『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

55話 予選があまりにもタルいんで、試験官ごっこを開始するセン。



 55話 予選があまりにもタルいんで、試験官ごっこを開始するセン。


「さて、それじゃあ、そろそろ出口を探すとするかね。ちょっと忘れかけていたが、今は冒険者試験の真っ最中。ここから先、思いのほか脱出に手間取って、時間切れで失格なんて、笑えねぇ」


 と、そこで、それまで黙っていたフッキが、


「我が主よ。わたくしをねじ伏せたあなた様は、ここ『パラソルモンの地下迷宮』の支配権を得ております。出入りはもちろん、各フロアの監視も改造も自由自在でございます」


 恭しい態度でそう言った。


「ん? そうなの? へぇ……」


 言いながら、センは、フッキの頭部に手をあてて、


「ちょっと、お前の全部を見せてもらうぞ」


「すべて、主が望むままに」


 センは、フッキのメモリをくまなく探った――が、


(俺がここにくる前のデータが破損している……修復は……ああ、こりゃ無理だな。残滓すら掴ませねぇ、ハンパなく徹底した『処理』が施されていやがる。えげつねぇ執念……まるで、『禁域の無人都市』なみのイカれた情報排除ぶり……かぶるねぇ、もろもろが……)


 色々と思案してみたものの、今の状況では答えを導き出すことは不可能そうなので、


(まあいい、なら――)


 直後、センは、いくつかの情報収集スキルを使いつつ、


「なるほど……確かに、これなら、いつでも外に出られそうだ。マルチモニターで各フロアの監視も容易……おっ」


 確認を取る途中で、


「ゼンチーム発見……ん、こいつら、なんか、妙なコトやらされてんな。99階から出口まで、一匹ずつボスを倒しながら駆けあがっていくゲーム。また、ずいぶんとタルいことやってんな。そんなヌルい試験じゃあ、ゼンの成長の妨げになるだけだぜ」




 言いながら、センは、目の前にエアウィンドウを表示させ、




「クソゲーは消毒だ。ゼン、覚悟しろ。いい機会だし、ここからは、俺がお前の試験官をやってやる。はたして、お前は俺と合体するに値する器かな?」




 サササっとコードを書き換えると、
 センは、
 フッキに視線を向けて、


「ちょうどいいから、予選のラスボス役は、お前にやらせよう。失敗したらデリートだ。死ぬ気で挑め」


「御命令、承りました。死力を尽くすと御誓いします」


 そこで、シューリが、


「今のゼンに、そこのガラクタをぶつけたりなんかしたら、ゼンが死ぬだけだと思いまちゅけど、いいんでちゅか?」


「もちろん、制限は加えるさ。フッキの性能を、今のゼンでは『どう頑張っても勝てない』くらいにまで調整する」


「どう頑張っても勝てないんじゃあ、結局、死ぬんじゃないでちゅか?」


「はっ、『どう頑張っても勝てない程度』の『ザコ』に負けるようなゴミは俺じゃない。フッキのテストを経たことで、あらためてよく分かった。俺のビルドにハンパなノイズはいらない。『調整されたフッキ(テスト用の絶望)』にも勝てないようなカスは、ここで死んでもらう」


「他者には甘々なのに、自分に対してはとことん厳しいでちゅねぇ」


「俺が他者に甘い? ちょっと何言っているか分からないな。相変わらず、お前は言論がトリックスターすぎて挨拶に困る。そういう、『幻覚が見えているとしか思えない奇抜な発言』は控えた方がいいぞ。これはセンさんからのガチアドバイスだ」


 などと、シューリに負けず劣らない面倒臭さを発揮してから、


「ただ、『俺が自分に対して厳しい』って点だけは、的確に事実が捉えられて、大変よろしい。まったくもって、その通り。俺は、俺に対して、甘えを一切ゆるさない」


 言いながら、モニターでゼンを確認しつつ、


「地獄を見せてやる。超えてみろ、ゼン。もし、クリアできたら、『あるいは将来的に使い物になるかもしれないサブシステム』をプレゼントしてやる」









「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く