『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

3話 予選の最終ステージ。



 3話 予選の最終ステージ。


 ゼンが、


(気絶したあとは、いつもどおり、ニーに運んでもらうとして……あとは、この黒トカゲの倒し方。いや、こいつ一匹だけなら、別に俺が出なくてもいいかな。ハルス相手にいまさら隠さなくてもいいかもしれないが、あえて見せつける必要もないし……)




 などと、考えていると、




「最終ステージは、ここまでとはガラっと趣を変えて、個々の実力を試させてもらう」




 その発言を聞いて、ゼンチームのメンバー全員の耳がピクっと動く。


「一人一人に試練を受けてもらい、クリアできた者だけが外に出られるというシステム。ちなみに、それぞれが、どの試練を受けるかも、クジで決めようと思っている。異論・反論は受け付けない。ここでは私がルールだ」


 その発言を受けて、ハルスが、


(別におかしな話じゃねぇ……『99階だと嘘をついて精神を削ってきた』のも、『最終的には個々の実力を試す』というのも、『冒険者試験らしい』っちゃらしい……となると、やはり、俺が見落としただけで、何かしら、ここまで辿り着く方法があったんじゃ――)


 と、考えていると、


「ちなみに言っておこうか。正直、驚かされている。君たちは、ここまで自力でボスを倒してきたわけだが……まさか、そんな事が出来る者がいるとは思わなかった」


 その発言を受けて、ハルスがグっと眉間にしわを寄せた。
 と同時に、ゼンが、


「はぁ? ってことは、もしかして、『別に、あいつらを倒さなくとも、ここまで辿り着く方法はあった』ってこと?」


「逆に、なぜ『ない』と思えたのか不思議なのだが?」


 イラっとした顔をしているゼンの横で、
 ハルスが、心の中で、


(やはり、か。しかし、どんな方法が――)


「ちなみに、種明かしをする気はない。無意味だからな」


 というか、そんなものはないから。
 『こじつけの説明』をしようかと、『セン』は悩んだが、
 『別に、そこでリアリティを出す必要性はない』と判断したため、削られたのだった。


「さて、それではそろそろはじめよう。最初の挑戦者は君だ。クジをひきたまえ」


 指を指されたハルスの目の前に、例の『神社でよく見るタイプの筒』が出現した。


 ハルスは、


(確かに、どんな種があったのか、いまさら説明されても意味はないな)


 心の中でそうつぶやいてからサクっとクジをひく。


 ハルスが引いた『棒みたいなモノ』の先には、象形文字のよう何かが書かれているが、この世界で使われている言葉ではないので、ハルスたちでは読みとることができない。


 ハルスが、


「おい、これは何――」


 と、アビスに尋ねようとしたところで、
 ハルスの手の中から、筒と棒が消えて、


 気付いた時には、
 どちらもアビスの手の中にあった。


 アビスは、『ハルスが引いた棒の先に書かれている象形文字』をサクっと確認してから、


「89番か。おやおや、これは大変だな。大凶だ」


 言いながら、その棒を片手で、パキっとへし折った。


 すると、ハルスの前に、ジオメトリが出現し、
 そこから、二体のモンスターが出現する。




「ワンダーナイト(強)と悟鬼(強)の二体を同時に倒せ。それが君に課せられた、予選のラストミッションだ。ちなみに言っておくが、この闘いでは、これまでのような『抜け道』は存在しない。勝てなければ死ぬしかない。存在しない『他の方法』など探さず、目の前の敵にだけ集中して闘う事を強くお勧めする」




(……それもウソである可能性はゼロじゃないが……もし、本当に俺が大凶を引いたのであれば、この状況は、ありえないってほどじゃない。そもそもパラソルモン攻略という大凶を引いておいて、またさらに、ここでも大凶を引いている訳だからな……)


 大凶に大凶を重ねた結果だというのなら、
 この二体は、『妥当』――とは言えないものの、
 『不条理が過ぎる』と叫び嘆くほどの相手ではない。









「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く