『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

50話 終わらない敗北。



 50話 終わらない敗北。




 シューリは、続けて、言い切る。


「けれど、どうでもいい」


 悩んだ時期もあった。
 結局、自分は無価値なのか?


 自問自答を繰り返した時期もなくはなかった。
 が、そんな疑問すら、




『なんでそこまでするか? 難しい質問だな。なぜなら、理由がないからな』
『お前に憧れた。だから、俺はここまでこられた。あえてこじつけるなら、それが理由かな。こじつけたっつっても、別に嘘じゃねぇが』
『お前とソンキーには、永遠に、俺の目標であってもらいたいんだよ。そんだけ』
『心配すんなよ、シューリ。必ず見せてやるから。本物のハッピーエンドをプレゼントしてやる』
『シューリ。今日だけは……お前だけのヒーローをやってやる』




『ソウルゲートに利用時間を問われたあの時、お前の顔が浮かばなければ、200億年なんてアホな数字を選ぶことはなかった。つまり、俺があれだけ苦しんだ原因は、すべて、お前にあると言わざるをえない! よくも俺に地獄を見せやがったな、法廷で会おう!』






 ――あの男は、ふっ飛ばしてくれた。






 センエースは、シューリ・スピリット・アースが長年抱いていた『ちっぽけな悩み』を消し飛ばしてくれた。


 シューリは想う。
 センは、自分に、『なによりも大事なモノ』をくれた。


 それは、キラキラしていて、あたたかくて、絶対に守りたいと思える大切な居場所。


「誰がなんといおうと、『センエース』は、シューリ・スピリット・アースが心血を注いで磨いた結晶。何も持たないカラッポの女神が誇る唯一の宝物。あの子だけが、あたしの全て」


「……」


 気圧されて黙るアダム。
 覚悟の圧にねじふせられる。


 『想いの量』で負けているとは思わない。
 だが、『歴史』という数的暴力の前では怯まざるをえない。




 そこで、シューリは目を開けて、いつものニタニタ顔に戻り、










「だから『捨てまちぇん』よ。絶対に」










 歪んだプライドの奥に在る、本物の誇り。


 けっして手放さないと決めた誓い。
 絶対に砕けないと痛感する底意地。
 歪んだ女神が抱く、まっすぐな愛。






 アダムは、ついに気付く。
 この女神と男を競う無謀。


 だが、同時に、


(知るほどに、遠く、大きくなっていく……主上様……私は、あなた様の果てしない美しさに見合う耀きを有しておりません。けれど、諦めようなんてサラサラ思いません。これほどの覚悟を決めた女に想われているあなた様を、これほどの女を想っているあなた様を、けれど、失いたくないという想いばかりが強くなっていく)


 釣り合っていないとか、
 不相応だとか、
 無謀だとか、
 相応しい相手は既にいるとか、
 事実としてこの女には勝てないだとか、


 そういう、どうでもいい言い訳が、むしろ、ドンドン消えていく。


 歴史では勝てない。
 それは事実。
 だが、なればこそ、これから、深く、密に、積み重ねていこうと強く想えるのだ。










 ★








 センの拳は、フッキの全てを破壊した。
 次元を掌握し、空間をねじ伏せるセン。
 その威容は、まさしく、舞い散る閃光。


 ――ボコボコに、
 ただボッコボコにされるフッキ。


 無抵抗だった訳ではない。
 フッキは必死に闘った。


 殴り合いしか出来ない、この限定空間で、
 センを倒す道を、必死になって模索した。


 フッキの存在値だって、数十兆。
 つまり、その拳は次元を裂く嵐。


 フッキの拳だって、当たり前のように、強大で、膨大で、壮大で――




「……や……」




 ――信じられない速度の剛拳が飛び交う激嵐の中で、




「やめ……ろ」


 フッキは、


「やめてくれ」


 いまも抗い続けながら、しかし、




「それ以上……俺に勝たないで……」




 泣き虫の声で、脆い弱音をこぼした。


 負け続けるまでもなく、
 もう、とっくの昔に折れていた。


「俺が……俺でなくなっていく……」


 センとの濃密な闘いで、
 フッキは、強くなった。


 ほんの数分の戦闘。
 だけれど、驚くほど濃厚な時間。


 センの一手一手が、フッキの一つ一つを解放していく。







「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く