『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

52話 神の要求



 52話 神の要求




「お前が、この先、『ガラクタ以外の何かになれるかどうか』はしらん。だが、今ここで諦めれば、お前は間違いなくガラクタで終わる。それだけは断言できる」


 神に、ガラクタと認識されたままデリートされる。
 つまり、永遠のガラクタとなる。


「だが、高みを目指すというのなら、お前という、今は『しょうもないだけのガラクタ』が、いつか、『それ以外のナニモノか』に変われる可能性はゼロじゃなくなる。それも事実だ」


 これは『本気』のメッセージ。
 だから、一つ一つの言の葉が、
 『フッキの心』の奥へと届く。






 ――そこで、センは、


「とはいえ、あくまでもゼロじゃないだけで、限りなくゼロだとは思うが。……なぜ、そう思うか、その根拠も欲しいだろうから、特別に、少しだけ」


 フッキの頭部に手をあてて、


「俺が辿ってきた道を見せよう」


 言いながら、目を閉じた。
 そして、フッキの脳内に、センの記憶を流していく。


 積み重ねてきた道。
 一歩ずつ、一歩ずつ、
 気が遠くなるほどに積んできた研鑽の嵐。


「ぁ……ぁ……」


 『地獄』なんて評価は生ぬるい。
 どんな品詞でも装飾しきれない、
 『膨大な基礎』の上に築かれた、
 天高くそびえ立つ巨大な神の城。


 センの軌跡、『その一部』を目の当たりにして、
 フッキは、


「あぁ……ぁあ……」


 身を震わした。
 涙を流すことができたならば、きっと、人目もはばからずに泣いていただろう。


 神は、想像を絶する絶望を超えて、
 今、ここに立っていた。


「どうだ? イヤになるだろ? カラッポが高みに至るためには、最低でも、それぐらいはしんどい想いをする必要がある。それだけの道程を経て、いまだ俺はナニモノでもない。真理はカケラも掴めちゃいない。最強を目指すってのは、そういう事だ」




 ――神の言葉に包まれて、ついに、フッキは泣いた。
 構造上、涙は出ないが、確かに泣いた。


 衝動に揺さぶられて、言葉が出てこなかった。
 湧き上がってくる『何か』を抱えるだけで精いっぱい。




 ――そんなフッキに、センは続けて言う。


「くだらねぇ。しょうもねぇ。無意味で無価値で、ただ虚しい。最強ってのは、そういうカラッポの延長でしかない。それを理解した上で……もし、まだ、『自分は最強だ』と『無謀なバカ』を叫び続ける気概が残っているのなら、お前に可能性をくれてやる」


「かのうせい……ま、まさか……」


 センの発言を受けて、フッキの脳裏に、都合のいい未来が浮かんだ。
 あまりにも虫のいい夢。


 そんな訳がないとは想いつつも、口に出して確認せずにはいられない。


「まさか……俺なんか、を……あなたの……剣に……していただけると……?」


「この先、俺が望む領域まで、もし辿りつけたなら……考えてやらないでもない」


「っっ!」


 ぶっこわれそうなほどの衝動が走った。
 曇天が晴れていく。
 心の形が分かった気がした。


「もちろん、俺が望む世界まで辿りつけなければ、迷わずスクラップにする。ちなみに言っておくが、俺は妥協を許さない」


 神の発言を、決して聞き逃すまいと、フッキは意識を集中させる。


「俺の要求水準は狂っている。正直、お前が辿りつけるとは思っていない。お前は、ほぼ確実に廃棄されるだろう」




 神の発言に嘘などあろうはずもなく。
 ゆえに、フッキは、素直に、自分の置かれた状況が『厳しいものである』と思った。


 目の前の神が積み重ねてきた地獄に妥協はなかった。
 センエースという神は、終わりない絶望を乗り越えて、今、ここに立っている。


 その『圧倒的な強さ』には、想像を絶する裏打ちがあった。
 わずかな弱さも許さない、飛びぬけて狂った精神力。
 磨きあげてきた努力の結晶。
 その果てなき鍛錬は、もはや狂気の沙汰。


 最果てに辿り着いた神。
 理想を体現する究極の英雄。


 フッキは思う。
 自分ごときが、これほどの神の剣になれるとは思えない。


 神が言うように、自分は、いずれ、ただ廃棄され――


「……だが、もし、」


 そこで、神はフッキの目をまっすぐに見据え、


「お前が、この先、果てなく努力を重ね、血反吐にまみれながら研鑽を積み、いつか、俺が満足する領域まで辿りつけたその時は――」




 歪みも濁りもない、全てを射抜くような、強い視線で、神は言う。




「お前の全てを愛すと誓おう」




「……っっ」





「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く