『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

17話 上がり続ける難易度。



 17話 上がり続ける難易度。


 ここまでのバスターデーモンとの闘いで経験値を稼げたため、GLは上がっている――が、所詮は『存在値30~50』を数匹狩っただけなので、上昇した量は微々たるもの。




(GLの生命力バリアとセットボーナスのおかげで、そうそうは死なない……上げるなら、火力。ダメージを出すための攻撃力と、その攻撃を敵に当てるための敏捷性っっ!)




 決断すると、ゼンは、GPメニューを開き、『攻撃力上昇』と『敏捷性上昇』を選択して、ステータスをモリモリと上げていく。


 上昇させるために要求されるGPは、最初こそ『1』だったが、
 ステを上げるごとに、どんどん膨れ上がっていき、すぐに払えなくなった。


(ちっ……結局、たいして上がってねぇ……)




00000000000000000000000000000000000000




 《レベル》     【19】
 《GODレベル》  【8603】


 [生命力バリア]  【まだ少ない】
 [MP]      【まだ少ない】
 [スタミナ]    【かなり少ない】


 「攻撃力」       【39(+50)】
 「魔法攻撃力」     【15】
 「防御力」       【29】
 「魔法防御力」     【19】
 「敏捷性」       【23(+50)】
 「耐性値」       【33】
 「バリア再生力」    【17(+2000)】
 「魔力回復力」     【9(+2000)】
 「スタミナ回復速度」  【12】
 「反応速度」      【26】






11111111111111111111111111111111111111






 ちなみに、GPでのステータス上昇率は、『基礎存在値(神化やエグゾギアなどの強化技による上昇を加味しない存在値)』に比例して上がっていく。




 ステータスを確認していると、次のモンスターが出現した。
 現れたのは、バスターデーモンではなく、『鳥のようなくちばし』が特徴的な悪魔。
 種族名はサンダーガーゴイル。
 バスターデーモンより上位の悪魔種で、雷に対する耐性が高いタンクタイプ。




(か……完全に俺を殺しにかかってやがる……)




 雷術による強化すら、ほとんど無効化されたしまったゼン。


「くそがぁ、ナメんじゃねぇ! 剣気ランク1! 炎術ランク1!!」


 ゼンは、『19』までのレベルアップによって、
 『雷術』
 『治癒』
 『呪縛』
 以外にも、
 『炎術』
 『剣気』
 『分身』
 の三つの魔法を取得していた。


 すべて、まだまだ低ランクだが、どれも、ゼン的には、そこそこ使える魔法。
 ゼンのステータス的に、『炎矢』などの、『魔法攻撃力依存』の『攻撃魔法』はほぼほぼ意味がないので、『物理DPSを上げてくれる魔法ばかり』という現状は、ビルド的に無駄がなく最適化されているといえる。




「くそ、くそ、死ねよぉお!」




 剣気や炎術で火力を高め、一閃も駆使して、どうにか削ろうと必死。
 だが、防御が固いサンダーガーゴイルを削り切れず、
 結局倒せないまま十秒が経過してしまい、


「ちっ……二体同時……」


 また、サンダーガーゴイルが出現してしまう。


 しかたなく、ゼンは、


「くそっ! 分身ランク2!」


 使える魔法総動員で、二体のサンダーガーゴイルの対処にいそしむ。


「一閃!!」


 『二体目のサンダーガーゴイル』を分身で抑え、
 『一体目のサンダーガーゴイル』をどうにか殺し切り、


「「一閃!!」」


 分身と一緒に、『二体目のサンダーガーゴイル』を挟撃した。
 ちなみに、低ランクの『分身』のスペックは凄まじく低いのだが、


00000000000000000000000000000000000000




 『ゼン・分身』




 [HP]      【8200/10020】
 [MP]      【2503/3330】
 [スタミナ]    【27/39】


 「攻撃力」       【8】
 「魔法攻撃力」     【1】
 「防御力」       【1】
 「魔法防御力」     【1】
 「敏捷性」       【7】
 「耐性値」       【2】
 「バリア再生力」    【203】
 「魔力回復力」     【205】
 「スタミナ回復速度」  【1】
 「反応速度」      【2】






11111111111111111111111111111111111111




 本来、分身のHP・MPにかかる制限は、他のステータスの比ではなく、『同格相手から本気の攻撃を受けたら一撃で殺される程度』というのが普通なのだが、ゼンの場合、大本となる生命力バリアがハンパないため、強固な壁として使える(ただ、その分、使用するためのMPが膨れ上がっている)。
 ※ ちなみに、GPで上げたステータス・セットボーナスによる上昇率にも、大きな制限はかかるがゼロになる訳ではない。






「はぁ……はぁ……おい、ちょっと待ってくれよ……もう、この難易度?」






 ゼンの分身は、本体のGL解放の恩恵を受けているため、
 HPも魔力も高く、そこらの分身と比べれば非常に優秀。


 ただ、使っている間、精神的(魔力と精神力は、繋がっている部分もあるが、基本的には別)な面で非常に疲れる。


 センのHPとMPは、チートなセットボーナスのおかげで、常に、凄まじい回復量を誇り、ちょっとやそっとでは底をつきない。


 だが、精神的疲労等まで回復してくれるわけじゃない。









「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く