『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

30話 自重はやめた。



 30話 自重はやめた。


 フッキの攻撃は届いている。
 間違いなく、センにダメージは入っている。
 ちゃんと、目を凝らせば、センの動きも、見えなくはない。


 対応はできている。
 反撃は受けているが、高い精度で全方位に気を配ってさえいれば、致命傷は避けられる。


(いまのところ、受けているダメージは、俺の方がわずかに多い……だが、これは、逆転できる差……俺はこいつに勝ち切れる!!)


 ――そんな風に思っていた。
 最初の頃は――といっても、二分ほどだが、
 フッキは、最初の頃、そんな事を思っていた。


 勝ち切れるはず。
 自分の方が強い。


 強がりではなく、本当に、そう思える部分もあった。


 だが、時間を重ねるにつれて、


(つかみどころが……ない)


 そんな風に思うようになった。
 まるでマラソンでもしているような気分。


 ※ 経験はないが、セイバーリッチの知識にはある。


 前を走っている者の背中に、ようやく追いついて、『さあ追い抜こう』と思ったら、ちょっと加速されて、少し離される。
 それにも、どうにか追いついた、と思ったものの、また――


 ここ数分、そんな事を繰り返している。




(どういうわけか分からないが……一向に、こいつのスタイルが見えてこない)




 踏み込みに合わせられる。
 少しでも気を抜けばバランスを崩される。
 気付いた時には軸がズラされていて、有利が取られている。


 呼吸が掴めない。
 常に、どこかがズレている。


 センのガードに堅牢さはない。
 いつも、グニャグニャと柔軟。


 届く直前で、ヒラリと受け流される。


 まったく派手さのない、地味な削り合いが続いた。
 まるで、心を一枚ずつ削いでいくような闘い。






「あああ、イライラする闘いだ! くだらない!!」






 ある時、ついに、この息苦しい状況に耐えきれなくなって、フッキは叫ぶ。




「こんな、チマチマチマチマ、やっていられるか! 一気にカタをつけてやる!」


 そこで、フッキは、バンっと、合掌すると、


「ここまででも『随分とやり過ぎた』と自覚している。次元違いに最強の俺が、大人気なく本気を出して、みっともない……この上、ほとんど反則でしかない『アレ』を使うのは流石に如何なモノか、と自重していた――が、もういい! 俺の全力に圧殺されやがれ!」


 フッキの発言を聞きながら、センは、


(六分三十二秒で爆発……堪え性はなし。『脆い』と断定できるほどじゃないが、決して強いとはいえない精神力。ここまでの評価だと、デリート確定な訳だが……さぁてさて)




「瞠目しろ! 魂魄に刻め! そして、血を冷たくするがいい! これが、真なる神の王の全力だ!」


 フッキの言葉を聞きながら、センは、




(エグゾギアの強化モードを使うんだろ? わかってるから、はやくしろよ)




 メンドくさそうにアクビをしながら、心の中でそうつぶやいた。




 センのアクビが視界に入っていないフッキは、意気揚々と、










「開け、天影太陰てんえいたいいんモード!!」










 宣言の直後、ハイドラ・エグゾギアが翡翠の粒子に包まれる。
 そして、
 同時に出現した複数のジオメトリから、『緑のオーラを放つフッキの影』が出現した。


 本体と同等の禍々しいオーラを放っている暴力的な影。
 その数8体。
 本体と合わせると、『セイバーリッチ・フッキ(ハイドラ・エグゾギア)』は、全部で九体におよぶ。


「どうだ! 俺一人でも大変だったというのに、ここからは俺を九体相手にしないといけない! 言っておくが、天影は、オーラドールとはワケが違うぞ! こいつらは、ある意味で、俺よりも強い影! 無尽蔵のオーラと魔力を有し、かつ不死身! 俺が死ぬまで、こいつらはお前を殺し続ける!」


 うれしそうに、


「ははは! 過酷な事実が、無慈悲な現実が、お前の全てを覆い隠す! お前の恐れが伝わってくるぞ! そうだ! それでいい! それこそが聖なる絶望!」





「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く