンの上昇値に追いつかなくなっていく。


 そして、その差は、ここから更に広がっていく。
 ゼンは、まだまだ強くなり始めたばかりだった。






00000000000000000000000000000000000000




 《レベル》     【19】
 《GODレベル》  【123352】


 [生命力バリア]  【少ない】
 [MP]      【少ない】
 [スタミナ]    【少ない】


 「攻撃力」       【39(+1550)】
 「魔法攻撃力」     【15(+500)】
 「防御力」       【29(+300)】
 「魔法防御力」     【19(+500)】
 「敏捷性」       【23(+1750)】
 「耐性値」       【33(+950)】
 「バリア再生力」    【17(+2700)】
 「魔力回復力」     【9(+2700)】
 「スタミナ回復速度」  【12(+1200)】
 「反応速度」      【26(+1250)】






11111111111111111111111111111111111111












 ★




 さらに、地獄は積み重なった。
 日数に換算すれば、50日ほど。
 それだけの時間、休むことなく闘い続けていながら、


 ゼンは、まだ折れていなかった。


 ――ゼンの姿を見て、アビスは、心底から驚愕する。


『ご、50万匹目も撃破……バカな……限界を迎えるどころか……そ、その鋭さは、増していくばかり……し、信じられない……』


 ゼンは止まらない。
 ひたすらに強くなっていく。
 その異様に、アビスは、恐怖すら覚えた。




『気力はとっくに尽きているはず……なぜ、まだ動ける……なぜ、まだあがける……』




 とまらない成長。
 ゼンは、まだまだ発展途上。
 剣一つをとっても半人前のハーフサイズ以下。


 途方もない数の一閃を振ってきたが、
 いまだ、『熟練度B(ほぼマスターしたと言ってもいい)』の壁を超えられていない。


 価値のあるグリムアーツにはなったが、まだまだ一流のグリムアーツではない。
 ゼンの一閃は、まだまだ未熟。


 しかし、そのことが、むしろ、ゼンの魂を支えていた。


(頭がおかしくなるくらい、一閃を振ってきた……だが、俺は、まだ、一閃をまるで使いこなせていない……)


 しかし、けれど、ゼンは、自分が、一閃を『どのくらい』使いこなせていないか、分かるようになっていた。
 果てなき道の、『スタート地点に立っている』と理解できるくらいは強くなれた。
 その実感、高揚感――


 ――少しだけ、解放された気がした。
 己の弱さを知ったことで、むしろ、自由になれた気がしたんだ。




(遠いな……『強さ』の果ては……辿りつける気がしない……だが、それでいい……)







「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く