『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

6話 シグレの予選。



 6話 シグレの予選。


「おお、ラッキー、ラッキー。アレやったら、余裕やな」


 スケルトンソルジャーは、剣を持ったガイコツ。
 普通に不気味であり、そこらの女子が遭遇したら、悲鳴をあげて逃げ出すしかないモンスター。


 しかし、シグレは、ここに至るまでの間に、散々、むちゃくちゃな化け物を見てきた。


 そのため、いまさらスケルトンソルジャーていどにビビる事などなかった。
 『武器をもって動いているだけのガイコツ』など、『庭先をウロチョロしているアリ』とさほど変わらない。


「存在値10台とか、もはや、カワイイわぁ。ザコすぎてわろてまうレベル。これ、チート(ゼロ&カース)なしで、あたし自身が闘ってもいけるんとちゃう?」


 と、調子に乗った発言をしている背中に、ニーが、少し慌てて、


「絶対に勝てないから! ちゃんとチートを使いなさい!」


「……めっちゃ怒られた。……使役しとるスライムから正式に叱られた」


 ショボンとしつつ、


「まあ、実際、素のあたしでは勝てんやろうなぁ……いまだ、存在値10をこえてへんし。てか、ほんま、あたし、ひどいな。『しょうもないザコ』が相手でも絶対に勝てん『ザコをこえたザコ』……ヘコむなぁ……」


 言いながら、シグレは、カースソルジャー1号を召喚し、


「というわけで……ほな、あと、よろしく」


 命じられた直後、
 カースソルジャー1号は、蚊でもはたくような勢いで、ササっとスケルトンソルジャーを叩き潰す。


 一瞬の出来事だった。
 なんの面白みも山場もない、ただの作業。


 そんなアクビが出る作業工程をチェックしたアビスは、ほぼほぼ無表情で、


「はい。合格」


 事務的にそう言うだけでサっと流した。


「さて、次は君だ」


 流れるように次の試験へ。


 ――指名されたセイラ(ニー)の前に現れる筒。


 ニーを纏っている安心感からか、
 セイラは、特に迷いも躊躇もせずに、サクっとクジをひく。




 ※ ちなみに、ニーが、神の力を使うためには、センの協力が不可欠です。
   そのため、この場でのニーは、いつものニーです。




「おっとっと……これは、酷い。99番だ。限りなく最悪に近い大凶」


 アビスの言葉を聞いて、セイラは流石に顔を曇らせ、


「……ぇ……ぇえ……」


 別にセイラは、頭カラッポのアホじゃないし、今まで寝ていた訳でもないので、
 『99番』を引いたという事の意味はすぐに理解した。


 ゆえにキョドる。
 ニーに対する信頼感は大きいが、ニーが無敵では無い事も理解できているから。


 ――そんな、絶賛困惑中のセイラをムシして、
 アビスは、棒をへし折った。


 すると、フロアがグワァっと広がってゆき、
 その広がったフロアの中心に、巨大なジオメトリが出現した。


 そして、そのジオメオリから、ハンパないボリュームの怪鳥が出現した。




「エンシェント・ジズ。存在値は86。フーマーの領海を守護している『エンシェント・リヴァイアサン』と並ぶ伝説の怪物」




「ぁ……ぁ……ぁあ……」




 全長10メートル強という巨大な鳥のバケモノを目の当たりにして、
 セイラは、ブルブルと怯えて震えだす。


 ぶっちゃけ、ジズよりも『この階までに倒してきたモンスター』の方が遥かに強いのだが、『ジズの規格外のサイズ』と『ハルスやシグレの援護なし』という状況が、セイラを震え上がらせた。




 この状況を前に、セイラと命が繋がっているハルスが、


「おぉい! ふざけんな、マジか!」


 それまでの優雅さ・余裕っぷりが消えて、冷や汗を流しながら、焦った顔で、


「まて、待て! タイムだ! チェンジ! 俺がやる!」


「――もちろん、出来ない」


 対照的な冷静極まりない態度で首をふるアビスに、ハルスは、


「ただでとは言わない! プラスで、クジをひいてやる! なんなら、さっきの大凶二匹をそのまま使っても構わない! だから――」


「もう二度と言わない。これが最後だ。……出・来・な・い」







「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く