『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

29話 最強の定義



 29話 最強の定義




「それとも何か? 俺が手取り足とり教えてやらねぇと何も分からないのか? そんなヤツの、どこが最強だ」


 センは、さほど感情の入っていない淡々とした口調で、


「どうやら、勘違いしているようだから言っておくが、闘いってのは、手持ちの駒の数を競いあう足し算ゲーじゃねぇんだよ。現状のお前は、俺に対して、『お前は飛車も角もないから、俺より弱いー』って言っているみたいなもの。――ははっ。いやいや、落として闘ってやってんだよ」


 二枚落ちどころか、現状は、ほとんど十枚落ちみたいなもの。
 それでも、余裕で勝てる。
 それだけの明確な差がある。


「どんな状況であろうと、お前と互先なんかできるか。俺にもプライドはあるんだよ」


 というか、センはプライドの塊みたいなもの。
 ちなみに、それは、別に力を持ったから育まれたというものではない。


 センは、何の力も持たないクソガキのころから、プライドだけは一丁前だった。


「さて、そろそろ、心に迷いが生じてきて、なかなか『次の一歩』が踏み出せなくなる頃かな?」


 センの言葉に、フッキは反論できなかった。
 事実、意識を取り戻してから、『次の一歩』を踏み出せていない。


 センの不気味な威圧感が、フッキの『心』を重くする。
 回路の一部一部にイビツな負荷がかかる。


 そんなフッキに、センは、続けて、ニッコリと、いい笑顔で、


「迷うな、ガラクタ。心配無用。何をしたって、お前じゃあ俺には勝てない。――だから、」


 ハッキリと言い切る。










「安心して、俺に負けるがいい」










「っ、ふ……ふざっ……けるなぁ!」




 叫び、フッキは、爆発的にオーラを増幅させる。




「詐欺師がぁ! 口先だけは確かに俺より遥かに上だな!」


「そうか? 『口先だけ』の精度で言えば、お前の方が上じゃないか?」


 言いながら、センは、のんびりとした歩調でフッキとの距離をつめながら、


「もし、本当に、俺が口先だけの無能で、お前が真理を体現する最強なら、この状況はおかしくないか? なぜ、最強のお前が、無能な俺から距離をとっている?」


 言われてフッキはハっとする。
 センが近づくたびに、フッキは、後退りをしていた。


 言われるまで気付いていなかった。
 無意識のうちに、恐怖がフッキを下がらせていた。




「恐怖があるのは結構だ。そいつが命を輝かせることもある。だが、同時に、そいつは命を曇らせることもある厄介な代物。飲み込まれるか、それとも、乗り越えるか。処理の仕方で結果が変わる分水嶺。運命の岐路ってヤツだ。今のお前は、そこに立っている。さて、お前はどっちに進む?」


「ごっ、ゴチャゴチャとうるせぇ!! お前の御託は、もうたくさんだ!」


 飛び出すフッキ。


 回路に生じた歪みを振り払って、体躯に純粋なエネルギーを送り込む。
 ギュインと、密度の高い駆動音が世界にこだまする。


 音は反響を経て共鳴し、
 ラグのない瞬間移動が、綺麗な残像を空間にえがく。


 全ての一手が、俊敏だった。
 無策だった『これまで』とは違い、
 今のフッキは、どこまでも徹底して慎重。


 距離の削り合いの中で、フッキは思う。


(こいつは強い。認めよう……だが、スキはある)


 熱く、しかし冷静になっていた。


 冷たく、注意深く、『一手の重み』をかみしめながら、
 『どうにかしてセンを削ろう』と頭をフル回転させている。




(ああ、強い! 間違いなく! だが、決して勝てない相手ではない! 事実、俺のオーラは、こいつよりも大きくて深い! 俺は、こいつよりも遠い場所に立っている!)




 死神の剣翼は、センの剣翼の対応にまわし、デスサイズと聖剣で削りを入れていく。


 ヒラリ、ユラリと舞いながら、空間を制圧する。
 時空を支配下において踊る。


 もう、大技は狙わない。
 スキの少ない小技でコツコツと、ダメージを蓄積させていく。


 どちらが『強い』のか、明確にさせようともがく。
 その『あがき』の果てに、


「ははぁ! 見えてきたぞっ!」


 フッキはたどりつく。


「センエース! お前は、驚くほど正確で、速く、鋭い……が、殺し切れる! ギリギリの勝負になるが、このままいけば、俺が勝つ! やはり俺が最強だ!」









「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く