『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

10話 水曜日のゼン



 10話 水曜日のゼン


「……」


 ゼンは絶句した。


 ここまで、ほとんど何もしていないので、魔力も体力もほぼMAXで残っている。
 なので、『10匹、20匹くらいなら、まあ、普通に対処出来る。最悪、その数が100匹まで伸びても、まあ、なんとか……』などと甘く考えていたのだ、
 ――が、まさかの100万匹。
 そこまで数字がイカれてしまうと、残りの余裕はゼロを切る。


 衝撃の中で、しかし、冷静に、


(一撃や二撃で殺せるバスターデーモンが100万匹なら、気力しだいで、どうとでもなる。10秒ごとに一匹で100万ってことは、1000万秒。およそ100日。『睡眠不要』のスペシャルはGPで買えるから、殺せるザコしか出てこないなら、あとは、俺の精神力・根性しだい……)


 ――ザコモンスター、10秒に一匹なら永遠に殺せる説。
 ――今回の検証者は、ゼン。


 ちなみに、『睡眠不要』は『ブルーツースペシャル』なので、『1000GP』で買える。
 ブルーツースペシャルは、かなり安いが、しかし、それは初回だけで、続けて他のブルーツースペシャルを買おうとすると、次は10万GPとなり、その次は1億GP、と、どんどん増えていくため、安いからと買い占める事は出来ない。




 ちなみに、スペシャルのランクとお値段は↓の通り。


 ・レッドスペシャル     『マイナス1~』GP
 ・ブルースペシャル     『500』GP
 ・ブルーツースペシャル   『1000』GP
 ・ブルースリースペシャル  『100万』GP
 ・ゴールドスペシャル    『100億』GP
 ・プラチナスペシャル    『1兆』GP


 レッドスペシャルを獲得した場合、マイナスが引かれるので、つまりGPが増える。
 キツいレッドスペシャルをつけた場合、10万や100万がプラスされたりもする。


 ようするに、GP的アリア・ギアスである。


(……10秒以内に殺せるうちは、俺の気力しだい……だが、時間内に殺せないぐらいの強さになってきたら……)


 冷や汗が流れた。
 絶望に包まれる。
 あとは、数の暴力でボコボコにされて終了。
 当然だが、100日も持たないので、使用後に気絶してしまうエグゾギアは使えない。




「ルール説明は以上。それでは頑張ってくれ」




 そして、また、バスターデーモンが出現する。
 心なしか、先ほどよりもムキムキ度合いが増している気がする。


「くっ! 呪縛ランク2!」


 まだ、呪縛はきいてくれている。
 HPにもそこまで変動はないのか、二撃で死んだ。


(やべぇ! マジか! マジで100万匹か?! やばい、やばい、やばい!)


 10秒の休憩中、ゼンは必死に頭をまわす。
 ――どうやって、この絶望的な状況を切りぬける?










 ★


 ――そんなゼンを、どこかで見ている『神』がボソっと言う。


『まずは、一次試験。たかが100日。……ここで足切りをくらうようじゃ、俺のテストを受ける資格すらない』


 『神』は、いっさいの情け容赦なくゼンを試す。
 救いはない。
 ゼンの地獄が始まる。










 ★










(エグゾギアは使えない……くそ、まとめて出てきてくれれば、100万匹だろうと、100億匹だろうと、余裕で殺せるのに!)


 歯痒さに包まれていると、また、バスターデーモンが出現する。


「っ、呪縛ランク2!」


 まだ、動きを止める事はできる。
 だが『だんだん、利きづらくなっている』と感覚で分かる。


 『固さ』も少しずつ増しているようで、
 二撃でもオーバーキルではなくなってきた。


(おいおい……ちょっと待ってくれ……まだ十体も倒していないのに……こ、このペースで強化されたら、50匹もいかない内に、余裕で詰むぞ……)


 ゼンは少し悩んだが、


(死んだら終わりで、ボーナスもクソもない……しゃーねぇ、レベル解禁してやる)


 『GODレベルの仕様』で、レベル20より下なら、GL経験値のボーナスが膨大に入る。
 そのため、ゼンは、ここまでは、あえてレベルを上げずにきた、
 ――が、こうなってしまえば仕方がない。









「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く