『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

37話 『神の王』がいる場所。



 37話 『神の王』がいる場所。


 センは、毘沙門天の剣翼を消し去り、
 右足で地面をトトンッと二度踏んだ。


 すると、この空間が、真っ白で何もない世界に包みこまれる。










「ここは、殴り合いしか出来ない空間……小細工が使えない、退屈な世界」










 ――つまり、『はかる』にはうってつけの静かな領域――




 と、言葉をつけたしてから、
 センは、両の拳を握りしめ、優雅に構えつつ、




「俺に触れてみろ、ガラクタ」




 それは、スキのない、自然体の構えだった。
 軸がわずかもズレない静かな構え。


 純粋理性の終着点に至ったフッキは、
 だから、センの最終試験を前にして、真摯に、


「究極超神センエース。お前を殺せば俺は俺になる。……俺が俺であり続けるために……俺は必ず、お前を……『最強の神』を殺す!」


 飛び出す。
 五里霧中からの脳死突進。


 振り回す拳の風圧が空間を刻む。
 けれど、センには届かない。
 フッキにとってのセンは、まるでかすみみたいで、触れる事もできない。




 それでも、フッキは、あらがい続ける。


 いまだ、フッキの頭の中はグチャグチャで、
 『今の状態』は、『万全な状態』と比べれば、
 まあ、それはもう酷いモノだった。


 ――なのに、


(……俺の中で、鋭さに色がついていく……)


 研ぎ澄まされていく。


 飛び交う拳だけが全ての地味で退屈な世界。
 『鮮やかで綺麗な残像』なんて存在しない。
 泥臭い残滓だけが世界を埋め尽くしていく。


 このモノクロな世界で、
 フッキは磨かれていく。


(……『俺』が更新されていく。『俺を置き去りにした俺』だけが、『今の俺』になっていく……)


 平衡を壊し続ける闘い。
 舞い散る閃光は、常にフッキの半歩先にいる。


 これまで通り、常に、常に、半歩先。


 『神の王』が美しく舞うと、フッキの視界が広がっていく。
 すべてが、再構築されていく。
 偉大なる神の煌めきは、1秒を飲み込んで、加速していく。


 フッキは、神についていく。
 必死になって、くらいつく。




 ――センエースとの闘いの中で、フッキは、


(壊れて……再生していく……)


 何が?
 それには答えられない。


 まだ、その答えには届いていない。
 いまだ、フッキは、最後のピースを得ていない。
 しかし、確実に近づいている。




 毘沙門天の剣翼は消えている。
 つまり、今、センエースの背中に『目に見える後光』はないはず。
 なのに、どうして、センエースの耀きは、果てなく増していくのだろう。


 かの神を照らす光は、むしろ、今の方が、より強く大きくなっている。










 ★




 ――そんな、『果てなき耀き』を放つ『愛しき主』を、
 少し離れた場所で、
 一秒たりとも逃すまいと、食い入るように見つめている狂信者が一人。


 アダムは、


「……美しい……」


 装飾なき賛美を口にする。


 涙と想いが溢れ、言葉がこぼれた。
 曇りを失った瞳が、釘づけになる。


「ぁあ……尊い……」


 恍惚に包まれる。
 遥か高次の祝福。


 この時、アダムは、
 『センエースの美しさが理解できる自分』を誇らしく思った。


 そこらのカスでは、『この上なく尊い主の一手』を追う事すら出来ない。
 だが、自分の目は、主を追う事ができる。
 全てを完全にとらえる事は出来ないが、
 『主がどれほど美しいか』を理解するだけの能力は有している。


 それもまた、主のおかげであるという事実に胸が熱くなる。


 自分は、この御方に選ばれた。
 自分は、この御方の従者なのだ。


 分不相応である。
 そんな事は知っている。
 自覚はしている。
 『アダム』という矮小な個は、『無上なる主』の従者として、あまりにも不適格。
 センエースほどの神に仕えられる力など有してはいない。


 だが、辞退する気はない。


「……主上様……知るほどに遠くなる神の神……あなた様が、どこにおられるのか、愚かな私はいまだ、理解できぬままで――」


「え、お兄なら、あそこにいまちゅよ。ほらほら、手を振ったら、振り返してくれまちゅよ」


「……」





「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く